然別峡温泉「ピラの湯」

住所:北海道河東郡鹿追町字瓜幕然別峡国有林
TEL: 01566-6-4034 (鹿追町役場)
入浴料:無料
営業時間:24時間
定休日:冬期は不可
駐車場:スペースあり(徒歩10分)

野天湯

スポンサーリンク


然別峡温泉とピラの湯について(地図)

然別峡(しかりべつきょう)は大雪山国立公園内にある唯一の自然湖、然別湖と背中合わせにある山峡で、数多くの野天湯群が点在していて、秘湯ファンの間で有名です。

「ピラ」とはアイヌ語で「絶壁」という意味があり、その名の通り絶壁のような所を降りていかなければいけない野天湯です。

然別峡温泉「ピラの湯」の体験記

ピラの湯へのアクセス

ピラの湯は崖下の湯の上流50mのところにあり、渓流沿いに歩いていきたいところですが、歩いて行ける経路がないので、一旦メノコの湯の更に上まで戻って、上流側に進む細道を進みます。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 野天湯 画像

細道を歩くとすぐ左側に中に入っていけるような道らしきものがあるので、こちらを川のほうへ入って行きます。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 野天湯 画像

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 野天湯 画像

こんな感じの道を進みます。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

突然眼下に湯船が2つ見えるので、そちらへ向かって降りて行きます。

ですが、ここが絶壁になっていて、画像右に見えますがロープがかかっているので、それをつたって降りて行きます。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

こんな急な絶壁で、「ファイト~!一発~っ!!!」と叫びたくなります。滑らないように気をつけて降りて下さいね。

ピラの湯の画像付き口コミ

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

【ピラの湯】

絶壁を降りてすぐにある渓流沿いの野天湯です。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

湯船も絶壁の下にあります。

手前 (下流側) は5~6人用サイで浅め、奥 (上流側) は4~5人サイズでさらに浅い湯船です。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

上流側の湯船の先の岩の割れ目から源泉が勢いよく流れていて、細いホースをつたって奥の湯船にも注がれるようになっていました。

源泉が湧く周りの岩は温泉成分で茶褐色に変色しています。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

上流側の湯船のお湯は60℃以上あって入浴できず、下流側も50℃以上ある熱さ

お湯は緑っぽくも見えますが、実際は茶色に白が混ざったような色でした。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

湯船からはダイナミックな川の流れを間近に見ることができます。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

2つ並んだ湯船から数メートル上流にもうひとつ湯船がありました。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

4人サイズ程の大きさで川から守られるように岩が外側から内側になって湯船ができています。

深さは60cmほど。

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

こちらの源泉も岩の割れ目からサラサラと流れ落ちています。

お湯は手前の湯船より白っぽく濁っていてぬるめだったので入浴できました

然別峡温泉 ピラの湯 北海道 混浴 露天風呂 無料 画像

川から1mほど上に湯船があって、渓流美を楽しめました。

脱衣所はありませんが、画像で湯船の奥にはタオルなどが掛けられる手作りの物掛けがありました。

【ミナの感想】

湯船へは急斜面の絶壁を降りて行かなくてはならないので、身軽な格好で行ってください。

川のすぐ真横で絶壁のすぐ下に湯船があるので、ダイナミックな湯あみができます。手前2つの湯船はお湯はかなり熱いので多くの場合は水を入れないと入れないかもしれませんが、いちばん奥の湯船はぬるめで長湯出来ました。

ただ、ヘビがたくさんいたり、夏はアブやブヨがいっぱいだそうなので気をつけてくださいね。

「ピラの湯」の混浴難易度

他の然別峡の野天湯と同じく、脱衣所も隠れるスペースもないので着替えがいちばんの問題です。荷物を置いておく場所もないので、着替えなどを入れておくビニール袋などを持参したほうがいいかもしれません。

崖上から湯船が見えるので、他に人が来たら恥ずかしいと思います。

湯船は浅いですが広さがあるので、他の入浴者がいてもそこまで恥ずかしくはないかも。

【ピラの湯の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】★★★☆☆

スポンサーリンク


ピラの湯の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^