沼尻温泉「沼尻元湯」

住所:福島県耶麻郡猪苗代町大字沼尻
TEL:
入浴料:
営業時間:日の出~日没/div>

定休日:冬期
駐車場:あり(無料)

野天湯


スポンサーリンク


沼尻温泉と沼尻元湯について(地図)

福島県の安達太良山を流れる硫黄川の上流に毎分10,000リットルも湧出していて、沼尻温泉や近くの中ノ沢温泉の源泉になっているのが「沼尻元湯(ぬまじりもとゆ)」で、源泉が流れ出した川自体が温泉になっている大迫力の野天湯です。

沼尻温泉「沼尻元湯」の体験記

沼尻元湯へのアクセス方法

沼尻元湯へは歩いて行かないとなりません。

まず、沼尻温泉から安達太良山登山道入り口まではスキー場ゲレンデがある凸凹道を、15分ほど車でのぼって行きます(1度目の訪問時は5月上旬で林道も車両進入禁止となっていたので、1時間近くかけて歩きましたが、途中積雪で結局たどり着けなかったので、林道が車両進入禁止になっていたら行かないほうがいいです)。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

【沼尻登山口の駐車場】

かなり広い駐車場です。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

行く前に注意しておくことは湯元からは致死量を超える高濃度の硫酸水素が検出されていて、上流の沼の平では死亡事故も起きています。危険地帯には絶対入らないでください

万が一の事があっても自己責任になります。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

さてさて、沼尻元湯へのルートは2つあります。手前にあるのは安達太良山への登山道。

この看板から30分ほど歩くと登山道と温泉の分岐点があってこちらを右方向に進み、さらに急な下り坂を行くと沼尻元湯に到着します。こちらのルートだと約1時間かかりますが、途中きれいな景色が見られるのがメリットです。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

ちなみに5月上旬に来た時は登山道を歩き始めてすぐに雪が見えだしてイヤな予感がしたのですが、やはり登っていくにつれて土はみえなくなって、地面は真っ白に…

途中の登山道と元湯がある道との標識も見つからず、かなり上までいったのですが、もうどっちに行っていいのかも分からなくなり、挙句の果てにはわりと新しいと思われる
クマさんの足跡まで発見してしまい、断念することに…雪が残っている時期は行かないほうがいいですね。。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

そんなわけで、登山ルートに若干のトラウマができてしまい、今回は駐車場奥から始まるもうひとつのルートである「谷沿いの道」を行くことに。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

広い道ではありませんが、1人で通るのには問題ない広さのわかりやすい道が続いています。

前回来たときとは全く違う景色で安心します!

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

歩き始めてすぐに左前方に「白糸の滝」が見えます。

もう少し寄ってみると…

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像
沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

途中から道の横には沼尻温泉と中の湯温泉街まで伸びる源泉が流れている配管が置かれています。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

この配管に沿って上流に進んでいくと、歩き始めてから20分ほどで3つ並んだ小屋のところまで来られます。

これは源泉を管理している小屋だそうで、ここから下流の川がなかなか適温だそう。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

小屋の下を降りて行くと木板でできた橋があり、簡単に向こう側に渡れます。

**ちなみにこちらから上流はガスも多く危険です。

沼尻元湯で野湯を満喫(画像付き)

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

【沼尻元湯】

硫黄川自体が温泉になっている野天湯です。

沼尻温泉 沼尻元湯 野湯 福島 画像

この辺りには木が置かれたりしてお湯をせき止めて湯船のような形になった場所がいくつもあるので、自分の好きな深さや大きさのところに入れます。

沼尻温泉 沼尻元湯 野湯 福島 画像

まずは浅めのところから。

気持ちいい~♪

沼尻温泉 沼尻元湯 野湯 福島 画像

今度は川のメインの流れへ。

川の流れるスピードも水量?もちょうどよく、新鮮なお湯を楽しめました。

沼尻温泉 沼尻元湯 野湯 福島 画像

川底から源泉が湧くのではないので、お尻が熱っ!ってこともありませんでした。

きれいに白濁したお湯はこの辺りがちょうど適温で、硫黄の匂いがとても強かったです。

沼尻温泉 沼尻元湯 野湯 福島 画像

このあたりはあまり深くないので、寝湯も楽しめちゃいました。

山々に囲まれた谷あいの川が豊富な湯量の温泉だなんて、ダイナミックすぎます!

沼尻温泉 沼尻元湯 野湯 福島 画像

景色もお湯も最高!!

ただ、お湯自体は強酸性湯なので少しピリピリしますし、目に入ったら大変なので気を付けてくださいね。

また、この日は風があったのでよかったのですが、風のない日は火山ガスで呼吸困難になる場合もあるそうなので十分注意して下さい

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

下流に行けばいくほどお湯の温度は低くなるので、お好みの温度のいい感じの湯船を見つけてみてくださいね。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

谷沿いの道の対岸には木でできた樋から源泉が勢いよく送られています。

沼尻温泉 沼尻元湯  福島 画像

ず~っと続いていて、温泉街まで流れているんでしょうね。

【ミナの感想】

すっごくよかったです!

前回たどり着けなかったのでかなり不安でしたが、谷沿いの道はとてもわかりやすくて意外に近かったです(登山道ルートでも
 雪がなければ余裕だったのでしょうが…)。

川はお風呂として浸かるのにちょうどいい量とスピードで、自然様に大感謝です。こんな素晴らしいお湯に浸かりながら迫力満点の絶景を見られるなんて、しかもそれが無料だなんてすごすぎます!!

季節によっても天候によっても人によっても適温な場所は違うと思うので、自分の一番ちょうどいい温度の場所を探すのも楽しみのひとつですね。

火山ガスに十分注意してこの大自然の絶景お風呂を満喫してください!

沼尻元湯の混浴難易度

野天湯なので脱衣所はありませんし、隠れて着替えられるような場所もありませんでした。女性は着替える時に隠せるものを持っていかれたほうが安心です。

野天湯ですからバスタオル巻きや水着での入浴もOKですが、お湯がしっかり白濁しているので、お湯に浸かってしまえば気にならないと思います。

また、登山口駐車場に車がたくさんあったとしても、ほとんどは登山客の車で温泉に入っている方は少ないことが多いそうですし、いろいろな場所で入浴できるので
人気を気にすることはあまりないかもしれません。

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【沼尻元湯の満足度】★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】★☆☆☆☆

スポンサーリンク


沼尻元湯の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^

コメントをどうぞ

CAPTCHA