朝起きたら顔がパンパンに腫れてむくんでいる、目がむくんで開かない、足がむくみ靴がきつい、手がむくんで動かしにくい…など、むくんでいる日はなるべく人に会いたくない気持ちになり美容を意識する女性に対して、むくみは思わずため息が出てしまう大敵です。
すねなどの、むくんだ部分を指で数秒押してへこみがもとに戻らない状況であると、むくみが起きていると考えられます。むくみが招く症状は日常でもよく見られることかもしれませんが、むくみの裏には何らかの病が隠されているサインの場合もあり、放置しておかず予防や改善をしていきたい症状です。
まず、むくみがどうして起こるのかを正しく理解し、適切な方法で解消していくことが大切です。そこで今回はむくみという症状を取りあげ、セルフケアをはじめ効率よく解消していく方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


むくみ(浮腫み)が起きてしまう原因とは

むくみに悩む女性

むくみとは、血流に伴って静脈やリンパ液が詰まり、流れが滞った時に現れる症状です。血液中の水分が何らかの影響によって心臓へ戻らず、全身や皮膚の下に蓄積することが原因です。
特にむくみが起こりやすい部位は顔と手足で、筋肉量とホルモンバランスの違いによって男性より女性に、また高齢者に多く見られます。
次にむくみを引き起こすと考えられる直接的な原因をご紹介します。

塩分の過剰摂取によるもの

塩分を多く摂ることで喉が渇き、自然と水分を余計に摂取したくなります。また、余分な塩分と水分を摂ることで塩分の血中濃度が高くなり、腸内にある水分が血管へと押し流されます。

すると血管内の血液量が増加し余分な水分は血管の外へ浸出し皮下脂肪へと水分が溜まることになり、むくみを引き起こします。梅干しやラーメン、味噌汁、ハム、かまぼこやはんぺんなどの魚の練り製品には塩分が多く含まれているので、食べ過ぎには注意しましょう。

アルコールの飲みすぎによるもの

お酒を飲み過ぎた翌日はむくみを感じる経験も多いのではないでしょうか。アルコールを摂取すると血中のアルコール濃度を下げようと体は水分を体内に溜め込もうと働き、体内の水分量が高まりむくみにつながります。
また、アルコールを分解させるために水分を摂り過ぎたり、塩分の高いおつまみの摂取もむくみの症状に影響を与えます。

運動不足の生活が影響

むくみは血行が悪かったり、血流が滞ることでも起こりやすくなります。運動不足で筋肉が弱ると水分を押し戻すポンプの役割が低下し、血行や代謝不良を生みむくみにつながります。

ホルモンバランスの乱れが影響している

女性の身体は、ちょっとしたことでホルモンバランスが乱れやすくなります。ホルモンバランスが乱れると腎臓の水分を排出するコントロール機能がうまく働かなくなり下半身などがむくむ原因になります。

また、生理前のプロゲステロンの分泌が盛んな時期には妊娠に必要な栄養や水分を体内に溜め込もうとする働きが起こり、子宮に受精卵が着床しやすい環境を整えるように働きまる。このことも、生理前に起こりやすいむくみの原因となります。

体の冷えが原因

体の中の冷えている部分は、血管が収縮し細くなり血流やリンパの流れが悪くなっている状態です。水分や老廃物が排出されず蓄積しやすくなり、むくみの原因となってしまいます。

骨盤のゆがみによるもの

大腰筋が弱ると内臓が通常ある位置よりも下がったり、骨盤が安定せずゆがみの原因になります。骨盤がゆがむと下半身の血流が悪くなり、血行やリンパの流れが滞りむくみや冷えを引き起こしやすくなります。

長時間の同じ姿勢によるもの

立ちっぱなし、座りっぱなしなど長時間同じ姿勢でいると心臓から一番遠い位置にある末端の脚に疲労が溜まりやすくなり、筋肉が硬直することで体液の循環も悪くなりむくみにつながります。また、足だけでなく手の部分もデスクワークや調理関係の仕事が影響し、循環が滞ると二の腕にセルライトが付きやすく腕が太くなる原因にもなります。

腎臓などに疾患を持っている場合

様々なむくみの原因の中でも、病気が原因によって起こるものもあります。体内の不要な水分や老廃物の量を調整している腎臓に何らかの疾患がある場合は、腎臓の機能は低下し水分調整がうまくできないことで、むくみが起こりやすくなります。腎臓に疾患が考えられる場合は、まず顔むくみの症状が現れやすくなります。

むくみを防ぐセルフケアとは

元気な女性

むくみを予防し改善させるセルフケアをご紹介しましょう。
●ふくらはぎのマッサージや運動を取り入れる
むくみを防ぐポンプ機能を十分に働かせてあげるように、ふくらはぎを心臓に向かってさすり上げたり、つま先で立ちかかとを上下させるようなふくらはぎの運動を取り入れてみましょう。
●入浴の際には体をゆっくりと温める
入浴する際には、シャワーだけでなく湯船にしっかり浸かり血行を良くしておきましょう。体の冷えは、むくみを招く原因になるので、入浴後も体を冷やさないように工夫しましょう。
●利尿作用の高い食べ物や飲み物を意識して摂るようにする
余計な水分がむくみの原因になることから、水分を溜め込まないように利尿作用のあるコーヒーや紅茶、ハーブティーなどの飲み物を飲み水分を外へ排出させるようにしましょう。体内の塩分、水分を調整するカリウムを多く含んでいるトマトジュースや野菜ジュースなどの飲み物が効果的です。
また、食べ物では同じく利尿作用の高いカリウムを多く含む、イモ類やきのこ類などの食品がむくみ対策におすすめです。
●就寝時には足を20cmほど高く上げる
一日中同じ姿勢でいたり長く歩いた翌日は足がむくみやすくなります。そんな時には就寝時に足枕をして足を高く上げておくと老廃物は下半身に溜まりにくくなり、翌朝でみむくみが解消されます。特に足枕が用意できなくても、タオルなどを利用して段差を作って眠るだけでも効果は得られます。
ご紹介したようなセルフケアを行っても改善されない場合は、腎臓に疾患が隠されている可能性もあるので、速やかに病院での診察を受けるようにしましょう。

手軽にむくみ(浮腫み)を解消してくれる素晴らしい成分とは

ケースに入ったサプリメント

見た目の印象も左右してしまうむくみは、年齢とともに起こりやすくなることから普段から手軽に出来る方法で対策をしておきたいですね。
そこでご紹介する高麗人参は、古くから不老長寿の漢方として人のとの役に立ってきています。含まれているサポイン群には体内のめぐりを促し血液の流れをスムーズに整える働きが高く、また、女性にとって乱れやすいホルモンを安定させ腎臓の機能も活発にすることから、むくみの予防、改善に取り入れる方も多い成分なのです。
含まれている成分からの安定した効果を得るには、手軽なサプリメントを取り入れることがおススメです。

まとめ

今日は大切な用事があるという朝、顔がむくんでいるとショックで慌ててしまいます。むくんだ顔で人相も悪くなり、蒸しタオルなどで応急処置を施しますが、加齢とともにむくみが解消がされにくくなってきました。

特に水分を多く摂ったわけでもないのにむくみことが多くなり、食生活以外にも何らかの対策をしなければならないと感じています。また、私の母は更年期の頃、むくみがひどく通院もしましたが原因が分からず。結果、腎臓の機能を低下させる大きな病が隠されていたことが数年後に分かりました。
このような例もあることから、むくみくらいと安易に考えずに、あまりにも改善されない場合は早めに医療機関を受診するようにしましょう。
以 上 
PR

むくみセルフケアには高麗人参がぴったり

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「神秘の健康力」というサプリが圧倒的に売れていることが分かりました。今現在7年連続で売り上げ首位です。
「神秘の健康力」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。