恐山温泉「恐山 菩提寺境内」

住所:〒035-0034
   青森県むつ市田名部宇曽利山3-2
TEL: 0175-22-3825 (恐山社務所)
入浴料:500円(開山料)
営業時間:6:00~18:00
定休日:閉山時期(11月~4月)
駐車場:あり(無料)

内湯(混浴1、女1、男1、男女交代制1)

スポンサーリンク


恐山温泉「恐山 菩提寺境内」について(地図)

恐山(おそれざん)は青森県下北半島の中央部にあり、高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場のひとつになっています。恐山は約1,200年も昔に開山した死者の霊が集まる霊場で、今でもたくさんの人たちが訪れています。

そんな恐山 菩提寺の中には4つの湯小屋からなる無料で入浴できる温泉があります(開山料はかかります)。

恐山温泉「恐山 菩提寺境内」の温泉情報

霊山 恐山とお風呂の種類(画像付き)

恐山には

・ 混浴内湯
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯
・ 男女交代制内湯

と、全部で4つのお風呂があり、すべて源泉かけ流しの100%天然温泉です。

元々、この恐山の温泉は境内に入る前に浴びて身を清める「清めの湯」で、昔は恐山に来た人は全員入浴していたそうです。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

【恐山の総門】

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

こちらで入山料を支払います。

温泉は入山料を払えば誰でも無料で利用できます。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

中に入ると本尊までの道が続いています。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

入っていすぐ左側に恐山で有名な「イタコの口寄せ」をやっていて、朝から行列でした。

イタコは霊能者で、死者を呼び出して亡くなったかたと話ができるのだとか。

毎年7月と10月には全国のイタコが集まる「大祭典」があります。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

お地蔵さんが立っている石の小山にはカラフルな風車がたくさん刺さっていました。

どんな意味があるのかはわかりません。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

【山門】

温泉は山門の先にあります。

男女別内湯の口コミ情報(画像付き)

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

山門を通過すると左右に湯小屋が点在しています。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

右側にあるのは【男女交替制】の『薬師の湯』

この時は男湯になっていました。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

右側には女性専用内湯と【男性専用内湯】『古滝の湯』の2つの小屋があります。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

女性専用内湯『冷抜の湯』の湯小屋。

入口が2か所あって左右どちらからでも入れます。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 女性用内湯 日帰り入浴

【女性専用内湯】『冷抜の湯』

木造の風情ある浴室です。

「硫黄泉のため窓を開けて換気して入浴してして下さい」と書かれていました。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 女性用内湯 日帰り入浴

お湯は洗顔もできないほど強烈な硫黄泉です。ご一緒させていただいた奥様は「恐山に来たらこのお風呂に入らなきゃ意味がない」とおっしゃっていました。

混浴内湯の口コミ情報(画像付き)

混浴の湯小屋だけ離れていて、山門を抜けて右に曲がり、宿坊「吉祥閣」を通り過ぎた左斜め前方にあります。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴
恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

宿坊を過ぎて看板に従って進むと、荒々しい景色の中にぽつんと湯小屋が建っています。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴
恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

湯小屋の近くに温泉が湧き出しているのが見えます。ものすごくボコボコしていました。硫黄のせいで地面まで黄色に変色していました。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

【混浴内湯の湯小屋】

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

引き戸になっている入口を開けると… 右側に脱衣所があります。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 混浴 日帰り入浴

【混浴内湯の脱衣所】

棚があるだけの男女共用の脱衣所で湯船から丸見えなので、他に入浴されている人がいたらかなり気を使います。実際この日は先に入浴しているかたがいたので着替えずらかったです。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 女性用内湯 日帰り入浴

【混浴内湯】『花染の湯』

木造で長方形の湯船はまだ新しい様子。

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 女性用内湯 日帰り入浴

前後に窓があるうえ電球も付いているので明るい雰囲気です。

きれいな青白いお湯は硫黄の匂いがぷんぷん。「硫黄が強いため入浴は3~10分程度で長湯しないで下さい」と書かれていました。

入るとピリピリとする強い酸性で湯温もすごく熱かったので、よけい体にしみましたっ!

恐山温泉 恐山 菩提寺境内 青森 温泉 女性用内湯 日帰り入浴

窓を開けると恐山という名前にふさわしい景色が見えました。

【ミナの感想】

霊場で温泉に入れるというのはびっくりです。

霊場の温泉なので相当年季が入っていて薄暗くて怖そうなお風呂場を勝手に想像していましたが、どの湯小屋もとてもシンプルな造りで古さは全くなく、きれいで清潔でした。

お湯はピリピリの酸性で入っていられないほどの熱さだったのでまさに修行のようでしたが、雰囲気はよかったです。

「恐山 菩提寺境内」の混浴難易度

混浴の「花染の湯」は恐山の地獄巡りのルートから離れていて人がほとんどいないので、比較的入浴しやすいと思います。

ただ、今回のように他に入浴者がいると湯船から丸見えの男女共用脱衣所での着替えは恥ずかしいですし、入口の戸を開けるとすぐに湯船が見えるので入浴中も人が入って来るかもという緊張感が常にあります。

でも霊場ですし、変な目的で入浴しに来る人はいないと思います。

【恐山温泉の満足度】★★★☆☆
【混浴恥ずかしさ度】★★★★☆

スポンサーリンク


恐山温泉の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^