肥満傾向の人や高齢者になると健康診断の際、血液中のコレステロール値が高いと指摘されるケースが多くなります。コレステロールには「悪玉(LDL)」と「善玉( HDL)」があり、悪玉コレステロールは粘度が高く血液中でぶどう糖と結合して血栓になりやすく、血栓は成長してやがて血管内壁にこびりつき動脈硬化症や高血圧症などの健康被害をもたらします。しかし、本当はLDLって健康維持には欠かせない物質なのです…。
ldl-f

スポンサーリンク


コレステロールについて正しく知ろう!

コレステロールは脂質の一種であり、血液中には「悪玉コレステロール(LDL)」「善玉コレステロール(HDL)」の二種類あるということはよく知られています(*以下悪玉コレステロールをLDL、善玉コレステロールをHDLと記していきます)。一般的にはその名の通りLDL=悪さをするコレステロール、HDL=健康に良いコレステロールと認識されていますが、実はLDLも私たちが生きていく上では欠かせない物質なのです。このセクションではLDLとHDLの違いや働き、不足するとどのような健康被害をもたらすのかなどコレステロールに関する事柄について正しい知識を持っていただくための解説をしていきたいと思います。
ではまずLDLとHDLの違いですが、よく言われるのは
  • LDL:主に動物性脂肪で、融点が高く常温で個体である(ラードや牛脂など)
  • HDL:魚や植物から取れる脂肪の一種で融点が低く常温で液体である(DHA&EPAやオリーブ油など)
ということです。この「常温での状態」がコレステロールを悪玉か善玉かに分けるポイントとなります。その理由は融点が低い→「常温で液体である」ということは、人の体温で溶けても血液中で凝固しないからです。もし、融点が高く常温で個体となってしまうなら血液中で活性酸素と反応(酸化)して簡単に凝固し血栓となります。血栓は血管内壁にへばりつきそこで炎症を起こして動脈硬化症や血管炎を引き起こしたり、血液の流れを邪魔して内圧をあげ、高血圧症をはじめ狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳梗塞、動静脈瘤などの怖い病気の直接的な原因となってしまいます。それゆえにLDLは「悪玉」と呼ばれています。
akudama3-z
では、逆にHDLの場合はどうでしょう?
人体内の物質は性質によって主に二つに分けることができます。「水溶性物質(水に溶ける物質)」と「脂溶性物質(水に溶けずに油に溶ける物質)」です。栄養素は血液に乗って全身に運ばれますので消化吸収の際にはこの二種類の物質に変質させ最終的に小腸から吸収され、食物繊維みたいな水にも油にも溶けない物質は吸収されずに便として排泄されます。
HDLはコレステロール(脂質=油)なので血液中では脂溶性物質を溶かして運搬する役目を担っています。そしてもう一つの重要な役割がHDLを溶かして血栓ができないようにするという役割です。油で油を溶かすというのは日常生活の中でも石鹸や洗剤などに応用されている原理ですが、これと同じことが人体内でも起こっています。こうして、LDLが血栓にならないようにコントロールして血栓性の病気を予防してくれるのでHDLは「善玉」と呼ばれているのです。
zendamatoakudama-z
ところが冒頭の方で、“LDLも私たちが生きていく上では欠かせない物質なのです。”と説明しました。ここからは悪玉と呼ばれているLDLがどうして必要な物質なのかについて説明していきます。
私たちの体がおよそ60兆個もの細胞の塊であることはご存じのことと思います。その一つ一つの細胞は薄い細胞膜で覆われています。細胞膜は細胞を保護する役割以外にもミネラルなどの力を借りて浸透圧を調整し代謝に必要な物質のやりとり(栄養素と酸素を受け取り、老廃物と二酸化炭素を戻す)という重要な役割を担っています。実はこの細胞膜の原料となるのがLDLなのです。DHLのように融点が低い脂質ではすぐに液体となってしまうのでLDL膜のような丈夫な細胞膜を作り出すことはできません。つまり、LDLの「融点が高く常温では固体化する」という性質がここでは非常に重要になってくるのです。
また近年の研究によってLDLが不足すると認知症へのリスクが高まることも確認されています。過剰になると血栓となり不足すると細胞の機能が劣化したり認知症リスクが高まるなど非常に扱いが難しい物質ですが生きていく上では必須であるということがこれでお判り頂けると思います。
dna-f

コレステロールを増やす食材と減らす食材について

実際の血中コレステロールは約80%が肝臓で作られていますが、LDLとHDLの原料となる物質は食事で補われているので、食事によってコレステロールの血液濃度を調整することが可能です。このセクションではコレステロールを増やす食材と減らす食材を一覧表示して日々の食生活における参考にしていただきたいと思います。

LDL(悪玉コレステロール)を増やす食材

LDLは飽和脂肪酸という物質を主原料として作られます。したがって、LDLを増やす食材とは飽和脂肪酸を多く含む食材ということになります。
  • 肉の脂身
  • ソーセージやベーコンなどの肉の加工食品
  • チーズ、バターなどの乳製品
  • 油で揚げたインスタント食品(インスタントラーメンやスナック菓子、コロッケなど)
  • チョコレート
  • クッキーやケーキなどバターを使ったお菓子
  • ドーナツ など

HDL(善玉コレステロール)を増やす食材

一方のHDLは不飽和脂肪酸からできているのでHDLを増やす食材とは不飽和脂肪酸を多く含んだものになります。
  • サラダ油(大豆油、ごま油、菜種油、紅花油など)
  • オリーブオイル、グレープシードオイルなど
  • 魚介類(特に青魚)
  • 大豆加工食品(豆腐、油揚げ、がんもどきなど)
  • 味噌
  • 魚卵など
*現代では一般的な揚げ物はサラダ油を用いることが多いのですが、揚げ物の衣になる炭水化物と高温で混じり合うことで酸化し不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸に変質するため体内ではLDLの原料となります。

ポリフェノールがLDLを減らすというのは嘘?

体内でLDLが血栓化するプロセスをもう少し詳しく説明していきましょう。
冒頭の方で“悪玉コレステロールは粘度が高く血液中でぶどう糖と結合して血栓になりやすく…”と説明していますが、実はLDLがブドウ糖と結合する化学反応は「酸化」といい、「酸化」とは酸素と化学反応を起こすことなので、血液中では普通の酸素よりもはるかに変質しやすい活性酸素が中間物質として働きLDL値の上昇を促進させてしまいます。
そして近年にわかにこの活性酸素を減らす作用(抗酸化作用)が高いとして注目されている物質がポリフェノールです。ポリフェノールとは主に植物の皮などに含まれている色素のことで、果肉を紫外線から守る作用があることから「高い抗酸化力があり、活性酸素の除去効果がある」と考えられている物質です。
porifenoru-f
しかし、ここで大きな疑問が生じます。ポリフェノールが植物の皮に含まれている物質だとしたら、この抗酸化作用というのは“できてしまった活性酸素を減らす作用ではなく、内部で活性酸素が合成されないようにするための作用”なのではないか?という点です。そうでなくては紫外線を浴びる皮の部分にポリフェノールが集中していることの理屈が通らなくなるのです。もし、できてしまった活性酸素を除去する作用が高いとしたら果肉部には皮以上にポリフェノールが存在していないとおかしな話になってしまいますね。これはカテキン(緑茶に含まれる成分でポリフェノールの一種です)にも同様のことが言えます。
事実、世の中にこれだけポリフェノールやカテキン関連のサプリメントや機能性食品が出回っているにもかかわらず日本人の血中コレステロール値や肥満傾向が劇的に改善されたという報告はありません。本当にポリフェノールに言われているような高い抗酸化作用があるとすればLDL対策には有効ですが、今の所この説には疑問点も多いので研究成果を待つ以外になく過信は禁物ということになります。

本当はこんなに怖い!LDL不足が起こす健康被害の真実!

ではここからはLDLを悪玉だと決めつけるあまり節制しすぎて逆に深刻な健康被害を招くという、ちょっと怖いお話をしていきたいと思います。
LDLが細胞膜の原料となる物質であるということはすでに述べましたが、これだけでも単純に考えれば細胞膜機能の劣化を引き起こすことで「代謝効率が悪くなり老化が早まる」というリスクが考えられます。
しかし、LDL不足において一番怖いのは脳への悪影響です。脳は全体を大脳皮質という組織で覆われています。しかしこの大脳皮質は単に脳を保護するための膜というだけでなく、脳が司るあらゆる情報処理を制御するという“非常に重要な役割”も担っているのです。現在明らかにされている大脳皮質の役割を挙げてみると
<前頭葉部>
・思考力や判断力の制御
<頭頂葉部>
・空間認識能力の制御
<側頭葉部>
・「聴覚」「言語」「記憶」に関する情報処理
<後頭葉部>
・「視覚」からの情報処理
<左脳部>
・論理的思考: 知覚、思考、判断、意思、感情などの制御
<右脳部>
・感覚的思考:本能、自律神経、記憶の制御
nou1-f
などです。LDLが不足するとこの大脳皮質の機能が低下してしまうと言われていて、具体的な健康被害の症例としては、
  • 認知症
  • 記憶障害
  • うつ病、総合失調症
  • 不眠症
  • 勃起障害
などの脳神経障害や精神疾患への罹患リスクが上昇するということが判明し、アメリカの研究機関からは「LDL不足が死亡率を高める」との衝撃的なレポートも報告されています。これらの事実は、「LDLは悪玉」であるという認識を改める必要性を示唆しています。

LDLが怖いなら「高麗人参」!の理由とは

LDL不足は深刻な健康被害があることは上記の事実からも明らかですが、とはいえ摂りすぎても血栓化して血管を劣化させてしまうという非常に扱いに困るのがLDLという物質です。LDL対策とは二律背反する事態に的確に対処しないといけないという厄介さがあります。
一番理想的な方法は食生活を見直してLDLとHDLをバランスよく摂り、LDLが“増えすぎないようにする”ことなのですが、このさじ加減も素人には難しいですね。世に出回っているコレステロール調整目的のサプリメントは主にLDLを除去する作用を謳っているものばかりなので、これではLDL不足に陥る危険性があります。
では、どうすればいいかといえば、現時点で最適な選択肢は「高麗人参」を日々の生活に取り入れるという方法です。高麗人参は古来よりオールマイティな完全食品として珍重されていますし、現代においてもその有用性は科学的に立証されています。つまり、ミネラルやアミノ酸が高次元のバランスで配合されているので、「バランスの良い食事」+「高麗人参」の組み合わせで栄養バランス的にはほぼパーフェクトな状態にすることが可能です。
kouraininjin-f
事実高麗人参には
  • 活性酸素を追い出す
  • 脳の機能を維持
  • 精神状態を安定
  • 男性機能の維持
  • 「めぐり」を正常に維持
する働きなどが実証されています。これらはLDL値が理想的なバランスで働いている状態と同じと言えます。このことからも高麗人参の導入によって適切にLDL値が保たれていることがわかりますね。
高麗人参の持つ上記の働きについてはまた別途詳しく説明していきますが、「めぐり」や脳の機能維持のためにLDLと高麗人参は良好な関係を築けているということがよくわかります。古来よりオールマイティな薬と言われてきたのにはちゃんとした根拠があるというわけです。

まとめ

今まで健康面では完全に悪役扱いされてきた悪玉コレステロール(LDL)ですが、実は生きていく上では必要不可欠な物質であるということがご理解いただけたと思います。特に高齢者は認知症や自律神経の乱れ、更年期障害などのリスクが高くなるので、若い時以上に悪玉コレステロールが重要な役割を担うことになります。

しかしながら消化器機能や代謝機能が落ち込む中高年にとって動物性脂肪を取り続け、さらに取りすぎにならないように善玉コレステロール(DHL)を多く含んだ食材を食べ続けるというのはとても大変ですし、難しい理論も要求されます。
しかし、高麗人参を日々の生活に取り入れ、少しだけ栄養バランスに気をつけた食生活を送ることで悪玉コレステロールのバランスも良好に保たれるのですから、ぜひ高麗人参を取り入れて日々の健康維持にお役立てください。
以 上 
PR

悪玉コレステロールのバランスサポートにこちらをどうぞ

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「神秘の健康力」というサプリが圧倒的に売れていることが分かりました。今現在7年連続で売り上げ首位です。
「神秘の健康力」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。