冷えることで血液の循環が悪くなり、新陳代謝の衰え、免疫力の低下を招きます。特に冷えは女性にとっての天敵であり、婦人科系の疾患を招く要因にもなりやすいことです。
更年期障害の症状を悪化させたり、婦人病を招きやすい体質にするのは、冷えることが原因であると考えられています。最近体が冷えやすくなったと感じるのは加齢によるもので、「温活」といって日頃から身体を温めようという意識をした言葉も生まれたように更年期近くになると積極的に体温を上げ体を温めるような働きが特に大切です。
今回は、自分を温めるということをテーマに取り上げ、温めることの重要さや簡単にできる温めのセルフケアについて、お話しを進めていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害は温めることで改善できる

寒がる女性

体を冷やすことで、私たちには様々な不調が起こりやすくなります。逆に考えてみると、体を温めることで更年期障害の不快な症状を緩和させたり心身の不調を避けることもできるのではないでしょうか。
冷えは男性よりも女性に起こりやすいと言われています。手足などの末端が冷えやすく低体温になりやすいのは、女性の身体の構造が冷えやすくなっているからです。
ここでは、ガンを例にとってお話しを進めていきましょう。
ガン細胞は、高温に弱く35度台の低体温が好みです。ガンの細胞は体温が低い場所で最も喜んで増殖します。そして、このがん細胞がガン化しやすいのは、空洞があり、体から飛び出している場所であり、肺、乳房、卵巣、子宮、食道、胃、大腸といった臓器で起こりやすくなります。女性には女性特有の臓器もあり、体の中も冷えやすい構造になっているのです。
更年期障害の症状が起こる原因である女性ホルモンの減少は、加齢に従っておこる卵巣の老化が原因です。その老化を少しでも遅らせ卵巣の機能を維持していくには、出来るだけ体温を上げて冷え性にならないような生活を意識することが大切です。体を温めることは更年期障害の緩和につながります。

体を冷やさない、温めるためのセルフケアとは

冷えが引き起こす体調不良や更年期障害は、体を温めることで予防、改善していきましょう。身近にできる簡単なセルフケアの方法をご紹介しますので積極的に体を温めるようにしましょう。

運動をする

女性は男性より筋肉の量が少なく、体内の熱を作りにくいとされています。また、加齢に従って筋肉量は衰えていくため、更年期ではより意識して運動を取り入れていきたい年代になります。

体内の熱を上げるには、特にふくらはぎなどの足の筋肉を鍛えて血液のめぐりを良くすると体が温まりやすくなります。ウォーキングや階段上り、つま先を上げ下げしてふくらはぎを鍛えるような運動も効果的です。就寝前は、不眠の原因につながるので激しい運動は避け、ゆっくりストレッチなどを行うといいでしょう。

服装にも注意する

普段の着るものによっても、冷え対策を行うことができます。体が冷えやすい時には丈の短いスカートやパンツ、薄着は出来るだけ避けるようにしましょう。素足もおススメできませんので、靴下やストッキングを履き、肌を露出しないように心がけます。

体を締め付けるようなサイズの洋服も血行を悪くし冷えを招きやすくなります。ベルトはきつく締めず、ゆったりとした服装で冷えがひどいときには、腹巻などを活用して内側からも温めるようにしましょう。

食べ物、飲み物で調整する

食べ物や飲み物にも、体を温めるものと冷えるものとがあります。体を温める食べ物や飲み物を知り、冷えが気になる時は冷たいジュースやアイスなどは控えて温める食べ物を意識して摂るようにしましょう。

体を温める食べ物

北の方の海で摂れる魚、赤身の肉、根菜類、豆類、冬が旬の野菜、寒い地域でとれる果物、みそやしょうゆなどの醗酵食品の調味料

体を温める飲み物

体を温める作用のある、ほうじ茶、紅茶、ワイン、日本酒、発酵している飲み物などを取り入れるようにする。

コーヒー

ぬるめの湯船にはつかる

冷え性の予防、改善にはシャワーだけの入浴はおすすめしません。ぬるめの温度の湯船に長めに入るようにしましょう。入浴しても湯冷めしやすいので、ゆったりと芯まで温まりましょう。入浴後はすぐに着替えて、入浴後に体が冷えないような対策を取ることも大切です。

お腹を温める

冷え性というと手足を温めるイメージがありますが、体全体を温かく保つならお腹を温めることも効果的です。腹巻やカイロ、湯たんぽなど利用し温かい下着を着用するなどしてお腹を冷やさないようにしましょう。

リラックスする

緊張したり、ストレスでイライラしたような状態が続くと、血管が狭くなり血流が滞ります。その結果、冷えやすい体を招いてしまうので、気持ちが疲れているときは好きな音楽を効いたりテレビを見たりしながらリラックスする時間を作りましょう。
大きく深い深呼吸をすることも、リラックス効果を高めます。

まとめ

体が冷えるということは、更年期に差し掛かる私達にとって良いことは何一つなさそうですね。寒い季節になると足の冷えが気になり、数年前から靴下の重ね履きを始めるようにしました。靴下を履いているときはもちろん暖かいのですが、脱いでしまうとたちまち冷えてしまいます。

体の根本の冷えは改善されていない証拠ですね。体が温かいと心も温かくなり、イライラすることも少なくなるような気がします。体も心も冷えないような生活を心がけていれば、更年期障害の諸症状も気にならなくなってくれそうですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが高麗人参です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。

今現在、高麗人参サプリで8年連続で売り上げ首位なのが、「神秘の健康力」というサプリメントです。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。他の商品とは全然実感力が違いますので。