赤城温泉「御宿総本家」

住所:〒371-0241
   群馬県前橋市苗ケ島町2034
TEL: 027-283-3012
入浴料:500円
営業時間:8:00~20:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1)
内湯 (女1、男1)


スポンサーリンク


赤城温泉と御宿総本家について(地図)

赤城温泉(あかぎおんせん)は群馬県の赤城山中にある小さな温泉地です。

そこにある御宿総本家(おんやどそうほんけ)は1689年の創業の素朴ながら個性的な温泉宿です。

赤城温泉「御宿総本家」の体験記

御宿総本家までの道のりと外観

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

赤城温泉は県道16号線の行き止まりにあり、「湯之沢館」と同じく車が通れない細道にあるので、100mほど手前の共同駐車場に車を停めて山沿いの道を歩きます。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

前方の白い建物が御宿総本家です。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

【御宿総本家の門】

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

【御宿総本家の入口】

門を入ったとたん違う時代にタイムスリップしたようです。左側にはカフェがあります。

館内の画像とお風呂の種類

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

【御宿総本家の玄関】

館内は木の落ち着き感の中に個性的な置物が際立っていて、非常に独特な空間になっています。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

【御宿総本家のロビー】

イスはご主人の手作りだそう。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

入ってすぐ右側にメガネをかけた銅像のフロントマンがいます。

ご主人も女将さんも耳が遠いので大声で叫んでくださいね。

御宿総本家には

・ 混浴展望露天風呂
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯

と、全部で3つのお風呂があり、2つの異なる源泉を持つ源泉かけ流しの100%天然温泉です。

**ただ、混浴露天風呂は土日祝祭日は宿泊者優先の貸切露天風呂になり、日帰り入浴客は空いていれば混浴露天風呂として利用できます。

男女別内湯の口コミ情報(画像付き)

赤城温泉 御宿総本家 混浴 男女別内湯 日帰り温泉 群馬 画像

男女別内湯はフロントから館内奥に直進します。

館内は薄暗く、変わった民芸品が至る所に置かれ、なぜか抜き足差し足になってしまいました…

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

廊下つきあたり右側に女性用内湯入口があります。

ですがこの日は「女湯は清掃中につき男湯をご利用ください」とありました。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 群馬 画像

男性用内湯は廊下つきあたりを左に進みます。

急に石の壁になって洞窟のような雰囲気です。

赤城温泉 御宿総本家 混浴 男女別内湯 日帰り温泉 群馬 画像

【男性用内湯の脱衣所】

狭いスペースです。

赤城温泉 御宿総本家 混浴 男女別内湯 日帰り温泉 群馬 画像

レトロな机の上に鏡、ドライヤーが置かれています。

赤城温泉 御宿総本家 男女別内湯 日帰り温泉 群馬 画像

【男性用内湯】

独特な岩風呂です。

観葉植物が置かれ、湯船とミスマッチなトロピカルな雰囲気です。

赤城温泉 御宿総本家 男女別内湯 日帰り温泉 群馬 画像

ぬるめのお湯は緑色ですが、少し茶黄色にも見えます。

炭酸ガスが豊富でお湯の表面に石灰分の皮膜(石灰華)が出来きるそうです。

赤城温泉 御宿総本家 男女別内湯 日帰り温泉 群馬 画像

窓からは赤城山が見え、四季によって異なる景色を楽しめます。

赤城温泉 御宿総本家 男女別内湯 日帰り温泉 群馬 画像

男女別内湯には水道、シャワーにリンスインシャンプー、ボディソープが完備されています。

混浴露天風呂の画像付き口コミ

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

混浴露天風呂へはロビーのあるスペースから右に曲がり、階段を上がります。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

2階のマンガがたくさん置かれたお部屋を通り過ぎて

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

3階へ続く階段をのぼります。

壁に掛けられたアフリカンな大きい木彫りの顔が存在感あります。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

3階つきあたり右に混浴露天風呂入口があります。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

ここから屋外になり、道なりに進んでいきます。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

左手に脱衣小屋があります。

こちらは何も書かれていませんが、男性用だと思われます。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

小屋の右奥に女性の絵か書かれた看板があるので、こちらが女性用脱衣所だと思います。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

脱衣所の中は広くはありませんが、棚とカゴ、鏡があります。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

つきあたりの崖縁に湯舟があります。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

【混浴露天風呂】

6~7が入れる屋根付きの岩風呂です。

源泉は無色透明だそうですが、空気に触れると酸化して緑黄色になり、さらに時間がたつと黄緑色になるそうです。湯船は意外に深さがあり、湯船の淵は一段あるようですが中が見えないので、どこに当たったのかわかりませんが、膝をぶつけてしまいました。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

目の前は赤城山ですが柵が存在感ありすぎて開放感はイマイチでした。

赤城温泉 御宿総本家 日帰り温泉 混浴露天風呂 群馬 画像

お湯は内湯よりぬるく、冬はちょっとつらいですね。お湯はさっぱりしていて少し鉄の匂いがしました。炭酸ガスが豊富なので、じっとお湯に浸かっているとお肌に気泡がくっついてきましたよ。

【ミナの感想】

とにかく館内の強烈な個性が印象的でした。お風呂よりもそちらの印象が強く残っているほどです…全体的には和風ですが、置き物は和物以外にもアジアンチックなものからアフリカンテイストなものまで様々な民芸品が飾られ、とにかく不思議な空間でした。

内湯からも露天風呂からも目の前に赤城山が見えるので、特に紅葉の季節は素敵な景色が見られると思います。

お湯はぬるかったですが入浴後はしばらく体がぽかぽかでした。

「御宿総本家」の混浴難易度

混浴露天風呂の脱衣所は男女別になっていますし濁り湯にもなっているので、一度入ってしまえば女性も比較的混浴しやすいです。

**土日祝祭日は宿泊者の貸切風呂として優先的に使われるため入浴できない場合もありますので、事前に確認されることをおすすめします。

御宿総本家を『Yahoo!トラベル』で予約

赤城温泉を『ゆこゆこネット』で予約

【御宿総本家の満足度】★★★☆☆
【混浴恥ずかしさ度】 ★☆☆☆☆

スポンサーリンク


御宿総本家の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩温泉
ph:6.5 (中性)
バスタオル巻き:NG
効能:神経痛・運動麻痺・関節のこわばり・慢性消化器病・痔疾・きりきず・慢性皮膚病…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^