友達との会話中、仕事のやり取りの中で、急に舌がもつれたようになりうまく話すことができない、思うように言葉がでない、こんな経験をしたことはありませんか?
このような状況のことを、ろれつ(呂律)が回らないと言い表し、ろれつが回らないとは言葉の調子が乱れ言葉がはっきりしないということを指します。会話をしていた途中で急にろれつが回らなくなると、恥ずかしくなったり焦って戸惑ってしまいますね。
お酒を飲んで酔った時にろれつが回らなくなることもありますが、飲酒をしていない日常で起こると脳の異常や何かの病の影響ではないかと心配にもなります。
ろれつが回らないという症状は加齢とともに起こりやすくなり、ちょうど女性の更年期と言われている40代半ばあたりで感じ始めるケースも多く、更年期障害との関係も疑われます。
そこで今回は、ろれつが回らないという症状の原因を探り更年期障害との関係をまとめていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害の影響は?ろれつが回らないことの原因とは

頭をかかえる女性

ろれつが回らない、舌がもつれてうまく話せないという症状は、舌がスムーズに動かなくなることによって言いたい言葉が相手に伝われなくなります。人が話をする時は脳から神経や筋肉に指令が出て、指令に従って舌や口が動くことで言葉を発することができます。
しかし、ろれつが回らないという時は、言葉を話すために動かす舌や口などの機能が正常に働かず、顔面、脳、神経、舌や口を動かすための筋肉などに異常が起きている可能性があります。
異常が起こる原因としては、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管の障害、話すための筋肉を動かす神経に関わる病のパーキンソン病や多発性筋炎などの病が考えられます。
更年期世代に入り、ろれつが回らない症状を感じると更年期障害による影響では?と考えてしまいますが、更年期障害の症状が引き起こしているというよりは、更年期世代で起こりやすいライフイベントや生活習慣の変化によるストレスや疲労、精神的な不安が原因になっている可能性の方が高くなります。
強い疲労感やストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、様々な心身の不調が重なりろれつが回らなくなるというケースも見られるからです。
ろれつが回らないという症状が長く続く、症状が重くなる、頭痛を伴ったり、しびれを感じる、他の部位にも症状が出ている場合は、重い病が関係している前兆であることもも考えられるので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

接客業をしていた時、ろれつが回らないことがあり恥ずかしい気持ちになったことがあります。当時、寝不足が重なりストレスも感じていたので、そのことが原因だったように思われます。

更年期障害との関係は明らかではありませんが、日々ストレスのない生活を送ることが更年期障害の予防にも、ろれつが回らない症状の改善にもつなっていきそうですね。ろれつが回らない、言葉が出てこないという症状は、ストレスだけでなく脳の病の前触れのケースもあるので、安易に考えずに速やかに対応するようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが高麗人参です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。

今現在、高麗人参サプリで8年連続で売り上げ首位なのが、「神秘の健康力」というサプリメントです。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。他の商品とは全然実感力が違いますので。