四万温泉「たむら」

住所:〒377-0601
   群馬県吾妻郡中之条町大字四万4180
TEL: 0279-64-2111
入浴料:1,730円
営業時間:10:00~15:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1、女2、男2)
内湯(貸1、女4、男4)


スポンサーリンク


四万温泉とたむらについて(地図)

四万温泉(しまおんせん)は群馬県に位置する、たくさんの温泉宿が並んでいる全国的にも有名な温泉地です。四万もの病気に効能があると言われ、「四万温泉」という名前がついたとか。四万温泉は日本で初めて国民保養温泉地の指定を受けた温泉地です。

たむらは500年以上も前から湯治温泉として栄えていますが、現在は大きなホテルになっていてなんと7か所もお風呂場があります。

四万温泉「たむら」の体験記

外観&館内の画像とお風呂の種類

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【たむらの外観】

茅葺屋根の正面玄関建物は落ち着いた雰囲気。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

駐車場は建物奥にあります。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

入ると係のかたが靴を下駄箱に入れてくれます。

玄関の左側はロビーになっています。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

玄関右側に受付があります。

お風呂の説明をしてくださいますが、たくさんありすぎて途中からわからなくなりました。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

たむらには

・ 混浴露天風呂
・ 2つの女性専用露天風呂
・ 2つの男性専用露天風呂
・ 貸切内湯
・ 4つの女性専用内湯
・ 4つの男性専用内湯

と、全部で14ものお風呂が点在していて、全て源泉かけ流しの100%天然温泉です。

さらに、お隣にある「四万グランドホテル」のお風呂も利用できる1日かけても入りきれないほどのお風呂の数があります。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

ロビーには「入浴可」や「清掃中」など利用可能状況がわかるボードがあります。時間帯にもよりますが、半分ほどのお風呂が清掃中などで入浴できません。

さて、どこから入りましょう~。

混浴露天風呂の口コミ情報(画像付き)

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像
四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

混浴露天風呂を含む多くのお風呂はロビー階(1階)より下の 川1、川2、川3階にあり、ロビー奥にあるエレベーターで下へ。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

エレベーターを降りて外に出ると、日本庭園風のお庭を進みます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

プールの周りをくるりと歩きます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

四万温泉 たむら 日帰り入浴 女性用内湯 群馬 画像

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

プールの周りには足湯や飲泉所、ジャグジーもあります。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

標識に沿って裏口?と思える通路を進んでいきます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

こちらは男性用内湯で、その目の前に混浴露天風呂があり、男性は内湯から混浴露天風呂に行けるようにもなっています。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【混浴露天風呂の入口】

ここからすでに湯船が少し見えています。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【混浴露天風呂の脱衣所】

狭い脱衣スペースは男女共用で、入口からも湯船からも気をつけないと見えてしまいます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

川のほうから見た脱衣所。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【混浴露天風呂】『幻の湯』

同じ大きさの石の湯船が新湯川沿いに2つ並んでいます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

増水時には湯船も沈んでしまうので、「幻の湯」という名前なのだそう。

弁天の滝が見える開放感溢れる露天風呂です。

毎分1,600~1,800リットルもの湧出量を誇るお湯は無色透明でなめらか。川から見て左側の湯船のお湯は適温で長湯にぴったりでした。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

川から見て右側の湯船のお湯はぬるくて寒いくらいでした。

こちらの湯船の真上に見えるガラス張りの中はバーだそう。日中なら人もいなそうですね。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

ホテル内の露天風呂ですが、野湯の雰囲気を感じられます。

男女別内湯「甍の湯」の口コミ情報(画像付き)

男女別大浴場「甍(いらか)の湯」は、たむらの数あるお風呂の中でいちばん大きなお風呂です。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

こちらは男性用大浴場がある川3階の廊下。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

女性用大浴場は男性用大浴場の上階、川2階にあります。

階段でもエレベーターでも移動できます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

女性用大浴場「甍の湯」の入口。

残念ながらこの時間は清掃中でしたが、お掃除している係の方にお願いして中を見せていただけました。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【甍の湯 脱衣所】とても広く、洗面台にはドライヤーやローション、クシ、麺棒なども完備。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【男女別大浴場】『甍の湯』

ちらっと見ただけですが、広~い湯船には4つの湯船がありました。

下階の男性用浴室とは吹き抜けになっているそうです。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

シャワー&カランにシャンプー、リンス、ボディソープが完備。

男女別露天風呂の口コミ情報(画像付き)

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

男女別の露天風呂「森のこだま」は男性用大浴場がある手前に入口があります。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

男女とも屋根付きの屋外に出て階段を登って行きます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

森の空気っぽくなってきたような気が…

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

ここで男女が分かれます。

女性はこの階段を登った先に脱衣所があります。男性は…ごめんなさい!忘れました。。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 露天風呂 群馬 画像

四万温泉 たむら 日帰り入浴 露天風呂 群馬 画像

【森のこだま 脱衣所】ログハウスのような造りできれい。洗面台にはティッシュがあるだけ。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【庭園露天風呂】『森のこだま』

木々が目の前にあって四季折々の景色が楽しめそう。

湯面が鏡のように美しい景色を映し出していました。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 露天風呂 群馬 画像

こちらの露天風呂からも弁天の滝が見えました。こちらのお湯はかなり熱めで、洗い場はありませんでした。

男女別の檜風呂と庭園露天風呂の口コミ情報(画像付き)

男女別の檜風呂「御夢想(ごむそう)の湯」は男女とも川3階にあります。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 男女別内湯 画像

奥が男性用脱衣所、手前が女性用脱衣所への入口。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 男女別内湯 画像

【御夢想の湯 脱衣所】

広くてきれいな脱衣所。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【男女別内湯】『御夢想の湯』

檜造りの湯船と壁に自然光が差し込んでいて、とても風情があります。

こちらには洗い場はありません。

男女別の庭園露天風呂「甌穴(おうけつ)の湯」は、御夢想の湯から入って行けます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

御夢想の湯の脱衣所奥にある引き戸から外に出ます。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【男女別露天風呂】『甌穴の湯』

四万温泉周辺の観光スポットにもなっている甌穴をイメージした岩風呂で、植木も多いので四季によって様々な景色も楽しめます。

男女別内湯「翠の湯」の口コミ情報(画像付き)

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 男女別内湯 画像

男女別内湯「翠(みどり)の湯」は、本館を出てすぐ左斜め前に建つ「花湧館」にあります。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 男女別内湯 画像

おそらく昔は客室として利用されていたと思われる建物で、今では薄暗い廊下が少しさみしいです。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 男女別内湯 画像

廊下を表示通りにずっと進んでいくと男女別の脱衣所入口に到着。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 男女別内湯 画像

【翠の湯 脱衣所】

古さはありますが、シンプルで清潔。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

【男女別内湯】『翠の湯』

湯治風の浴室に大きな檜風呂。こういうお風呂、大好きです♪

画像右隣りが男性用浴室で、ご一緒した御婦人は旦那様と「もう出るか~?」なんて会話していました。いいですね♪

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 男女別内湯 画像

画像では見えずらいですが、湯底から源泉がプクプク湧き出していて、肌触りのいい優しいお湯は温度も適温で最高でした。

四万温泉 たむら 日帰り入浴 群馬 画像

今回初めてシャワーとシャンプー、リンス、ボディソープがある浴室でした。

たむら その他のお風呂情報(画像付き)

今回は清掃中で入浴できませんでしたが、その他にもたむらには蒸し風呂、泡風呂、打たせ湯がある男女別内湯の「岩の湯」や、テレビやソファまである予約制の有料貸切風呂の「クリスタル」もあります。

【ミナの感想】

風呂めぐりスタンプラリーがあるほど本当にたくさんのお風呂があり、さらに四万グランドホテルのお風呂まで入浴できるなんて、日帰り入浴料金がお高いだけあって贅沢です。

ただ、常時どこかのお風呂は清掃中なので日帰り入浴では全てのお風呂を制覇することはできませんし、各お風呂が離れていて移動や着替えで忙しくなってしまうので、いくつかをゆっくり入ったほうがくつろげると思います。各お風呂とも大きめで雰囲気も違うので、いくつかの温泉宿をハシゴした気分になれました。

肝心の混浴露天風呂は目の前が川と滝で遮るものが何もないので、ワイルドな野湯感をお手軽に楽しめました。

全体的にとても満足ですが1つだけ言わせていただくと、私が利用させていただいた時間帯はどのお風呂場の脱衣所にもドライヤーがなくて、翠の湯でご一緒させていただいた御婦人も困っていらっしゃいました。確認した中では清掃中の大浴場「甍の湯」でしかドライヤーを見かけませんでしたが、どの時間帯でもドライヤーが使える場所が1か所でいいのであるといいなと思いました。

「たむら」の混浴難易度

たむらの混浴露天風呂は男性用内湯のすぐ下にあるため、女性は透明窓ガラスの男性浴室の前を通って入って行かなければなりません。もしガラス越しにたくさんのお客さんが見えたら、露天風呂まで行くのにも勇気が要ると思います。また、脱衣所は男女共用で湯船や入口からも見えやすく、注意しながら着替えなければなりません。

でも混浴露天風呂はバスタオル巻きOKなので周りをあまり気にしすぎず、ワイルドな景色の中で四万の病を治すといわれる名湯に浸かってみてください。

四万たむらを『ゆこゆこネット』で予約

四万たむらを『Yahoo!トラベル』で予約

【たむらの満足度】 ★★★☆☆
【混浴恥ずかしさ度】★★★☆☆

スポンサーリンク


たむらの温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^