今や男性用の増大系や精力サポート系サプリのほとんどに配合されているのが「アルギニン」という成分です。その主な理由はアルギニンの血流改善効果にあり、ペニスへの血流量不足で起こる勃起障害の改善と予防効果の高さは広く認知されています。
一方でアルギニンには成長ホルモンを活性化させる作用があり、摂りすぎると異常な臓器の機能亢進を起こし、胃痛や下痢、あるいは体内のウィルスが増えるときの成分としてアルギニンが利用されることもあり、感染症の悪化を招く可能性があるため過剰摂取は危険であるとも言われています。
アルギニンは精力系サプリメントやエナジードリンクには必ずと言って良いほど配合されている成分ですので、過剰摂取になりやすく1日の適量摂取をしっかり守ることが健康維持や勃起障害改善のためには重要となります。
energydrink-f

スポンサーリンク


アルギニンの本当の役割について

男性向けの精力剤や増大系サプリメントでおなじみの成分が「アルギニン」です。そのイメージが先行してなんとなく「男性向けの成分」という印象で語られがちですが、実は人間の体内でも合成されるアミノ酸の一種で男女ともにもともと持ち合わせています。アミノ酸とはタンパク質を合成する原料となる物質で、人体内では合成されないアミノ酸を「必須アミノ酸」、逆に合成可能なアミノ酸を「非必須アミノ酸」と呼び、アルギニンは「非必須アミノ酸」に分類されます。つまり私たちの体は複数のアミノ酸が複雑かつ絶妙なバランスで組み合わさってできていることになり、アミノ酸は「肉体」にとって非常に基本的で重要な物質であるということです。
では、アルギニンは体内で具体的にどのように働くのかを説明していきましょう。

人の体はもともと弱酸性なのですが、疲労やストレス、活性酸素の影響を受けると酸性に傾き、それが行き過ぎてしまうと様々な健康被害を起こしてしまいます。酸性に傾きすぎた結果として起こる健康被害の代表的なものが「がん」だと言われています。アルギニンはアミノ酸の中では塩基性(アルカリ性)よりの性質を持っているため、酸性に傾きがちな体内を適切なpHに調整してくれる作用があります。
また、アルギニンのこの性質は活性酸素の働きを抑制することから「抗酸化作用」が高い物質であるということになります。私たちの体は全ての臓器をはじめとして精子や卵子など特殊な働きをする物質もすべからくはタンパク質でできているのでアルギニンはこうしたもの達を活性酸素の悪影響から守る役割を果たしているのです。ここで精子という言葉が出てきたので、ここでアルギニンが精力剤に含まれる本当の理由について挙げてみましょう。
  • 血流改善効果
  • 精子を保護する力
  • 免疫力を上げる力
です。なんとなく「精力増強」という語感から「精子を増やす効果」がイメージされますが、どちらかといえばできた精子を活性酸素やストレスなどの害悪がら守る役割の方が大きいということになります(もちろん血流改善効果によって精子を作る機能も向上することが期待できます)。従って攻める側というより最終的な防衛線というのが本当の役割という感じで、さしずめサッカーで言えばゴールキーパー、今話題のラグビーならバックスの最後列(背番号13?15番)というイメージになります。
rugby-f

なぜ、アルギニンには高い血流効果があるのか?

アルギニンという成分を語るとき、忘れてはならないのが「高い血流改善効果」です。この効果ゆえにアルギニンはサプリメントやエナジードリンクに欠かせない成分であると言えるのですが、ではどうしてアルギニンには「高い血流改善効果」があるのでしょうか?このセクションではその理由について説明していきます。
「血流改善」というからにはアルギニンが多く存在している場所の一つが「血管」だということがわかります。アカデミックで専門用語の羅列になってしまうので細かい仕組みは割愛しますが、アルギニンは血管内で「一酸化窒素(NO)」という物質を合成することが確認されています。一酸化窒素には
  • 血管拡張力(血圧を下げる働き)
  • 血小板凝集抑制力(血管内で血の塊ができることを予防)
  • 血栓予防力(コレステロールや白血球が血管内壁にこびりつくことを防止)
  • 血管平滑筋細胞の増殖を抑制する力(異常細胞ができないようにする働き)
など血管を保護し健康な状態に維持する力があるということが実証されています。全身の細胞は血液から栄養素と酸素を受け取り、老廃物や二酸化炭素を返すことで生きています(この活動を「代謝」と言います)。その血液は血管を通じて運搬されているので血管の機能劣化はそのまま「代謝不全」につながり、あらゆる臓器や器官の機能不全に発展するリスクとなります。
アルギニンの持つ一酸化窒素の合成を促す力によって血管の機能は健全に維持され、全身の血流状態が良好となって初めて「健康」は維持されるというわけです。
aruginin-z

では、アルギニンだけを積極的に摂ればいいのでは?

上記のようにアルギニンには
  1. 一酸化窒素の合成を促す力があり
  2. 一酸化窒素は健康で丈夫な血管を作り
  3. 健康な血管によって適切な血流量が維持され
  4. 過不足ない代謝が維持されることで「健康」が保たれる
ということですので、「アルギニンを積極的に摂取すればそれだけで健康になるはず」と考える人もいるかと思いますが、それは早合点すぎます。
というのも、人の体にはアルギニン以外にも多くのアミノ酸が存在していて、どれも重要な役割を果たしているにも関わらず、「拮抗(きっこう)作用」によって互いを牽制しあうことが明らかにされているからです。「拮抗作用」はもともと薬理学で用いられていた学術用語で、「拮抗(きっこう)」には「力が等しい者同士が互いに牽制しあうこと」という意味があり、薬理学の世界では「拮抗作用」を『複数の薬効成分を混合したときに互いの働きを阻害して薬効が減弱すること』と定義しています。
薬理の世界では色々な有機物(アミノ酸)や無機物(ミネラル)を合わせて一つの薬を開発するので色々な組み合わせが試されることになります。でも実際には「拮抗作用」によって効果が弱まったり特定の有効成分の代謝を促して吸収されることを邪魔してしまう組み合わせが存在することが確認されています。平たく言えば「相乗効果(掛け合わせることでさらに効果が高まること)」の対義語と思っていただければ良いでしょう。
体内でアルギニンと拮抗作用のある物質の代表は「リジン」というアミノ酸です。リジンには
  • タンパク質の合成を促す
  • ブドウ糖の代謝率を上げて集中力を増したり糖尿病を予防する働きがある
  • カルシウムの吸収を良くする
  • 肝臓を強化する
などの重要な役割があるのですが、厄介なことにこのリジンがアルギニンの吸収と働きを邪魔してしまうのです
このように「必要な成分」を単純に大量摂取すればそれだけでその効果が高まるかというものでもなく、拮抗作用によって真逆の反応を起こす例がいくつもありますからサプリメントの摂り方にはしっかりとした知識が必要ですし、配合バランスの考えられていない製品はコストばかりかかって目立った効果が得られないという結果に陥ってしまうことになります。
okane-tondeiku-f
サプリメントやエナジードリンクは有効成分が手軽に摂れますが、効果がイマイチという場合は拮抗作用などが影響していることが考えられます。またエナジードリンクの大量摂取は国内外で死亡例も確認されているので過信は禁物、あくまでも1日の摂取目安量を守るようにしなければなりません。したがって、アルギニンだけを積極的に摂れば万事解決?と聞かれた場合、その答えはNOと言わざるを得ないのです。

アルギニンは食べ物からも摂取可能

アルギニンは私たちが普段食べる食材の中にも含まれています。そこで、このセクションではアルギニンを多く含む食材を紹介していきましょう。
  • 高野豆腐 (4,200mg/100g)
  • 大豆 (2,800mg/100g)
  • 油揚げ (1,600mg/100g)
  • 納豆 (940mg/100g)
  • 味噌 (910mg/100g)
  • 鶏肉 (1,800mg/100g)
  • 豚肉( 1,204mg/100g)
  • 豚ゼラチン (7,900mg/100g)
  • 干し湯葉 (4,400mg/100g)
  • かつお節 (4,300mg/100g)
  • ピーナツ(3,200mg/100g)
  • ごま (2,700mg/100g)
  • アーモンド (2,100mg/100g)
  • えび (2,000mg前後/100g)
  • マグロ (1,400mg/100g)
一見して大豆加工食品や肉類に多く含まれていることがわかりますね。これはアルギニンが熟成発酵の過程で生成される旨み成分であることとタンパク質の合成に必要な物質であり、高たんぱくな食材にはもともとの含有量が多いということを物語っています。
このようにアルギニンは食品由来で安全性の高い成分であり、身近な食材中にも相当量が含まれているので、しっかりと食事から摂取することを心がけてください。
washoku-f

不足しがちなアルギニンは高麗人参で補えばパーフェクト!

成人1人が1日に必要なアルギニン摂取量は2,000?4,000mgとされています。上記の一覧からアルギニンは日常の食事から簡単に摂取できそうな気がしますが、乾物として表記されている食材は乾燥状態100g中の含有量ですし、前記のように拮抗作用で排泄される分などを考慮に入れると実際には食事だけで十分なアルギニン量を摂取するのは難しいといえるでしょう。
そこでお勧めしたいのが「高麗人参」です。古来より高麗人参は完全食品として珍重されてきた食材です。代表的な成分はサポニンですが、他にも体中の流れを潤滑にするアミノ酸が豊富、かつバランス良く配合されていて、その中の一つにアルギニンも含まれています。高麗人参を食べると「めぐり」が良くなることはよく知られていますが、その働きをもたらすのがアルギニンをはじめとする各種アミノ酸なのです。
元来高麗人参は天然の食材であり、含有成分も高次元でバランスのとれた配合になっていますので拮抗作用を考慮する必要性もなく、普通に摂取することで不足しがちな栄養素をパーフェクトに補ってくれる優れた食材と言えるでしょう。つまりバランスのとれた食事+高麗人参の相互力でアルギニンの適正量は確保されることになり、他のサプリメントは不要と言っても過言ではないのです。
kouraininjin1-f

まとめ

アルギニンは生きていく上で欠かせない重要なアミノ酸であり、体内でも合成可能ですが年齢とともに合成量は減少していきます。従って体力や性欲の減退、勃起不全などが気になる中高年は食事やサプリメントで補うことが重要となりますが、単一成分で十分量を摂取するのは吸収率や拮抗作用の関係でほぼ不可能であると言えます。その点、高麗人参は各種アミノ酸がバランス良く配合されている天然の食材ですので、こうしたデメリットを簡単に克服することができます。

アルギニンは男性機能の維持だけでなく、めぐりを正常にして成長ホルモンの分泌を促す手助けをしてくれることからダイエットやエイジングケアにも有用的な成分であり、男女を問わず必須の栄養素です。従って高麗人参をうまく活用することが、日々の充実した生活への近道となるのです。
以 上 
PR

アルギニンを含む各種アミノ酸がバランス良く配合されている高麗人参サプリ

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。