然別峡温泉「チニカ (ペニチカ) の湯」

住所:北海道河東郡鹿追町字瓜幕然別峡国有林
TEL: 01566-6-4034 (鹿追町役場)
入浴料:無料
営業時間:24時間
定休日:冬期は不可
駐車場:スペースあり(徒歩5分)

野天湯


スポンサーリンク


然別峡温泉とチニカ (ペニチカ) の湯について(地図)

然別峡(しかりべつきょう)は大雪山国立公園内にある唯一の自然湖、然別湖と背中合わせにある山峡で、数多くの野天湯群が点在していて秘湯ファンの間で有名です。

チニカの湯はペニチカの湯とも呼ばれ、どちらもアイヌ語だそうで、「チニカ」は「夢」と言う意味で温泉教授が付けられた名前、「ペニチカ」は「川鳥」という意味でチニカの前からあった名前だそうです。

どちらの呼び方でもいいそうですが、ここからは「チニカの湯」と呼ばせて頂きます。

然別峡温泉「チニカの湯」の体験記

チニカの湯へのアクセス

然別峡温泉 チニカ (ペニチカ) の湯 北海道 混浴 露天風呂 野天湯 画像

チニカの湯へはメノコの湯と同じで、テムジンの湯がある場所を過ぎてさらに先に進むと道の右下にダムが見えます。

この手前に駐車するスペースがあるので、そこに車を停めます。

然別峡温泉 ダム下の湯 北海道 混浴 露天風呂 野天湯 画像

途中まではダム下の湯と同じルートですが、途中このように左右に分かれる道が出てきます。

ダム下の湯はここを左ですが、チニカの湯は右方向に進みます。

然別峡温泉 チニカ (ペニチカ) の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

5分弱で川沿いに到着するのでここを右方向に進むとメノコの湯があり、メノコの湯を右手にして左方向の川に向かって降りて行くとチニカの湯に出会えます。

然別峡温泉 チニカ (ペニチカ) の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

メノコの湯を右手に見てそのまま左下に降りていくとチニカの湯に出会えます。

チニカ (ペニチカ) の湯の画像付き口コミ

然別峡温泉 チニカ (ペニチカ) の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

【チニカの湯】(ペニチカの湯)

崖下の湯の上流にあり、湯船の形が毎年変わるといわれています。

ものすごい湯気で硫黄の匂いもします!

然別峡温泉 チニカ (ペニチカ) の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

湯船の片側は大きな石が立てかけてあり、深さはかなりありますが実際にはお湯は半分も入っていませんでした。

然別峡温泉 チニカ (ペニチカ) の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

70℃はありそうな激熱無色透明のお湯が湯底からプクプク湧いていて、高温な然別峡の野天湯の中でも熱さはNo.1で、
すぐに温泉卵が作れそうです。

足を浸けてみましたが1秒が限界で、入浴なんて全然無理でした。でも、川はすぐ横なので川の水を多めに入れれば入浴可能です。

然別峡温泉 チニカ (ペニチカ) の湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

湯船の横上流側にはタオルが掛けられる手作りの物掛けがありますが、脱衣所はありません。

【ミナの感想】

無色透明のきれいなお湯が湯底から湧いていて、火傷しそうな熱さを除けば新鮮で入浴しやすいお風呂です。川のすぐ横にありますが、深めの湯船なのでお湯に浸かってしまうと川は見えずらいです。

チニカの湯はメノコの湯崖下の湯と並んでありますが、ちょっとだけ離れていて落ち着いた感じの風貌なので、他の然別峡野天湯群と比べてもよりのんびりと入浴できそうです。

「チニカ (ペニチカ) の湯」の混浴難易度

他の然別峡の野天湯と同じく脱衣所も隠れるスペースもないので、着替えがいちばんの問題です。ただ、手作りの物掛けの奥がちょっと隠れられるので、その辺で着替えるといいと思います。

人気のお湯のひとつだそうなので、夏など人が多そうな時期は女性はちょっと勇気が必要かもしれません。

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【チニカの湯の満足度】★★★☆☆
【混浴恥ずかしさ度】 ★★☆☆☆

スポンサーリンク


チニカ (ペニチカ) の湯の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^