濁川温泉「新栄館」

住所:〒049-2462
   北海道茅部郡森町濁川49
TEL: 01374-7-3007
入浴料:400円
営業時間:8:00~21:00(要確認)
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

内湯 (混浴1、女1)


スポンサーリンク


濁川温泉と新栄館について(地図)

濁川温泉(にごりかわおんせん)函館から北に約60Kmの山に囲まれた濁川沿いに開けたカルデラ盆地に広がる江戸時代に開湯した穏やかで歴史のある温泉地です。

新栄館は創業が明治時代、歴史を感じる素晴らしい内風呂が楽しめる昔ながらの温泉旅館です。

濁川温泉「新栄館」の体験記

新栄館の外観と館内・お風呂の種類

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【新栄館の外観】

田園風景が続く道の先にある民家のような建物です。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

建物右側の新館から入りました。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

玄関を入ると右正面にロビーと自販機があります。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

玄関入って左側がフロントになっていて、こちらで入浴料を支払いましたが、本当は新館ではなく真ん中にある旧館から入るのが正解だそう。

新栄館には

・ 男性用内湯
・ 女性専用内湯

と、全部で2つのお風呂があり、全て源泉かけ流しの100%天然温泉で、女性が男性湯に入ることが可能な混浴内湯になっています。

混浴内湯(男性湯)の画像付き口コミ

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

混浴内湯 (男性湯) は新館玄関から受付を通り過ぎ、直進します。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

手すりも付いた廊下を道なりに進むと…

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

旧館につながっていて、いきなり世界が変わります!

こちらの旧館は創業の明治時代から残っている部分もあるそうです。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

こちらが旧館の受付で、本来日帰り入浴客はここで入浴料を支払います(この日はカーテンが閉まってましたが…)。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

旧館の廊下突き当りに浴室へ続く下り階段があります。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

歴史ある渋い階段です。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【脱衣所】

棚とカゴがあるシンプルな脱衣スペース。

ありがたいことに仕切り板があるので、女性も比較的安心して着替えられます。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【男性用内湯 (混浴)】

浴室に入ると素晴らしい湯船が3つ!

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

浴室の壁側に湯貯曹があって、ここから床の溝を通ってそれぞれの湯船にお湯が流れています。その距離によって湯温に差がつくように造られています。すごい!

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

浴室入って一番奥の湯船が入れるくらいの湯温になっていたので、とりあえずこちらに入浴。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

こちらの湯船だけは水を入れずにそのまま入浴できました。

1900年の開業当時から変わらないという岩をくりぬいた湯船は温泉成分で土のようになっていました。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

次に正方形の湯船に入ってみますが、湯温がかなり熱ので黒いホースから出ているお水を入れたら3分ほどで適温に。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

こちらの湯船が源泉からいちばん近く、いちばん熱いかと思ったら2番目に熱い湯船でした。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

お湯は湯底などの色で緑っぽく見えますが実際は無色透明で、少し油臭のする個性的なお湯でした。そして、小さな湯の花が少し舞っていました。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

いちばん熱い湯船がこちらでした。

黒ホースのお水だけでは足りず、壁側の水道からお水を出して調整中。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

源泉かけ流しの柔らかくやさしいお湯はお肌に浸透していく感じ。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

湯船から溢れたお湯は床の溝を流れていきます!

床も独特な色に!

この雰囲気、時が止まったようで本当に素晴らしいです!

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

湯貯曹の横が洗い場スペースになっていて、桶や石鹸が置いてありました。

女性用内湯の画像付き口コミ

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

女性用内湯へはフロントを背にして直進します。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

廊下を道なりに進みます。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

女性用内湯は新館2階にあります

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【女性湯の脱衣所】

男性湯とは全く別の新しい造りです。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

【女性用内湯】

シンプルな湯船。

濁川温泉 新栄館 北海道 日帰り入浴 混浴 画像

女性用内湯にはシャワー&カランに石鹸、ボディソープが完備されていました

【ミナの感想】

昔ながらの鄙びた湯治場の雰囲気が完全に私のハートに突き刺さりました!そしてガツンと熱いお湯と素朴だけどどこか風格のある湯船にとても強烈な印象を受けました。

やはり歴史のある浴室はどうしてこんなに妙に落ち着くのかな~。なかなか口では表現しずらいですが、本当に素敵な浴室とお湯でした。

老朽化が進んでいて新しくするというお話もあるようですが、この素敵な浴室はぜひ残してほしいです。

「新栄館」の混浴難易度

男性湯が混浴になっているお風呂の多くは女性はなかなか男性湯に行かないのですが、こちらの新栄館は女性もほとんどが男性湯を利用するそうです。というのも、男性湯と女性湯では泉質が違うからだそう。

脱衣所には一応仕切り板がるので着替えは比較的しやすいですが、浴室は湯船があるだけでそこまで広くもないので他に入浴されている人がいたら女性の混浴はかなり勇気がいります。

でも新栄館に来たら、女性の皆さんにもぜったい男性湯に入ってほしいです!

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【新栄館の満足度】 ★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】★★★★★

スポンサーリンク


新栄館の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^