八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」

住所:〒018-5200
   秋田県鹿角市小坂町小坂
TEL:
入浴料:
営業時間:24時間
定休日:無休
駐車場:スペースあり

野天湯

スポンサーリンク


八九郎温泉と奥奥八九郎温泉について

銀山・銅山として天然地下資源が豊富だった秋田県北部の八九郎温泉には0-t”>共同浴場の「八九郎温泉」と、野天湯の「奥八九郎温泉」、「奥奥八九郎温泉」というかなりややこしい名前のお風呂が3か所あります。

八九郎温泉という名前は「八九郎さん」というかたが名づけた温泉だから。

八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」の体験記

奥奥八九郎温泉へのアクセス

奥八九郎温泉へのアクセスは東北自動車道「小阪IC」から国道282号線の濁川地区にある「あすなろ荘」を右折して集落を過ぎます。

青森 八九郎温泉「奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

国道沿いにある看板。

こちらを右折します。

青森 八九郎温泉「奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

道なりに進んであすなろ荘を過ぎて林道に入り、「奥八九郎温泉」の看板に従ってこちらを左方向に曲がります。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

細い林道を進むと急に広場のような拓けた場所に出ます。

エネルギーに溢れた奥奥八九郎温泉

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

【奥奥八九郎温泉】

析出物台地に自然と湧く源泉があります。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

人が入れるくらいお湯が溜まっている穴は5か所ありました(今は全ての穴に人が浸かっています)。

そのうち3か所は簡易的なもので浅くてぬるかったです。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

1人用サイズの穴は体育座りするとかなりお湯に浸かれます。ただ、底の土がお湯と混ざって『土湯』になります。

そして当然バスタオルのお尻の部分も茶色に…

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

いちばんのおススメは源泉がブクブク湧き出しているいちばん大きくて広い穴。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

ここがメインの穴で浴槽といっていいほどしっかりと硬い湯船です。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

他の穴のお湯はこの源泉が流れ出ているのでお湯自体も茶色い土湯ですが、コチラの穴のお湯は新鮮です。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

豪快に湧き出る源泉は無色透明鉄のにおいがします!!

湯温はかなり熱めで44℃はありました。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

そして2番目にオススメな湯船は源泉が湧いているすぐお隣の穴。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

源泉の穴よりはお湯の鮮度は落ちますが、お湯の温度は適温よりちょっと熱めなので、ブクブクの湯船が熱すぎるかたには入りやすいですよ。

奥奥八九郎温泉には脱衣所などはなく、床に荷物を置くと赤茶色の土が付いてしまうので、車内で着替えてお洋服も含めた荷物は車に置いていったほうがいいですよ。

常連のお客さんの情報によると夏場はアブにさされるので、虫除けスプレーが必須だそうです。

ここでキャンプをしている車も数台ありました。

【ミナの感想】

奥奥八九郎温泉へのアクセスは国道を走っていても何の看板もないのでわかりずらいですが、林道までたどり着けば看板も出てくるので安心です。

見つかった時はかなり感動でしたが、秘湯といっても人気の温泉なので遠方からもたくさんの人が来ていて秘湯気分は半減でした(夕方訪問した時には多くの人がいましたが、2回目早朝に再訪した際には誰もいませんでした)。

最初は人が多くて小さな穴にしか入れず、赤茶色のお湯なのかと思っていました。でも源泉の湧く穴に入ってみて、お湯自体が透明だったのにはびっくり!とっても新鮮で豊富な量のお湯が豪快に湧き出していて、自然のパワーをダイレクトに感じられました。

浅めの穴に浸かっても最後は熱い源泉湯船で〆れば心も身体もすっきりシャッキリしますよ。

青森 八九郎温泉「奥奥八九郎温泉」 混浴 露天風呂 温泉 画像

野天風呂の中ではかなり贅沢なお湯で、豪快な天然ジャグジーが楽しめるお気に入りの温泉です!

奥奥八九郎温泉の混浴難易度

脱衣所も隠れるスペースもないので、女性は着替えがいちばんの困難だと思います。

人気の野湯なので入浴されている人もたくさんいましたが、もちろん女性客も多く、女性はバスタオルや水着で入浴していたので、恥ずかしさはほとんどありませんでした。

【奥奥八九郎温泉の満足度】★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】   ★☆☆☆☆

スポンサーリンク


奥奥八九郎温泉の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:含鉄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩-硫酸塩泉
ph:8程度 (弱アルカリ性)
バスタオル巻き:OK
効能:神経痛・婦人病慢性湿疹…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^