幌加温泉「湯元 鹿の谷」

住所:〒080-1402
   北海道河東郡上士幌町幌加
TEL: 01564-4-2163
入浴料:500円
営業時間:9:00~20:00
定休日:不定休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1)
内湯 (混浴3、女1)


スポンサーリンク


幌加温泉と湯元 鹿の谷について(地図)

北海道の道東の帯広から旭川に向かう途中、糠平湖から更に北上したところにある幌加温泉 (ほろかおんせん) はとても小さな温泉地です。

湯元 鹿の谷 (かのや) は幌加温泉で唯一の温泉宿です。

幌加温泉「湯元 鹿の谷」の体験記

湯元 鹿の谷へのアクセスと外観・館内、お風呂の種類

幌加温泉へは国道273号線から「幌加温泉」の看板を入り、坂道を登ると到着します。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

名前の通り宿の周辺にはたくさんのシカがいて、みんなこっちを見てくる顔がすっごくかわいかったです。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

【湯元 鹿の谷の外観】

1946年創業の老舗旅館で、現在は1泊2~4,000円の素泊まりのみのお宿。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

【湯元 鹿の谷の玄関】

こちらでスリッパに履き替えます。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

館内入って左側にミニロビーと受付があります。

湯元 鹿の谷には

・ 混浴露天風呂
・ 混浴内湯
・ 女性専用内湯

と、全部で3つのお風呂があり、4種の異なる源泉が自噴する源泉かけ流しの100%天然温泉です。

混浴内湯の画像付き口コミ

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

お風呂場へは玄関から続く廊下を直進します。

電気は点いていましたが館内は薄暗かったです。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

廊下のつきあたりが男女別脱衣所入口です。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【女性用脱衣所】

電気の付け方がわからず、かなり暗い状態の中で着替えました。

画像左のドアを開けると浴室になっています。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【混浴内湯】

浴室に入ると縦に3つの湯船が並んでいて、全て源泉が異なります。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

いちばん手前にあるのが「ナトリューム泉」

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

ナトリウム-塩化物泉のお湯は無色透明で、適温より少しぬるめでした。

ちなみに画像左のドアが女性用脱衣所からのドア、右が男性用脱衣所からのドア。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

まん中にあるのが「鉄鉱泉」

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

鉄泉のお湯も無色透明で湯温は適温でした。

気のせいか少~し鉄の匂いがしたような。。(思い込み??)

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

そしていちばん奥にあるのが「カルシューム泉」

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

カルシウム-硫酸塩泉のお湯はかなり熱めの湯温で、少し白っぽく見えました。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

カルシウム泉の湯船の縁は温泉成分でこんな風になっていました。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

窓は広くとられていて外の木々や山がよく見えるので明るくて解放感もありました。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

浴室奥には打たせ湯もあって、こちらはぬるめのお湯が勢いよく落ちていました。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

壁側に蛇口がついていますが冷水しか出なく、洗い場はありません。まさに湯治場といった雰囲気ですね。

混浴露天風呂の画像付き口コミ

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

混浴露天風呂へは内湯の打たせ湯横にあるドアから外に出ることができます。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

外に出ると砂利と石の道があって、ここを裸足で進みます。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

【混浴露天風呂】

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

10人位が入れる長方形の湯船です。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

眼下に川が流れる崖の上にあります。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

湯船の真ん中から無色透明の硫黄泉が注がれいます。

湯温は50℃あるんじゃないかというほどめちゃくちゃ熱く、1回に30秒入っているのがやっとで罰ゲームのようでした!(露天風呂は夏場だけ温泉伏流水を10%ほど加水して温度調節しています)

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

湯船からは川の対岸の木々や山々が見えて解放感バツグン!。

奥に見えるのは内湯がある建物。

幌加温泉 湯元 鹿の谷 北海道 日帰り入浴 混浴 露天風呂 画像

帰るときもシカさんのお尻を見ながらさようなら~。

【ミナの感想】

「鹿の谷」というだけあって、道中も宿の周辺もかわいいシカがたくさんいて楽しかったです。シカはのんびりと草を食べていて近づくとじっと見ているだけ、人によく慣れているんですね。

混浴内湯では昔ながらの雰囲気の1つの浴室で3つの異なる泉質が1度に楽しめて得しちゃった気分になりました。

混浴露天風呂は本当に熱かったですが夏は加水して温度調節されるそうですし、冬は外気も寒いですし雪を湯船に入れて適温にできそうですね。露天風呂からの景色は大自然を感じられてとっても気持ちよかったですよ。

「湯元 鹿の谷」の混浴難易度

内湯は湯船が並んでいるだけで隠れるところもないので、男性のお客さんがいたらかなり恥ずかしいかと思いますが、この日は男性はいなくて女性が多く入浴されていたのですごく混浴しやすい環境でした。

混浴露天風呂のほうは湯船の中央部分に半分くらい石の仕切りっぽくなっていたので、なんとなく隠れられます。

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【湯元 鹿の谷の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】  ★★★★★

スポンサーリンク


湯元 鹿の谷の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:内湯:ナトリウム-塩化物泉、カルシウム-硫酸塩泉、鉄泉 / 露天:硫黄泉
ph:不明
バスタオル巻き:NG
効能:胃病・とこづれ・打ち身・頭痛・高血圧・神経痛・胃病慢性気管支炎慢性皮膚病…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^