奥藤七温泉「露天風呂」

住所:〒028-7302
   岩手県八幡平市松尾寄木北の又
TEL:
入浴料:無料
営業時間:24時間
定休日:冬期
駐車場:なし

野天湯


スポンサーリンク


奥藤七温泉について(地図)

奥藤七温泉の露天風呂は、東北で一番高い位置にある秘湯として人気の藤七温泉「彩雲荘」のすぐ近くにあります。

奥藤七温泉の体験記

奥藤七温泉へのアクセス(画像付き)

彩雲荘 藤七温泉 アスピーテライン

東北自動車道「松尾八幡平IC」の先で「アスピーテライン」「樹海ライン」という道を通るのですが、この2つの道は冬季閉鎖になるため「彩雲荘」も冬の間は閉館しています。

画像は5月上旬ですが、場所によってはまだ5mくらいの雪の壁がありました!

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

5月中でも夜間は通行止めになることが多いそうです。

アスピーテラインの八幡平頂上から樹海ラインには行って、2キロほど行ったところにある山間の野天湯が奥藤七温泉の露天風呂です。

ですが、いまいちよくわからなくて藤七温泉「彩雲荘」のかたに聞いてみたところ、「そんなの知らない」と。。

藤七温泉の先にお湯が張っていたのでそれについて伺うと、「あれはうちの源泉で激熱過ぎて入れないよ」と。「その先に湯船が一つあるけど、なぜか今年はお湯が溜まっていないなあ」とおっしゃったので、きっとその溜まっていない湯船が奥藤七温泉なんだろうと行ってみることにしました。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像
彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

藤七温泉の露天風呂を抜けて細道を歩いていきますが、すでに硫黄の匂いがハンパないです!

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

藤七温泉の源泉。

従業員さんのおっしゃる通りとっても熱そうで、源泉がブクブク湧いています。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

その先に確かに湯船らしき穴があいていて、底から噴気が出ているところがあります。

そっか~、お湯入ってないか~、とまぬけ顔で三脚立てて記念撮影中。

そして車で帰り際に山の上からもう一度見てみると、「あれ?」…さっき見えていなかった湯船らしきものが見えます!――ということで、道路沿いの車が停められるスペースに駐車して行ってみることに。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

ちゃんとした道ではないのでちょっとわかりずらいですが、確かに道らしきものはあります。かなり急な下り坂なので転ばないように気をつけてくださいね。

やっと見つけた奥藤七温泉

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

【奥藤七温泉】

歩いて2~3分で到着しました!

実はさっき私が来たカラの湯船のすぐ反対側にあったのです。。どうして気がつかなかったのでしょう

でもあのまま帰らなくてよかったぁ。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

見てください!このきれいな白濁湯

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

藤七温泉の源泉地帯と同じように湯底から源泉がプクプクと湧き出しています…ということは・・・

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

やっぱり足を浸けるものやっとなくらい激アツのお湯です!

奥に写ってらっしゃるのはほぼ同時期に来たご夫婦。みんなで何とかお湯に浸かりたいと奮闘中です。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

湯船の手前まで冷水が流れて来ているので竹筒にその水が流れるように接続してみますが、接続部分が壊れていて全部のお水を送ることが出来ません。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

何とか湯船にお水を注ぐことに成功!

でも湯船は広く、激熱なお湯を適温にするには1時間くらいかかりそうです。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

奥様「飛び込んじゃおうかしら」。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

私は奥様ほど勇気がないので、湯船の横にあった適温のミニミニ湯船で足湯をしました。

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

奥藤七温泉を見ながら足湯すれば、実際に入っている気分に♪

彩雲荘 藤七温泉 温泉 岩手 混浴 露天風呂 日帰り入浴 画像

ここはほんと気持ちよかったです。本来なら湯船が適温になるまで待っていたかったのですが、強い硫黄の匂いと湯煙、地面からの熱気にやられて足湯だけで退散しました。

【ミナの感想】

今回奥藤七温泉に来るのは2回目ですが、前回は完全に藤七温泉の源泉を藤七温泉と勘違いしていました。

奥藤七温泉のお湯は藤七温泉のお湯質と同じできれいに白濁していました。湯船のお湯は激アツで入浴できる温度ではありませんでしたが、もし竹筒から水が流れていたらきっと適温を楽しめたと思います。(おそらく接続部分が壊れていたので普段は竹筒から水が流れていて、今回たまたま激熱状態だったのかもしれません)

奥藤七温泉の混浴難易度

誰も来なそうな場所にありますが、高山植物などの散策で結構人が通るそうですし、車が通る上の道から湯船が見えて私たちがお湯と格闘中も「なにやってるんだ?」と停車している車も数台あったので、その時はちょっと恥ずかしいですね。

でもお湯は白濁していて人が通らなければ最高のお湯を楽しめますよ。

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【奥藤七温泉の満足度】★★★☆☆
【混浴恥ずかしさ度】 ★☆☆☆☆

スポンサーリンク


奥藤七温泉 露天風呂の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^