30代後半になると女性は体のあちらこちらに原因不明の不調を覚えるようになります。
そして「もしかして、ついに私にも更年期障害が?」と思われる人も多いでしょう。
更年期障害とはホルモンバランスの乱れからくる自律神経失調症の一種で、多彩な心身症状を起こすようになりますが中でも主なものとしては
  • 倦怠感
  • やる気が出ない
  • イライラして怒りっぽくなる
  • 汗が止まらない
  • ホットフラッシュ(顔が紅潮する)
  • 肩や首がこる
  • 便秘
などが挙げられます。
女性の更年期障害は自覚症状が辛く、多くの女性が苦しむことになります。
しかし、早めに対策を立てておけば自覚症状が軽い状態のまま抑え込むことが可能です。
今回は早期の更年期対策についてしっかりと解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


40代女性が感じる更年期障害の初期症状について

40代頃になると女性が感じる「あれ?これってもしかして…」と思う体調不良に多いのが「更年期障害」です。

なかでもホルモンバランスの乱れに体が追いついていない初期症状は辛い健康被害が多いのでこのパートで集中的に説明していきましょう。
医者

プレ更年期とは

日本人の平均的な更年期障害の開始時期とは50.5歳ころと言われています。
しかし、中には「プレ更年期」と呼ばれる30代〜40代前半で発症するケースがあります。

プレ更年期では本格的な更年期障害に突入する前の「初期症状」と呼ばれる自覚症状がありますので、今あなたがプレ更年期に差し掛かっているかどうかをセルフチェックしてみましょう。

プレ更年期のセルフチェック

Q01.寝汗が多くなり、寝不足になりがちな上によく朝起きるのが辛い

Q02.朝からやる気が出ない

Q03.日中家事や仕事中に強い動悸に見舞われる

Q04.上半身は暑く、下半身は冷える時がある

Q05.動きが緩慢になったような気がする(何をやっても動きが遅い)

Q06.汗をたくさんかくようになった

Q07.物忘れが多くなった気がする

Q08.料理が面倒になり惣菜が多くなった

Q09.お風呂に入るとふわふわするようなめまいがする

Q10.寝不足でイライラする

これらの症状が「どれか一つでも当てはまったら」更年期障害の初期症状が出ている可能性があります。
更年期障害は急激なホルモンバランス異常によって引き起こされるため、体が慣れていない初期症状では突然のことで自覚症状自体強いものに感じることが多いようです。
ただし、プレ更年期で上記のチェックシートの項目のどれかに引っかかる程度ならまだ症状としては軽い方なので、なるべく早い段階で適切な対策を講じると良いでしょう。
チェックをする赤い鉛筆
女性の更年期は閉経に向かう自然な老化現象です。
したがって更年期障害は一度発症すると閉経を迎えるまで症状が劇的に楽になるということはありません。むしろ時間の経過とともに辛くなる一方です。
そのための有効な対策を今回は講じていきたいと思います。

50代が経験する本格的な更年期障害の症状とは

閉経を迎えるための本格的な身体バランスが崩れる年代が50代と言われています。
したがって50代で経験する更年期障害とは中期〜後期の更年期障害になります。

実は更年期に具体的な年齢というのは存在しない?

統計を取ればプレ更年期は40代前半〜、中後期の更年期障害は50代〜60代前半、閉経を迎えるのは60代前半が最も多いので、更年期とは40代後半から60代前半を指す言葉として使われがちですが、実は「更年期」には明確な年齢の定義がありません

びっくりマークと指
それでは更年期障害をもっと正しく知るために「更年期」という言葉の意味を知っておきましょう。
更年期という言葉を分解すると「更に年を重ねる時期」という意味であることがわかります。
つまり体内のホルモンバランスが変わり「老人」に向かう過渡期のことなのです。体内のホルモンバランスは個人差が有りますので、中には更年期障害をまったく経験しないで閉経を迎える人もいます。
したがって「更年期」という言葉に明確な定義は持たせられないのです。ざっくりと言って40代後半から体調を崩し、60代中頃で体調不良が落ち着く人が多いので大体このぐらいの年代を更年期と呼ぶのが一般化したのです。

中後期更年期障害で起こりやすい症状について

50代で経験する更年期障害は中期〜後期の健康被害です。
前のパートで紹介した初期症状については適切な対策を立てていればだいぶ軽減されているはずですが、ホルモンバランスの乱れから生じる更年期障害は多彩な症状を有しています。

そこでこのパートでは中後期の更年期障害で起こりやすい症状を一覧にしていきますので、これからの参考にしていただきたいと思います。
*初期症状も適切な対策を講じていなければ症状が悪化していき、そこに中後期の症状が加わるので注意してください。

中期更年期障害症状一覧(主に交感神経優位になりすぎると出てくる症状がメインです)

・ホットフラッシュ:顔がほてる症状
・多汗
・イライラして怒りっぽくなる

後期更年期障害症状一覧(エストロゲンの減少からくる代謝異常が多くなります)

・肥満傾向
・動脈硬化症
・脳梗塞、心筋梗塞などの血栓性疾患
・高血圧症
・頻尿
・膣乾燥
・肌トラブル

などです。

初期更年期障害と妊娠の類似性

更年期障害は「ホルモンバランスの乱れ」からくる体調不良であるということはこれまでの説明でおわかりいただけたと思います。

しかし、晩婚化が進んでいる現代では30代〜40代にかけて起こるホルモン異常による体調変化はプレ更年期以外にもう一つ考えられます。
それが「妊娠」です。
妊婦の女性
妊娠初期にも
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下腹部の違和感
  • 不定愁訴(イライラしたり不安感が大きくなる)
などの体調不良が起こります。
年齢的に見てももしかして更年期障害?と思って婦人科を受診したら思わぬ形で子宝に恵まれたことを知る女性も多い様です。

更年期障害かと思ったら実は・・・混同しやすい病気について

かつて更年期障害は老化現象の一つとして病気としては認められていませんでした。
ほおっておけばやがては治る」と思われていたのです。

しかし、実際には辛い自覚症状が長く続くので自律神経に悪影響を与えることと、
更年期障害だと思っていたら実は違う病気だった
ということもありえない事ではありません。更年期症状の自覚症状だと思い「年齢からくるものだから」と放置していたら重大な疾患を見落とすこともあるのです。
このパートではそんな「更年期障害の自覚症状と間違えやすい病気」について説明していきたいと思います。
指さす医師
更年期障害の自覚症状とよく似た症状を持つ疾患一覧
(更年期障害の症状)→(病気名)

・火照り、のぼせ→高血圧症、心臓病
・月経異常→甲状腺機能異常、子宮筋腫
・手足や腰の冷え→貧血、低血圧、心臓病、ノイローゼ
・手足のしびれ→脊椎の障害、関節リウマチ、下肢静脈瘤など
・頭痛→甲状腺の病気、くも膜下出血、脳腫瘍、脳梗塞、眼疾患、鼻の疾患、歯周病、虫歯、耳の病気、高血圧症、肩や首のコリなど
・疲労感、倦怠感→ウィルス性肝炎、肝硬変などの肝臓疾患、貧血、腎盂炎、腎機能障害など
・めまい→メニエル病、特発性難聴、低血圧症、高血圧症、脳腫瘍、内耳炎など
・耳鳴り→特発性難聴、メニエル病、中耳炎、うつ病など
・むくみ→心臓病、腎臓病
・頻尿、残尿感→膀胱炎
・肩や首の強いコリ→高血圧症、心臓病など

この様に更年期障害と思っていたらおもいのほか重症度の高い病気であるという可能性は否定できません。
しかし、全体的な割合からするとこのような重症度の高い病気を発症している割合はそれほど高くないので、過度の心配は無用でしょう。
不調を感じたらまずは自分でできる早めの対策をとることが重要です。
そしてそれでも体調が回復しない時は診察を受けるように心構えをしておけば、体調不良に対する不安も和らぎます。「体調不良になるとすぐに病院に行かなければならない」というのもストレスになります。忙しい時はまず自分でできる対策を立てる様にしてみてください。

更年期障害にはどうしてこれだけ多くの症状があるのか?について

疑問を感じる女性

ここまでの説明を読んでいただいていれば、更年期障害がどのような病気で、初期症状としてはどのような症状があるのかを把握していただけたと思います。
そこでこのパートでは「更年期障害のメカニズム」について説明し、どうして多彩な症状を見せるのかについて勉強していきたいと思います。
自分が更年期障害だという疑いが確信に変わりつつある人は特にこの病気についてきちんと知る事で自分で対策を立てることも可能になっていきます。

更年期障害のメカニズム

女性の体は思春期・妊娠、出産、閉経と男性に比べると各年代にわたってホルモンバランスの乱れによる影響を受けやすいといえます。
特に40代にさしかかると卵巣の機能が低下し始め、「プレ更年期」と呼ばれる時期にさしかかります。この年代では更年期障害の「初期症状」が出やすくなる時期です。

その主な原因は「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの産生量が急激に減り始めることにあります。
そう、女性の更年期障害の原因は女性ホルモンであるエストロゲンの産生量が急に減る事で全体的なホルモンバランスも大きく崩れるからなのです。(エストロゲン以外の性ホルモンも次第に産生量を減らしていきますがエストロゲンが最も大きく産生量を落とします)
これは閉経に向けての準備段階に入った事を意味しています。つまり、女性の更年期とは「閉経に向けてのプロセス」を意味しているのです。

エストロゲンができる場所

エストロゲンは主に卵巣で作られていますが、自然と作り出されるわけではなく脳の視床下部にある脳下垂体と呼ばれるところから出る指令を受けて作られています。

更年期以前の正常な状態では脳下垂体からの指令と卵巣からのフィードバックがスムーズに行われ必要な量のエストロゲンが作られます。
しかし更年期になると卵巣機能が低下するため、脳下垂体からの指令を受け取っても必要量を作る事が出来なくなってしまい、また次第に卵巣からのフィードバックもなくなっていくため、次第にエストロゲンを作れという指令が出なくなってしまい完全閉経を迎えるのです。

更年期障害の影響

エストロゲンは女性らしい体型を作り出したり、妊娠出産を可能にする以外にも、副交感神経(入眠中やリラクゼーション状態にあると優位になる自律神経)に作用して日中に受けた心身の傷を癒すために働くホルモンで別名を「癒しのホルモン」と呼ばれています。

このためエストロゲン不足になると副交感神経もそれまでよりも活動が鈍ってしまい、メンテナンス機能が十分に働かなくなるため多彩な自覚症状をきたす様になるのです。
体調の悪そうな中年女性
これが「更年期障害」のメカニズムになります。ただし副交感神経に作用するエストロゲンは高齢者や男性にも必要なものなので、副腎と呼ばれる臓器を覆う副腎皮質からも分泌されています。
しかし、その量はごく微量であり、女性の場合は卵巣で作られるエストロゲンに大きく依存しているため加齢による卵巣機能の低下が更年期障害を引き起こすトリガー(引き金)になるのです。

更年期障害の治療方法(セルフメディケーションを中心に)

更年期障害は老化現象の一種なので、以前は病気という位置付けではありませんでした。女性ならば閉経に向けて多くの人が何らかの自覚症状を覚えるのは自然の摂理なのです。

ただし、自覚症状には個人差がありますので、よほど重くて辛い自覚症状を感じている人は無理をしないで婦人科を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。
しかし、それほど症状が重くない人や何となく自覚症状を覚えているような比較的軽症の場合はセルフメディケーション(病院に行かずに市販薬などを使って自分でケアする方法)で対処することも十分可能な方法です。
病院に行くというストレスはかからないので、本格的な治療を受けるよりも症状の改善が早い場合もあります。
セルフメディケーションには
  • 市販薬
  • サプリメント
  • 運動療法
  • 漢方薬
  • 食餌療法
があるので、それぞれの方法について説明していきましょう。
説明する医師

市販薬

現在女性の更年期障害向け市販薬には幾つかの種類が売られています。合成成分に生薬を配合したタイプで一般医薬品としてドラッグストアや薬局で購入することができます。

一般医薬品の場合、処方薬よりも成分配合が少なく、効果はそれほど強くありません。したがって人によっては効き目が弱いと感じることもあります。加えて医薬品であるため副作用へのリスクはついて回るというのが最大のデメリットとなります。
したがって、セルフメディケーションとしてはもっとも一般的な方法ですが、その分薬の種類も多くどれを選べば良いのかわからないというデメリットもあり、実際に行おうとすると難しい面もある方法です。

サプリメント

市販薬に次いでメジャーな更年期障害対策がサプリメントを導入する事です。女性の更年期サプリメントとしては「大豆イソフラボン」を主成分としたものがメジャーです。
大豆イソフラボンは天然型のエストロゲン(フィトエストロゲン)とも呼ばれていて、女性の更年期には産生量が落ち込むエストロゲンの代わりに補給することで更年期障害の症状を和らげる効果があるとされています。

しかし、欧米では大豆イソフラボンサプリメントには女性の更年期障害に対する改善効果はないということが発表されており、特にサプリメント先進国のアメリカでは更年期サプリメントとしてのイソフラボン関連サプリメントは発売されていないという現実があります。
他にもプラセンタエキスコエンザイムQ10などが更年期サプリメントとして人気がありますが、いずれも近年になって登場してきたものであり臨床的なデータの蓄積が乏しく、より確実な効果を期待するには疑問点が残るところです。
特にプラセンタエキスに関しては人型のプランセンタエキスは医療用しか許可されておらず、サプリメントには豚など他の動物や植物プラセンタが配合されていることが多くなります。
サプリメント

運動療法

更年期障害で婦人科を受診した時にも医師から勧められるセルフメディケーションの方法がこの運動療法と後に紹介する食餌療法です。更年期障害が老化現象の一種であることは既に説明した通りですが。
老化現象の主な原因は血流障害による代謝不良になります。

運動療法では運動習慣を身につける事で筋肉量を増やし代謝を上げて肉体の老化を防ぐ事を目的として行なわれます。そのため老化現象である更年期障害への抑制効果も高いと考えられているのです。
ウォーキングやストレッチなどの軽めの有酸素運動に加え、チューブエクササイズアイソメトリック(自分の体重を利用した筋トレ)を活用して安全に筋肉量を増やす習慣を身につけると良いでしょう。

漢方薬

古くから女性の体調不良対策として人気のあるのが漢方薬です(加味逍遙散など)。
合成薬=西洋薬とは違い生薬メインで作られている医薬品なので、副作用へのリスクが低く、薬が合えば高い効果が期待できます

ただし、漢方薬とはいえ国からは医薬品に指定されているため、合成薬ほどではないにせよ副作用は存在します。
また漢方薬は体質によって効果の出方が大きく変わってくるため、簡単に薬局やドラッグストアで購入出来る漢方薬が自分に合うかどうかの判断は素人には難しいでしょう。加えて服用は食前や食間が多く、飲むタイミングを逃しやすいというのも導入が難しい理由の一つとなります。

食餌療法

食餌療法(食事療法とも書きます)とは食生活を見直して更年期障害の自覚症状を和らげるための対策です。上記の運動療法と合わせて婦人科でも更年期障害対策として指導される事の多い効果の高い方法になります。

基本的に人間の体は食事によって消費された栄養素を補いながら生きていくという構造になっているので、食事によって健康をサポートするのは非常に理にかなった方法であるといえるでしょう。東洋医学でも古くから医食同源の考えが重要視されてきました。
食餌療法はこれ単独で行うよりも運動療法と合わせることでより確実な効果を発揮します。
そのため筋肉量を増やすための良質なタンパク質(魚肉や赤身肉、ささみなど)に血流を良くするといわれている生姜やにんにく、血栓予防効果の高い魚介類、海藻類、きのこ類、大豆食品などを中心とした高タンパク低カロリーな健康食を心がけ、三食きっちりと食べることが重要となります。

プレ更年期対策としてもう一つの選択肢とは?

前のパートを読んでいただくと分かる通り、プレ更年期のゆらぎ対策としては

  • 運動療法
  • 食餌療法
が有効である事がお分かり頂けるとおもいます。
紹介する医師
しかし、この二つは実際に行ってみると思いの外大変であることがわかります。
特に運動療法はただでさえ疲労感や倦怠感が強い時にはサボりたくなりますし、食餌療法にしても1日三食毎回毎回健康食の献立を考えるのは大変です。
しかも40代といえばまだまだ育ち盛りや伸び盛りのお子さんがいる家庭も多い事でしょう。子供とは別メニューを作るとなると考えただけでもうんざりしてしまいますね。
そこで試してみたい「ゆらぎ対策」が高麗人参です。漢方の世界や薬膳でも既におなじみの食材です。
高麗人参には
  • 独自成分ジンセノサイドによる調整力
  • 薬膳としてイキイキとした若さを保つための豊富な栄養素
  • ハリと潤いのある生活を諦めない方のためのめぐり改善パワー
が凝縮されています。
また、医薬品や漢方薬、更年期サプリメントと比べてみても
  • 自然食品なので副作用の心配がない
  • 長年和漢の世界では万能の妙丹として重宝されてきて、その効果は近年科学的に立証されている
  • 既に漢方薬の成分として広く用いられているが、単独で摂取することによって高麗人参の持つ栄養素やパワーを余すところなく取り入れることが出来る
といったメリットがあります。
プレ更年期のゆらぎ対策としてあれこれ迷うよりまずは高麗人参を試してみるというのはいかがでしょうか?

まとめ

30代後半〜40代前半はプレ更年期と呼ばれる年代で女性にとっては辛い更年の悩みが現れ始める年代でゆらぎ期とも呼ばれています。
最初はあれ?と思う程度のちょっとした不調でも後々辛さが増していくので、この時期から注意と対策を怠らないようにしたいものです。

ゆらぎ期の不調はめぐりの悪さから来るもので、
  • ぐったり
  • 肩や首がカチコチ
  • ちょっとしたことでもイライラ
などを感じるようになります。
そこでこうしたゆらぎ期の不調を調整しめぐりを改善する作用が高い「ジンセノサイド」を含んだ食材「高麗人参」を毎日の生活に導入するというのはいかがでしょうか?
あれこれ悩むならこれ一つでゆらぎ期の悩み解消をサポートしてくれる高麗人参のパワーをお試しください。
以 上 
PR

ひとつで何度も美味しい高麗人参サプリメントで更年期対策

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います