食生活などライフスタイルが欧米化し、文明の発達とともに患者数が増えてきた現代病のひとつが「アトピー性皮膚炎」といわれています。かつては成長過程の子供がかかりやすいホルモン代謝異常からくる皮膚炎と考えられてきましたが、現代では大人もかかる病気であることが判明し、大人の場合一度発症すると有効な完治方法が確立されていないことから副作用の強いステロイド治療薬が用いられる難病です。
ところが、アトピーの完治方法が確立されていない大きな理由としてはこの病気が「体質に依存している病気」であるから、ということが挙げられます。体質に依存する病気の平癒には体質を整えるのが有効的なのですが、元来外科的治療法がメインである現代医学では実はこの分野が未開の領域なのです。そこで、体質の見直しに重きを置く漢方の世界でオールマイティな薬として名を馳せた高麗人参の存在が大きくクローズアップされることになります。

スポンサーリンク


なぜアトピーは治らないのでしょう?

アトピー性皮膚炎という言葉が最初に登場したのは1933年のアメリカでのことです。その後日本では戦後になってから広まり、高度成長期頃には「子供がかかる原因不明の皮膚炎」として一般的にも認知されるようになりました。この頃のアレルギー性疾患(アトピーや気管支喘息)は子供に症例が多く、その原因は成長過程で見られるホルモンバランスの異常に環境的な要因(大気汚染や水質汚濁、有害な化学物質など)が作用して発症すると考えられていました。なぜなら子供がかかるアレルギー性疾患は成長と共に症状が自然消失するケースが多かったからです。
ところが現代の皮膚科学会が出しているガイドラインによれば「アトピー性皮膚炎」は
表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患である
と定義されています。
少し小難しい表現なので噛み砕いて説明すると、「アトピー性皮膚炎というのは皮膚の表面に炎症や掻痒(そうよう)感を伴う症状を起こし、本来肌が持つバリアー機能に異常が生じる慢性的なアレルギーの一種であり、その原因は非常に多岐にわたる」となります。つまり、年齢性別に関係なく発症する原因不明(あるいは原因の特定が極めて困難な)炎症性の皮膚炎の総称であるということになります。
子供のアトピーが成長と共に軽快していくのはホルモンバランスが落ち着くことで免疫機能が完成し、いろいろなアレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)に対し抵抗力がつくからで、逆説的に言えばすでに免疫系が完成している大人が発症するアトピーはそれだけ治療が困難であるということになります。
kayui-f
それではここで今一度ガイドラインにあるアトピーの原因に注目してみましょう。「多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群」とあります。「多彩な」とか「慢性に経過する」とかいかにも難治性を連想させる単語が散見されます。「特異的アレルギー反応」とはアレルゲンが特定されている場合を意味していて、その前の「非特異的刺激反応」とはアレルゲンが特定されない状態でなんらかの外的な刺激がストレスとなり発症するという意味ですから、結論として“アトピーとは原因不明の病気である”ということになります。
しかしながらこれらのことは「医学的には原因不明」ということで、アレルギーを引き起こす原因は必ず何かが存在します。それは「内的要因」なのかもしれないし「外的要因」であるかもしれません。または両方が関係しているということも考えられます。
ここでいう「内的要因」とは身体内部の異常のことで
  • 神経の異常
  • 脳の異常
  • 内分泌系の異常
  • 代謝異常
など主に脳と自律神経の異常が大きく関係していると考えられます。
一方の「外的要因」とは
  • 有害物質や花粉、ハウスダストなどの特定可能なアレルゲン
  • 温度差
  • 衣服等への接触
  • 食べ物
  • 化学薬品
  • 金属…etc、etc
などありとあらゆるもので、これらの中からアトピーを起こす物質を特定するとするなら「ひとつずつ原因を潰していく」しか方法はないということになります。
atopi

アレルゲンを特定するための確実で唯一無二の方法とは?

現代でもアレルゲンを特定する血液検査はありますが、これらは症例数の多い代表的なものに限定されていて、人によっては今の検査方法では特定できないアレルゲンの存在があっても当然という状態なのです。
また血液検査で陽性反応が出たアレルゲンを特異的アレルゲンと断定したとしても果たして本当にそれだけが原因だろうか?という疑問も残ってしまいます。現にアレルギー体質の人は複数のアレルゲンに対し陽性反応を示す傾向が強いので、当然のこととして検査として確立されていないアレルゲンにも陽性反応を示す可能性の方が高いと考えるのが自然です。
plus-f
ただし一つだけ確実にアレルゲンを特定していく方法があります。それが「そのアレルゲンを排除することで皮膚炎が治るかどうかを調べる方法」です。その代表的な方法が「グルテンフリー法」と呼ばれるやり方です。
「グルテン」とは小麦に多く含まれている物質で、小麦アレルギーの人は大体このグルテンという物質にアレルギー反応を示します。そこで、小麦アレルギーが強く疑われる場合は生活の中から極力小麦を排除した生活を(目安として)2週間送って症状がどのように変化していくかを細かく観察していくというやり方になります。食べ物の中から小麦を徹底的に排除することで2週間後に症状が軽快していけばその患者はグルテンアレルギーであることがわかります。
komugiguruten-f
ところが小麦は加工食品には含まれていないものを探す方が難しいぐらい頻繁に利用されている食材ですから、グルテンフリー法を行うには家族の協力は不可欠になりますし、生活空間の中に小麦を持ち込めないため、本人だけでなく家族や周囲の人たちの心理的なストレスも大きくなります。
このように症状からある程度アレルゲンを予想して、長い時間をかけて徹底的に日常生活から排除していけばやがてはアレルゲンを特定できることは間違いありませんが、前述したようにアレルゲンは一つとは限らないので、極端な話をすれば地球上のありとあらゆるもの(中には水にすらアレルギーを示す例も報告されています)に対してこの「◯◯フリー法」を実践しなければならないということになり、そんなことは時間とコストの面から考えても極めて非常識な方法であることはいうまでもありません。

現代医学でのアトピー治療のスタンダードはステロイド治療薬、しかし…

上記のように現代医学ではアトピーの原因が特定できないため、治療は困難を極めます。そこでとりあえず手っ取り早く皮膚炎(炎症反応)を鎮めるために処方されるのが「ステロイド治療薬」です。「ステロイド」とは内分泌系ホルモンの一種で、人の体内でも合成される物質です。かつては合成ステロイドは副作用が大変強く、短期的な効果は期待できても長期的には他の健康被害の方が問題視されていたため、投与には慎重を要する薬でした。
その時代に比べると現代では副作用の少ないステロイド治療薬も開発が進んでいて、以前よりは気軽に処方可能になったとされていますが、もともと人の体内でも合成される物質とはいえアレルゲンが千差万別である以上そのステロイドが重度のアレルギー体質の人にとっても安全な薬であるという保証はどこにもありません。
いや、むしろ薬である以上多かれ少なかれ副作用はあるのです。治験で多くの人にとって副作用が少なかったとはいえ、皮膚科学会のガイドラインにも定義されているように、アトピーの原因物質の特定は極めて困難なので、処方の際にはやはり慎重を要する薬であることには変わりありません。
cream-f
またステロイド治療薬はあくまでも皮膚に起こる炎症反応を鎮めるための対症療法として処方されるものですから、これが根本的な治療法にはなり得ないのです。
一般的にみて副作用が少なくなったステロイドが開発されたことでアトピー治療におけるスタンダードの地位にありますが、その危険性や「根本治療に関しては無力」であることを医師側も患者側もしっかりと認識すべきでしょう。場合によってはステロイドの副作用から過敏症が進み、新たなアレルゲンが現出する危険性も排除できないのです。

高麗人参とホメオスタシス(恒常性)について

アトピーが現代医学ではまだまだ難治性の病気である以上、体質を見直してホメオスタシスを向上させることで症状を落ち着かせるのが唯一の解決方法であると考えられます。
ホメオスタシスとは「生体恒常性」という意味で、体内のバランスを整えることで病気などに対する抵抗力を鍛え、病気や怪我からの回復する手助けをしたりケアする力を高めるという意味で、もともと漢方などの東洋医学や西洋のハーブ療法などはこの概念がベースとなります。
というよりも、ホメオスタシスという言葉が誕生したのが1930年代とされているので、この概念を提唱したW.キャノン博士は東洋医学やハーブ療法への造詣が深かったと考える方が自然ですね。何れにしても自然に抗(あらが)うのではなく、自然の恩恵から抵抗力を強める物質を取り入れて健康状態を維持するという考え方になります。
up-f
人間の体は血管と神経を通じておよそ60兆個もの細胞が接続している一大ネットワークですから、障害を生じている一部分に着目してその原因を取り除くことと、全体のバランスを良好に保つことが健康維持のための対の車輪となるのです。
今までの日本の医療はどちらかといえば障害を生じている一部分にのみ着目してその原因を外科的処置で取り除けばそれで「治った」とされてきましたが、実際には後遺症や予後の悪さから他の部位に悪影響が出るということもあるので、後遺症のケアや予後をよくするためにはホメオスタシスの考え方がとても重要になってきます。そういう意味ではここ数年来、漢方の働きの高さが現代医学のなかでも見直されつつあり、単一の病気や怪我に着目するのではなく、症状が出る前にケアするという予防医学にも注力され始めています。
そこでホメオスタシスという観点から漢方を考えた時、数ある生薬のなかでも最も歴史があり、その働きの強さに於いては昔も今も色あせていない最強の存在が「高麗人参」であるといえます。特に高麗人参に豊富に含まれているサポニン(ジンセノサイド)がもたらす健康維持力は絶大で、「めぐり」を良くする力と活性酸素と戦う力によって代謝を鍛えてウィルスや病原菌などと戦う力をつけることが確認されていますので、体質に依存する症状にはもちろんのこと、そのような症状に悩んで精神的に弱って体調がすぐれない人にも高麗人参は一役買う、というわけです。
以 上 
PR

心身共にスッキリしたいあなたに!!「高麗人参サプリメント」がオススメ

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「神秘の健康力」というサプリが圧倒的に売れていることが分かりました。今現在7年連続で売り上げ首位です。
「神秘の健康力」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。