羅臼温泉「熊の湯」

住所:〒086-1822
   北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
TEL: 0153-87-2111
入浴料:寸志
営業時間:24時間
定休日:毎朝5:00~7:00は清掃時間
駐車場:あり(無料)

露天(女1、男(混)1)

スポンサーリンク


『じゃらん』で羅臼温泉の宿を予約する

羅臼温泉と熊の湯について(地図)

羅臼温泉(らうすおんせん)は世界遺産にも登録された知床にある温泉です。

熊の湯は近くに熊が出没したことや、上流に熊越の滝があるということで命名されました。

熊の湯は町民有志の愛好会によって管理運営されている野天湯です。厳しく管理されているな野天湯で、漁師さんなどの地元のかたや近くにあるキャンプ場を利用している人たちを中心にいつも賑わっている温泉です。

羅臼温泉「熊の湯」の体験記

熊の湯へのアクセス

熊の湯は羅臼町にある知床横断道路(国道334号)上にあります。道路を走っていると羅臼川沿いに「熊の湯」という看板があるので、迷うことはないと思います。

熊の湯へは橋を渡って行くのですが、その橋の手前に駐車場があるのでそちらに車を停めます。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 共同湯 画像

対岸にある熊の湯が駐車場側からも見えます。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

「いで湯橋」を渡ります。

8時に行ったのですが、この時間でも前に男性の入浴者が2人歩いていました。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

橋を渡り、道なりに進むと…

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

今度は木造の小さな橋を渡ります。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

石碑の先に脱衣小屋があります。

手前が女性用で奥が男性用となっています。

もともと熊の湯は現在の男性用露天風呂しかありませんでしたが、1978年に女性用露天風呂が設置されました。基本的に男女別ですが、女性が男性湯に入るのはOKということです。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

毎朝5:00~7:00は清掃時間になっていて、この時間に来たら一般のお客さんもお手伝いします。

熊の湯-女性用露天風呂の画像付き口コミ

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

【女性用脱衣所】

入浴マナー十か条などが書かれているので、きちんと読んでから入浴しましょう。

脱衣所に書いてあったのですが熊の湯愛好会というものがあって、一度でも利用した人は自動的に会員となり、年会費(道具費)2,000円を支払うシステムだそうです。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

観光客などはもちろんそこまでしませんが、寄付金箱があるので感謝の気持ちを入れましょう。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

【女性用露天風呂】

2~3人がゆったり入れる広さの湯船です。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

女性用露天風呂は周りから見えないように板で囲われているので安心感はありますが、景色はよくありません。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

熱めのお湯はきれいな白濁湯で、さらりとした肌触りでした。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

女性湯にあるドアから男性湯に入って行けるようですが、常に人がたくさんいる声が聞こえて、結局入っていく勇気が出ませんでした。

熊の湯-男性用露天風呂の画像付き口コミ

日中は常にお客さんで賑わっていて男性用露天風呂に行くことができなかったので、夜遅くにもう一度やって来ました。

遅い時間でも人がたくさんいましたが、一瞬どなたもいないスキがあったので写真だけ撮らせていただきました。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

【男性用脱衣所】

女性用脱衣所入口にはドアがあるのですが、男性用脱衣所入口にはドアはありませんでした。

羅臼温泉 熊の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

【男性用露天風呂】

女性用露天風呂とは比べ物にならないくらい広い湯船で15人くらいは入れそうです。

そして、男性用露天風呂は仕切りがないので川のせせらぎ音がよく聞こえて、目の前の原生林を眺めながら入浴できます。自然を感じながらのびのび入浴できる素敵な露天風呂でした。

【ミナの感想】

熊の湯がこんなに人気があるとはびっくりしました。どの時間に行っても何人かは必ず入浴していて、駐車場がいっぱいになってしまう時間帯もあるほどでした。

女性用露天風呂は後からご好意で造られたので小さいのは仕方がないですが、男性用露天風呂と比べると景色も解放感も全く違うので、ぜひ勇気があれば女性も男性湯にチャレンジしてみて下さい!

「熊の湯」の混浴難易度

基本的に男女別になっていますし、常に入浴者がいるような人気のお風呂なので、いくら女性が男性湯に行くのはOKとなっていても実際女性が入っていったら男性もびっくりするでしょうし、それ以前に男性湯の声や混雑ぶりも聞こえるのでそんな状態で男性湯へのドアを開ける勇気はなかなか出ないと思います。

『じゃらん』で羅臼温泉の宿を予約する

【熊の湯の満足度】 ★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】★★★★★

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


熊の湯の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^