二岐温泉「大丸あすなろ荘」

住所:〒962-6021
   福島県岩瀬郡天栄村湯本字下二俣5
TEL: 0248-84-2311
入浴料:735円
営業時間:11:00~14:30
定休日:不定休
駐車場:あり(無料)

露天(女2、男2)
内湯(混1、女2、男1)

スポンサーリンク


『じゃらん』で二岐温泉の宿を予約する

楽天トラベルで二岐温泉の宿を予約する
icon

二岐温泉 大丸あすなろ荘について(地図)

二岐温泉(ふたまたおんせん)は会津地方と中通地方の境界に位置する二岐山の山麓、二岐川の渓谷沿いにあり、平安中期に開湯したといわれています。

大丸あすなろ荘は自然と共存をモットーにした純和風旅館で、「日本人秘湯を守る会」の会長さんが経営している旅館です。

二岐温泉「大丸あすなろ荘」の体験記

大丸あすなろ荘の外観と館内の画像

二岐温泉 大丸あすなろ荘 日帰り温泉 福島 画像

駐車場からお宿までは100m程歩きます。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 外観 日帰り温泉 福島 混浴 画像

静かな小道を歩いてきます。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 外観 日帰り温泉 福島 混浴 画像

【大丸あすなろ荘の外観】

大丸あすなろ荘には

・ 混浴内湯
・ 2つの女性専用内湯
・ 男性専用内湯
・ 2つの女性専用露天風呂
・ 2つの男性専用露天風呂

と、全部で8つのお風呂があり、6本もの自然湧出の源泉を持つ100%天然温泉です。

フロントは建物3階部分にあり、全てのお風呂場へは1階に移動します。

男女別内湯&露天風呂の口コミ情報(画像付き)

二岐温泉 大丸あすなろ荘 男女別内湯 日帰り温泉 福島 画像

男女別内湯&露天風呂「あすなろの湯」の女湯入口。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 男女別内湯 日帰り温泉 福島 画像

【脱衣所】

十分な広さのある脱衣所です。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 男女別内湯 日帰り温泉 福島 画像

脱衣所には洗面台とドライヤーが完備されています。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 男女別内湯 日帰り温泉 福島 画像

【男女別内湯】『あすなろの湯』

広めの湯船と広い窓が開放的です。

露天風呂へは奥の扉から外に出られます。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 男女別内湯 日帰り温泉 福島 画像

【男女別露天風呂】『あすなろの湯』

内湯の窓を挟んだ外側にあります。

この時は東日本大震災の影響で湯量が変化してしまい、露天風呂は利用できませんでした。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

男女別内湯にはシャワー&カランにリンスインシャンプー、ボディソープが完備されていました。

混浴内湯の口コミ情報(画像付き)

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

1階に降りて通路を進むと、左手に露天と混浴内湯に続くドアがあります。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

ドアを開けて外に出て、道なりに進むと…

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

すぐに混浴内湯と男女別露天風呂への分かれ道になります。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴露内湯 日帰り温泉 福島 画像

階段を降りると渋い木造の混浴内湯の湯小屋があります。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴露内湯 日帰り温泉 福島 画像

混浴内湯「自噴泉岩風呂」の入口。

**6:00~8:00の間は女性専用時間になります。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

【混浴内湯の脱衣所】

縦長の脱衣所ですが、2人用サイズくらいのこじんまりとしたスペース。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

【混浴内湯】『自噴泉岩風呂』

画像右の戸が出入り口です。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

1728年に造られた自噴泉岩風呂は天然の河床を自然のまま残していて、場所によって浅い所と深い所があって湯底がデコボコしているので歩くのが怖かったです。

足元には十分気を付けてくださいね。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

凸凹感わかりますか?

ポットホール(円形の穴)があって、滑って入ったら出てこれなくなりそうなちょっと怖い感じです。

湯船の底の岩間から無色透明の熱いお湯が湧き出ています。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

木造の感じがとても雰囲気良く、落ち着きます。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 混浴内湯 日帰り温泉 福島 画像

自噴泉岩風呂には水道のみがあります。

女性専用露天風呂の口コミ情報(画像付き)

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

男女別の露天風呂へは内湯との分かれ道を直進します。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

すぐ左手に女性専用露天風呂「子宝露天風呂」の湯小屋があります。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

小屋の入口を開けるときれいな木造の部屋になっています。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

【女性専用露天風呂の脱衣所】

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

【女性専用露天風呂】『子宝露天風呂』

渓流沿いにある自然溢れる岩風呂で、四季を楽しめます。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

湯船からはこんな素敵な景色が見られます。

紅葉の時期は格別でしょうね。

  子宝露天風呂は18:00~21:00の間は男性専用時間になります

男性専用露天風呂の口コミ情報(画像付き)

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

男性専用露天風呂「渓流露天風呂」は女性用露天風呂と反対の右手にあります。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

【男性専用露天風呂の脱衣所】

女性用露天風呂よりちょっと歴史がある感じです。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

【男性専用露天風呂】『渓流露天風呂』

天然の岩盤を利用したダイナミックな岩風呂です。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

渓流露天風呂にはより川に近いところにもうひとつ湯船があります。

二岐温泉 大丸あすなろ荘 露天風呂 日帰り温泉 福島 画像

川と一体化したような気持ちのいい湯船です。

こちらは少しぬる湯でした。

  渓流露天風呂は18:00~21:00の間に女性専用時間となります。

【ミナの感想】

「日本人秘湯を守る会」会長さんのお宿とのことで鄙びた感が素敵な所かなと思っていたら館内は現代風になっていて、老舗旅館の古さは全く感じませんでした。

でも混浴内湯の自噴泉岩風呂は歴史を感じる素晴らしいお風呂で、お湯はかなり熱めですがずっと入っていたい落ち着き感がありました。

こういったお風呂はずっとこのまま次世代まで残っていってほしいです。

「大丸あすなろ荘」の混浴難易度

脱衣所は男女共用で広さもあまりありませんし、入口の戸を開けるとすぐ脱衣所が見えてしまうので、注意しながら着替えなければなりませんでした。

また、お湯に入っていると出入り口のほうを向く造りになっているため、階段を降りて入って行くのに勇気がいります。お湯も無色透明でバスタオル巻きもNGなので、女性の混浴なかなか難しいです。

『じゃらん』で二岐温泉の宿を予約する

楽天トラベルで二岐温泉の宿を予約する
icon

【大丸あすなろ荘の満足度】★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】   ★★★★★

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


大丸あすなろ荘の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:カルシウム-硫酸塩温泉
ph:8.8 (アルカリ性)
バスタオル巻き:NG
効能:神経痛・関節痛・慢性消化器病…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^