幕川温泉「水戸屋旅館」

住所:〒096-2157
   福島県福島市土湯温泉町幕川1
TEL: 0242-64-3316
入浴料:500円
営業時間:10:00~185:00
定休日:11月下旬~4月下旬
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混2、女1、男1)
内湯 (女1、男1)


スポンサーリンク


幕川温泉 水戸屋旅館 体験記

幕川温泉(まくかわおんせん)は東吾妻山の中腹、標高1300mにある山深い温泉地なので、雪の季節意外しか営業していない温泉地です。

国道38号線から舗装された狭い林道を3キロほど行ったところにある秘湯の雰囲気漂う温泉地です。

水戸屋旅館の外観と館内、お風呂の種類

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【水戸屋旅館の外観】

お隣には幕川温泉のもうひとつの温泉旅館「吉倉屋」さんがあります。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

駐車場の手前にはきれいな水にイワナが泳ぐ池もあります。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【水戸屋旅館の外観】

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

玄関を入るとスリッパ、その横の箱には袋があり、「お風呂のみのお客様は靴をビニール袋に入れてお持ちください」とのこと。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

スリッパをはいて左に進むとフロントがあります。

水戸屋旅館には

・ 混浴展望露天風呂
・ 混浴露天風呂
・ 女性専用露天風呂
・ 男性専用露天風呂
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯

と、全部で6つのお風呂があり、2つの源泉を持つ源泉かけ流しの100%天然温泉です。

混浴展望露天風呂の口コミ

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

水戸屋旅館名物の混浴展望露天風呂は2階にあります。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【混浴展望露天風呂入口】

基本的に混浴ですが、16:00~20:00までは女性専用タイムになっています。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【混浴展望露天風呂の脱衣所入口】

男女別の脱衣所があります。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【混浴展望露天風呂の脱衣所】

4人入ればいっぱいの脱衣所は男性脱衣所がすぐ隣にあるので会話もできます。

奥の扉の先が露天風呂ですが、自然と少し開いている状態なので見られないように注意しながら着替えてくださいね。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

脱衣所の扉を開けると、大自然と湯船が。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【混浴展望露天風呂】

樹齢800年という直径3mはありそうなヒノキを輪切りにして2つつなげたひょうたん形の湯船。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

青白く濁ったお湯は硫黄の匂いが強めで、42℃くらいの適温でした。

お湯はやわらかくて優しい肌触り。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

今はまだ雪が残っていますが、緑や紅葉が広がる季節は色彩豊かな景色を楽しみながら入浴できると思います。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

緑のマットの先にはプラスチックの椅子がいくつか置いてあって、目の前の山を見ながらゆったりと日光浴を楽しめます。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

こちらは初夏に行った時の景色です。

男女別内湯、露天風呂の口コミ

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【男女別内湯入口】

男女別内湯は1階奥にあります。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【男女別内湯の脱衣所】

広めの脱衣所で、コインロッカーも。洗面台にドライヤー、足裏マッサージ機が完備。

画像の反対側に脱衣籠がある棚があります。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【男女別内湯】

展望露天風呂より若干透明度がありました。景色はよくありません。

この先に露天風呂があります。

**撮影許可を頂いて撮っています

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【男女別露天風呂】

3人も入ればいっぱいの岩風呂。混浴露天風呂のほうが断然オススメです。男女別のお風呂は時間帯によって交代制だそうです。

実はもうひとつある、秘密の混浴露天風呂

水戸屋旅館には実はもう1か所混浴露天風呂があるのですが、フロントでは何も教えてくれないので、知らなければ気づかないと思います。

幕川温泉 水戸屋旅館  混浴露天風呂 画像

場所は一度建物の外に出て駐車場の裏を奥に進みます。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

すると先に青いものが見えるので、そちらに向かいます。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

こちらがもうひとつの秘密の露天風呂への入口です。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

屋根付きの男女共用の脱衣スペースのすぐ先に湯船があります。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

【もうひとつの混浴露天風呂】

6人ほど入れる大きさの岩風呂です。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

湯船のすぐ脇には渓流が流れています。湯船の周りは木に囲まれているので自然の中でお風呂を満喫できます。

幕川温泉 水戸屋旅館  福島 画像

硫黄の匂いが強く、水戸屋旅館のお風呂の中でもいちばん白濁しているお湯が温泉気分を倍増させてくれます。

幕旅館  福島 画像

湯船から脱衣スペースを見るとこんな感じです。脱衣スペースは狭くて扉もないので、女性にはかなり厳しい環境です。

【ミナの感想】

水戸屋旅館の雰囲気は昔ながらの静かな旅館という雰囲気でいい感じです。

混浴展望露天風呂は屋根付きですが、目の前にはたくさんの木々や山に囲まれて、とても気分良くお湯に浸かっていられました。椅子もあるので、暫くお湯に浸かってはイスに座って涼みながら景色を眺め、またお湯に浸かって…と、皆さん長湯。ゆっくりと時間が流れていてとても贅沢な気分でした。

今回は渓谷沿いの混浴露天風呂に入れなかったので次回は絶対入りたいです。

水戸屋旅館の混浴難易度

混浴でもバスタオル巻きOKなので、女性のかたも安心して混浴できますよ。

ただ、人気の温泉なので他の施設に比べると入浴されているかたがとても多いという点では、タオルを巻いていても入りずらい状況のことが多いかもしれません。

水戸屋旅館を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【水戸屋旅館の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】 ★☆☆☆☆


水戸屋旅館の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪




  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^