横向温泉「中の湯旅館」

住所:〒969-2751 福島県耶麻郡
   猪苗代町若宮中ノ湯甲2975
TEL: 0242-64-3341
入浴料:300円
営業時間:8:00~18:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(女1)
内湯 (混浴1、女1)


スポンサーリンク


横向温泉「中の湯旅館」の混浴体験記

「中の湯旅館」がある横向(よこむき)温泉は「横向スキー場」をはじめ、近くにいくつかのスキー場がある温泉地です。

中の湯旅館は、なんと『温泉湯治療養 発祥の旅館』だそうです。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

入口の看板には「頭のよくなる霊泉」「婦人の名湯」と書かれています。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

中の湯旅館は素泊まりのみの湯治宿です。

いまいち料金設定がわかりませんが…

他の混浴旅館とはちょっと違い、湯治目当てのお客さんがほとんどです。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

【中の湯旅館の外観】

湯治宿の雰囲気たっぷりでお部屋は全部で9室あるそうです。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

【中の湯旅館 玄関】

入って右側は将さんがいる部屋、左側を行くと浴室です。

女将さん、「2時間位を目安に寒いからゆっくりしてってね~」だそうです。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

男女の脱衣所は別々で女性用脱衣所は玄関から左をまっすぐ来ると見える赤い暖簾が入口です。

湯治宿らしく、洗濯竿やハンガーが掛かっています。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

男性用脱衣所は階段を下った左手の青い暖簾が入口です。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

階段を下りると、3~4人でちょうどいい位の脱衣所があります。

横向温泉 中の湯旅館には

・ 混浴内湯
・ 女性専用内湯
・ 混浴露天風呂

と、3つのお風呂があって、異なる2つの源泉があります。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

【女性専用内湯】

窓が大きく、開ければ半露天風呂になります。初夏から秋は緑や紅葉が楽しめそうです。

お湯は無色透明で40℃弱の若干ぬるめの適温でした。

画像右手前のちょっと先に細い扉があって、そこから混浴になっている男性内湯に入れます。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

画像右奥が混浴と女性用内湯をつなぐ扉で混浴に入って来ました。

【中の湯 混浴内湯】

混浴内湯の湯船は2槽に仕切られています。私が入っている女性専用内湯側にある湯船は女性専用内湯のお湯と一緒で、この源泉は「マウント磐梯」から来ているそうです。

当然女性用内湯と同じく、お湯は無色透明で40℃弱の若干ぬるい適温でした。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

画像右側の湯船がいちばん効能が高いそうですが、通称「ぬる湯」でこちらの源泉は横向温泉の元湯が引かれています。

こちらのぬる湯は茶色い湯の花がたっくさん浮いています。

ぬる湯は通常38℃程度のじっとしていてもなかなか温まらないぬるいお湯だそうですが、この日はなぜかこのぬる湯のほうが温度が温かかったです。温度的には42℃程度の適温。

いつもは、あるお客さんがお風呂に入りながらお掃除もしてくれるそうですが、この日は来ていなかったそうです(以上はすべて「常連のおじさん情報」です)。

横向温泉 中の湯旅館 混浴 日帰り 温泉 福島 湯治 画像

混浴内湯から混浴露天風呂へ出られます。露天風呂は川沿いにありますが足場も悪く、この日はお湯が入っていませんでした。

常連さんいわく、「最近できた試作品で改良の余地がある」とのこと。

横向スキー場が近くにあるだけに、冬はスキー客のお客さんが多いそうです。

【ミナの感想】

中の湯旅館はのお湯は全く手を加えていない湯治用のお湯で季節や天気はもちろん、1日のうちでも温度が違うまさに「生きたお湯」を体験できます。宿の外観だけで判断して入浴客も少ないんじゃないかと思っていたら、入浴されている人がかなりいて中の湯の湯冶の人気っぷりを実感しました。

お湯はもちろん言うことなしで、特に「ぬる湯」は1回入っただけでも効能の高さが感じられました。本当の「湯冶」を体験できる貴重な素晴らしい温泉宿です。誰にでもオススメできるお風呂でははありませんが、鄙びた個性をよしとする方にはぜひ行ってほしいお風呂です。

中の湯旅館の混浴難易度

女性の混浴難易度はお風呂の造りからすると女性は入りずらいかもしれませんが、お客さんのほとんどは湯治目的でリピーターや常連客の方がほとんどで混浴のマナーもとてもいいので、それほど気になりませんでした。

中の湯旅館のお風呂は「混浴」や「女性用」の次元を超えた良くなるために浸かるお風呂場です。だから一応「女性用内湯」がありますが、湯船によってお湯の温度が違うので女性が入っていないときは男性のお客さんが入っていることもあるのだそうです。

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【中の湯旅館の満足度】★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】 ★★★☆☆

スポンサーリンク


中の湯旅館の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^