ナットウキナーゼはその名の通り「納豆」から抽出される酵素であり、ネバネバの元となっている成分です。大豆やその加工食品は健康食品として有名ですが、ナットウキナーゼは納豆からしか作られないということがわかっています。

そして、なぜ今この成分が注目を集めているかというと、この酵素には血栓を溶かす作用があるということがわかったからです。血栓とは血管内部にできる血の塊のことで、血管壁に張り付いて少しずつ大きくなっていき、やがて
  • 高血圧症
  • 動脈硬化症
  • 心筋梗塞、狭心症
  • 脳梗塞
をはじめとする様々な病気を起こす元凶となります。血栓が原因で起こる病気のことを「血栓症」あるいは「血栓性疾患」と呼んでいます。血栓は血の巡りを悪くして深刻な健康被害をもたらすため、十分なケアが必要になります。今回はこの血栓を溶かすという新成分ナットウキナーゼについて説明していきたいと思います

スポンサーリンク


話題の新健康成分ナットウキナーゼについて

納豆

ナットウキナーゼは伝統的な日本の健康食「納豆」から抽出・精製される酵素のことです。須見洋行博士によって発見、命名されました。大豆食品や大豆加工食品はもともと健康食として認知されてきましたが、ナットウキナーゼは納豆からしか抽出されません。これは納豆の製造方法に謎が秘められていると考えられています。
納豆は煮た大豆に「納豆菌」を仕込み発酵させて作られます。この「納豆菌」の存在がナットウキナーゼを作り出しているのではないかと考えられているのです。
現在ナットウキナーゼには血栓溶解効果血液サラサラ効果があり、アスピリン療法の代替医療品としての効果が確認され、医療業界やサプリメント業界からおおいなる注目を集めています。また最近の研究ではアルツハイマーの発症に関連しているというアミロイド繊維を変性させる効果があることも解明されています。

血栓は万病のもとと言われる理由について

ナットウキナーゼが大きくクローズアップされるようになった理由の一つが「血栓溶解効果」があるということです。ところで、「血栓」と聞いてそれが何かをきちんと理解されている方はあまり多くないように見受けられます。したがってこのセクションでは知られざる「血栓」とは何かを説明していきたいと思います。

血栓とは

血栓(けっせん)は血管内部に出来る“血の塊”のことです。ほとんどの血栓はLDL(悪玉)コレステロールが活性酸素と結合することで出来る「酸化LDL(過酸化脂質とも言います)」が原因となってできています。

LDLコレステロールは主に動物性の脂質のことで、代表的なものがラードや牛脂やバターになります。この三つの脂肪の共通点としてみられるのは常温(25度前後)では個体になっているということです。人の深部体温はだいたい37度〜38度の間なので、この状態では緩めのゲル状もしくは液体という形状になります。
食事として摂取したLDLコレステロールは小腸から吸収され、血液中に溶け込み様々な物質の原料として消費されていきます。ところが「活性酸素」が大量に作られてしまうと血液中のコレステロールと結合し、「酸化LDL」となります。コレステロールには酸化すると固まる性質があります。
空気に触れているバターの表面が変色して硬くなってしまったのを見たことがある人も多いと思いますが、酸化LDLはまさにこの変色し、硬くなった状態のことなのです。これと同じことが血管内で起こっているのですからちょっと怖い感じがしますね。
ただ、血液内で生じる血栓はカチカチに固まっているのではなく、ゼリー状の硬さ程度といった方が正確です。これは血液中には水分が多く、空気中で酸化する油脂に比べると生じる「酸化LDL」内にも多く水分を含んでいるからです。また血栓となる段階で血液中の凝固成分で血管壁にとりつきやすいフィブリンを取り込み、大きく成長していきます。
そして血管壁に生じた血栓は成長を続け、やがて血管内で瘤のようになり血液の通り道を細くして血流を妨げます。この状態が「高血圧症」や「血栓症」と呼ばれる病態になります。

注意のマーク

血栓症について

それではここで、「高血圧症」と「血栓症」の違いについて説明していきましょう。高血圧症とは血栓に限らず色々なことが原因となって日常的に血管の内圧が上昇してしまう病気です。

血管の内圧を上昇させる原因には
  • 血栓
  • ストレス(血管を収縮させる作用があります)
  • 動脈硬化症(血管壁が劣化することで肥厚し、内圧が高まります)
  • 血糖値の上昇(血液の粘度が高まり、容積が増えることで血管を圧迫し血圧が上昇します)
  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 便秘
  • 妊娠
  • 感染症
  • 運動(心拍数が上がることで血流が増し一時的に血圧が上昇します)
  • ガンや良性腫瘍(腫瘍が血管を圧迫し血圧が上昇します)
などがあります。したがって「血栓症」は高血圧を引き起こす原因疾患の一つであり密接な関連性があるということになります。
では、「血栓症」と呼ばれる病気には具体的にどんな種類があるのかを見ていきましょう。
  • 血栓性動脈硬化症:

血栓が張り付いている部分は血管細胞が劣化しやすく部分的な動脈硬化症を誘引します。

  • 心筋梗塞、狭心症:

どちらも冠動脈という重要な血管に血栓ができ激しい胸痛や呼吸不全を起こす疾患です。この二つを総合して「虚血性心疾患」と呼んでいますが、心筋梗塞になると冠動脈が高度な閉塞を起こし心筋が壊死し始めている状態なのでより重症度は高くなります。

  • 脳梗塞:

脳血管に血栓ができ狭窄を生じて脳に十分な酸素と栄養素が行き渡らなくなることで機能不全を起こす病気です。日本人の死亡原因のトップ3常連の極めて重症度が高い疾患と言えます。

  • 下肢静脈血栓症:

腰付近から下の太い静脈に血栓ができ、下半身に十分な血液が行き渡らなくなる病気です。しびれや冷感、末端冷え性などが主な症状ですが、進行すると下半身麻痺や壊死などを起こす重症度の高い病気です。

  • 動静脈瘤:

動脈や静脈に血栓が大きく育った瘤が生じ、血流が阻害され様々な健康被害を起こす病気です。血管が裂けてしまう場合もあり、この場合は「解離性」という言葉が頭につきます。突然ショック状態となる危険性があり、発見後は緊急手術が行われる場合の多い症例です。

  • エコノミークラス症候群:

狭い空間に長くとどまって同じ姿勢をとることで下肢に血栓が生じ、次に動いた拍子に血流にのって肺動脈まで血栓が移動し、そこで詰まりを起こしてショック状態となり意識消失や呼吸不全、心不全を起こす重症度の高い病気です。
近年飛行機のエコノミークラスを利用する人が増えるに伴い患者数が急増している病気ですが、長時間座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事の人も比較的かかり易い病気なので十分な注意が必要です。下肢に血栓が生じやすくなる時間の目安はだいたい6時間程度と言われています。

このように「血栓症」には直接死因となる病気がいくつもあり、単独の病名として日本人の死亡原因第1位は「ガン」と言われていますが、上位には「脳梗塞」「虚血性心疾患」などがあり、「エコノミークラス症候群」も近年患者数が急増しているなど、「血栓症」全体でみればガンを超えているという統計もあり、決して楽観視できるような病気ではないということになります。
説明する医師

なぜ血栓は出来てしまうのか?そのメカニズムを解き明かす

「血栓は万病のもとと言われる理由について」のセクションでも軽く触れていますが、ここで今一度「血栓」ができてしまうプロセスについてもう少し詳しく説明していきましょう。

血栓ができるには幾つかのタイプがありますが、主な原因は「LDL(悪玉)コレステロール」と「活性酸素」です。
パターンとしては血液内皮にプラークができて酸化するパターン(パターン1)と、血管が傷つき修復される過程で「しつこい」血栓ができてしまうパターン(パターン2)が多いので、わかりやすくするためにそれぞれのパターンをフローにして説明していきましょう。

パターン1の場合

1.食べ過ぎや運動不足によって血液中のLDL(悪玉)コレステロールの値が増える

2.LDLコレステロールが血管の内皮に入り込んでくる

3.血管内皮に侵入してきたLDLコレステロールを白血球(マクロファージ)が異物とみなし攻撃を加える

4.白血球の攻撃によって活動を停止したLDLコレステロールが固まりとなり血管にこびりつく

5.このLDLコレステロールのいわば“死骸”がプラークとなり、血栓の元になる

6.今度はプラークに活性酸素が作用して酸化する

7.プラークに新たなブラークや血小板、フィブリン、LDLコレステロールなどが次々と取り付き血栓が大きくなる

パターン2の場合

1.血管が傷つく(微量な内出血は珍しいことではありません)

2.血管を修復するために破損部に血液を凝固させる成分である血小板やフィブリンが取り付き、傷を塞ぐ

3.この時、フィブリンの固まりが出来て血管が完全にふさがるまで保護する。

4.通常なら血管が完全にふさがった時点でプラスミンというフィブリンを溶かす作用がある物質が作用し、フィブリン性の血栓を溶かす。

5.しかし、血流障害や自律神経の異常などの理由でプラスミンの分泌が正常通りにいかないと、いつまでも残っているフィブリン性血栓に血液中のLDLコレステロールや活性酸素と結合した酸化LDL、血液中のほかのフィブリン、血小板などが次々と取り付いていき、大きな血栓へと成長していく。

他にも幾つかのパターンがあるのですが、多いのはこの二つのパターンになります。違いは血栓ができるきっかけだけで、できた血栓が大きくなっていくプロセスは同じということがわかります。
そして両方のパターンに登場するのが「LDLコレステロール」と「活性酸素」です。このことから「LDLコレステロール」と「活性酸素」量のコントロールが血栓を予防するためには非常に重要な鍵となるのです。

ナットウキナーゼの効能とは?

頭に?を浮かべる女性

これまでにもナットウキナーゼが血栓を溶かすという話をしてきましたが、ここではどれほどの効果があるのかについて説明していきましょう。実は、一口に「血栓を溶かす」といってもいろいろな作用があるのです。
  • フィブリンを溶かす作用:

これまでにも何度か登場してきた血栓の主成分とも言える物質です。LDLコレステロールを活性酸素が変性させた、「酸化LDL」が原因となってできる血栓を大きくするのがフィブリンです。フィブリンには「フィブリンのり」というニックネームがあるぐらい血液を凝固させる力が強いのです。

  • プロウロキナーゼを活性化させる作用:

血栓溶解酵素ウロキナーゼの前駆体がプロウロキナーゼです。これが活性化することで血栓溶解成分がたくさん作られることになります。

  • プラスミノーゲンアクチベーターの量を増やす作用:

もう一つの血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織(工場みたいなものだと考えてよいでしょう)がプラスミノーゲンアクチベーターです。製造工場が増えることでプラスミンの産生能力が向上するということになります。

  • ・PAI-1を分解する作用

血栓溶解成分の働きを鈍らせるのがPAI-1と呼ばれる物質です。この物質を分解することで血栓溶解成分の作用がよりスムーズになります。

ナットウキナーゼは本当に健康成分なのか?デメリットは?

何かと悪者扱いされている血栓ですが、まるでできないと今度は止血ができなくなってしまい、ちょっとした怪我でも失血死を招くことになります。問題は血栓ができすぎてしまうことで、本来は血栓を作り出す物質と溶かす物質とのバランスが絶妙な状態で維持されているのが理想的なのです。

では、ナットウキナーゼだけを過剰摂取した場合はどうなるでしょう?血栓は溶解されることになりますが、実は「溶血」や「貧血」に対するリスクについてはあまり研究されていないのが現状です。
事実、食品としての納豆にはナットウキナーゼ以外にも血液を凝固させるのを促進させる成分「ビタミンK2」が含まれていて、溶解作用と凝固作用がバランス良く働くようになっています。
ナットウキナーゼからはビタミンK2が除去されているので、血栓溶解作用だけがクローズアップされることになります。
また、ナットウキナーゼはできてしまった血栓を溶解する作用は高くても、血栓を予防するという作用については十分に検証されていません。さらに、血栓をどこまで溶かすのかについても臨床的な検証は不十分とも言われています。
これは、はがされた血栓が完全に溶解されなければ“残った血栓のカスが脳血管に詰まると脳梗塞を起こすことになりますし、冠動脈に詰まれば不安定狭心症や心筋梗塞を招く”原因になりかねないことを示唆しています。
また、仮に完全に溶解してしまうほどの強い作用があった場合、血液中の他の成分について悪影響が生じる可能性も否定できないのです。
もし、現在血栓ができてしまっているとしたら、エコノミークラス症候群や脳梗塞のように突然発作を起こしてショック状態になる危険なケースも多々あります。したがって、まずは医療機関で治療を受けることを優先させるべきでしょう。

ナットウキナーゼを効果的に摂取する方法

おすすめする医師

血栓症を予防するには何と言っても「めぐり」を改善し、LDL(悪玉)コレステロールの量をコントロールすることに尽きます。また、ストレスを軽減し活性酸素ができにくい状態にすることも効果的な方法です。
ナットウキナーゼの「詰まりをできにくく」する能力に関しては十分な検証ができていないと前述しましたが、しかし、ナットウキナーゼ以上に血栓症対策に適した成分がないことも事実です。そこで、ナットウキナーゼを効果的に摂取できるサプリメントを一つ紹介しておきます。

販売16年目の大ロングセラー「納豆博士」

ナットウキナーゼ一筋16年という筋金入りの会社が出している「納豆博士」というサプリメントです。
ナットウキナーゼは納豆を食べるのが一番手っ取り早いのは間違いありませんが、匂いがキツいのと、必要な量のナットウキナーゼを摂取するためには納豆パックを毎日3パックくらい食べ続ける必要があります。
そんなの非現実的ですよね。ですので、効果的にナットウキナーゼを摂取するために「納豆博士」を紹介させていただきました。