二股ラジウム温泉「二股らじうむ温泉旅館」

住所:〒049-3501
   北海道山越郡長万部町大峰32
TEL: 01377-2-4383
入浴料:1,000円
営業時間:7:00~20:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1、女1)
内湯 (混浴2、女1、男1)

スポンサーリンク


『じゃらん』で二股ラジウム温泉の宿を予約する

楽天トラベルで二股ラジウム温泉の宿を予約する
icon

二股ラジウム温泉と二股らじうむ温泉旅館について(地図)

二股ラジウム温泉は道南の長万部から山側にある原生林に囲まれた温泉地で、効能のよさから全国的に根強いファンがいる温泉です。『2週間以上湯治をしても良化の兆候がみられなかったら料金を全額返金します』という、効能にとても自信を持っているお宿です。

また、二股ラジウム温泉の周辺には野生のキタキツネがよく出没するそうで、それを楽しみにやってくる観光客も多いそうです。

二股ラジウム温泉「二股らじうむ温泉旅館」の体験記

二股らじうむ温泉旅館の外観と館内・お風呂の種類

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【二股らじうむ温泉の外観】

明治時代創業の老舗湯治旅館ですが、建物は2001年にリニューアルされて新しい雰囲気です(暗くてスミマセン…)。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【玄関入口】

入って左側が受付です。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

日帰り入浴はもちろん、宿泊客もこちらの自販機でチケットを購入します。

出てきたチケットを受付で渡して、いざお風呂場へ―

二股らじうむ温泉旅館には

・ 混浴露天風呂
・ 女性専用露天風呂
・ 2つの混浴内湯
・ 女性用内湯
・ 男性用内湯

と、5か所のお風呂があり、全部で12の浴槽があるうえに100%温泉プールもあります。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

全てのお風呂場へは玄関入って右側の通路を進み、「浴場」と書かれた看板に従います。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

かなり長~い下り階段を降ります。

女性用内湯の画像付き口コミ

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 画像

階段を降りきって左に進むと男女別の入口があります。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 女性用内湯 画像

【女性用脱衣所】

縦に長いい広めの脱衣スペースで棚とカゴがあり、奥にはロッカーも完備。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 女性用内湯 画像

【女性用内湯】

大小2つの湯船があります。

湯治湯の雰囲気たっぷりの浴室で右側の大きな湯船は湯温38℃のぬる湯、奥は40℃でリウマチで膝が曲がらない人用に120cmの深さがあります。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 女性用内湯 画像

湯船の手前側に洗い用の湯貯曹があります。温泉成分の石灰華ですごいことになっていました。

混浴内湯①の画像付き口コミ

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

女性用内湯の右壁側に「混浴入口」というドアを発見。

「失礼します」と声をかけてから入ってくださいという注意書き通り声をかけて恐る恐るドアを開けてみると…

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【混浴内湯】

女性用内湯と同じ造りの浴槽です。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

こちらも女性用内湯と同じ湯温でした。

どの湯船のお湯もかなり成分濃厚です!

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

混浴内湯にも掛け湯用、洗い用の浴槽がありました。

タオルを温泉に浸けると、その成分ですぐに茶色に染まってしまいますよ。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【混浴内湯の脱衣所】

細長いですが広くてきれいな脱衣スペースで洗面台も完備されていました。

混浴内湯②の画像付き口コミ

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

メインの混浴内湯へは女性用脱衣所の奥にある画像左の暖簾をくぐって移動できます。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

道なりに進むと透明の扉があって、ここを開けて階段を降りていくと…

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【混浴内湯】

階段下の左側が浴室となっていて、4つの湯船があります。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

浴室入って手前に2つの湯船。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

左の湯船が41℃、右の湯船が42℃の設定で120cmの深さがあるので立ち湯状態です。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

浴室奥側にも2つの湯船。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

左の湯船が39~40℃、右の湯船が37℃の設定。湯治には37℃ほどの低温湯に2~5時間入浴すれば、治療効果がより早く得られるそうです。

お湯は緑色に濁っていて、特にぬる湯の湯船には膜が張っていて成分の濃さがよくわかりました。

混浴露天風呂の画像付き口コミ

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴露天風呂 画像

混浴内湯の右側の壁に露天風呂へ続くドアがあります。

ちなみに画像奥のドアの先は10mの温泉プールもあって、リウマチの治療に歩くのもいいそうですよ。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴露天風呂 画像

【混浴露天風呂】

外に出てすぐ右側に湯船があります。

二股ラジウム温泉 二股らじうむ温泉旅館 北海道 日帰り入浴 混浴内湯 (男女別内湯) 石風呂 画像

今入っている湯船は40℃とありましたが、もう少し温かく感じました。そのすぐ横にある湯船には37℃のぬる湯でした。

露天風呂は屋根付きなので悪天候でも安心です。

夜なので画像ではわかりませんし実際よく見えませんでしたが、露天風呂からは原生林が見え、湯船の先は谷のようになっていたみたいです。そして露天風呂の右側には炭酸カルシウムが多く含まれた温泉成分によってできた大きな石灰華ドームがあるらしいのですが、これも真っ暗で見えませんでした。

でもその代わりに星空がきれいに見えましたよ。

【ミナの感想】

二股ラジウム温泉には天然のラジウムと石灰が含まれていて世界でただ2つしかないといわれる石灰華ドームが有名ですが、夜に行ってしまったためにその奇観が見られずに残念でした。でも、どの湯船にもびっしりと立派な石灰華がついていて、石灰華ドームを見なくてもそのすごさがわかりました。

旅館の建物自体はきれいになっていてその歴史を感じられませんが、内湯の浴槽などは湯治の雰囲気が残っていて効能の高さも実感できました。

「二股らじうむ温泉旅館」の混浴難易度

4つの湯船があるメインの混浴内湯へは女性用脱衣所から移動できますが、お風呂ではバスタオル巻きが禁止されているので女性の混浴はかなり勇気がいります。

でも、お湯が緑色に濁っていたので一度お湯に浸かってしまえば大丈夫だと思います。それに湯治客が多く、特にお年を召した女性も多く混浴を利用されているので、そういった意味では混浴しやすい環境です。

『じゃらん』で二股ラジウム温泉の宿を予約する

楽天トラベルで二股ラジウム温泉の宿を予約する
icon

【二股らじうむ温泉旅館の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】      ★★★★☆

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


二股らじうむ温泉旅館の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^

コメントをどうぞ

CAPTCHA