黒川温泉「いこい旅館」

住所:〒869-2402 熊本県阿蘇郡
   南小国町満願寺黒川6548
TEL: 0967-44-0552
入浴料:500円
営業時間:8:30~21:00
定休日:不定休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴2、貸1、女2)
内湯(混1、貸4、女1、男1)

スポンサーリンク


『じゃらん』でいこい旅館を宿泊予約する

楽天トラベルでいこい旅館を宿泊予約する
icon

黒川温泉といこい旅館について(地図)

黒川温泉(くろかわおんせん)は熊本県の阿蘇山北側に位置する田の原川の渓谷両側に風情ある和風温泉宿が並ぶ温泉地で、2009年版のミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星を獲得した素晴らしい温泉地です。和モダンな雰囲気の黒川温泉には年間100万人もの観光客が訪れ、女性人気No.1の温泉とも言われています。

なかでもいこい旅館は趣向の異なるたくさんのお風呂があって、1つの旅館内で湯めぐりが楽しめます。

黒川温泉「いこい旅館」の体験記

いこい旅館の外観と館内画像・お風呂の種類

黒川温泉 いこい旅館 熊本 無料  画像

【いこい旅館の外観】

いこい旅館は本館と2つの別棟からなり、日帰り入浴受付はこちらの本館で。

いこい旅館の前の道は細く傾斜があって、冬は凍結することもあるので注意が必要です。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

建物の外では九重山麓から筑後川に注ぐ伏流水で、カルシウム、鉄、亜鉛などを含む上質な天然ミネラルウォーターの名水「湯田の水」を飲むことができます。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

旅館建物の前には囲炉裏の間や

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

雰囲気のいい足湯もあります。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

いこい旅館の玄関。

入口はこじんまりとしていて純和風な雰囲気です。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

玄関を入って右前方が帳場です。

ちょうどチェックアウトのお時間で家族連れやカップルはもちろん、女性同士のお客さんで賑わっていました。

いこい旅館には

・ 2つの混浴露天風呂
・ 貸切露天風呂
・ 2つの女性専用内湯
・ 混浴内湯
・ 4つの貸切内湯
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯

と、全部で12ものお風呂があり、源泉かけ流しの100%天然温泉です。

**日帰り入浴のお客さんはこのうち混浴露天風呂・混浴内湯・2つの女性用露天風呂にだけ入浴することができます。

また、3つの貸切風呂は10:00~15:00の間、40分間で1人800円で入浴可能です。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

全てのお風呂は帳場から右に進みます。

混浴露天風呂・混浴内湯の画像付き口コミ

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

混浴露天風呂と混浴内湯は1階の奥にあります。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【混浴の入口】

館内は落ち着いた木造でとても雰囲気がいいです。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

戸を開けるとまず下駄箱スペースがあり、さらに戸を開けて進むと…

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【混浴の脱衣所】

男女共用の脱衣所でシンプルできれいです。冬は暖房が付いているので暖かいです。

洗面台はありませんが、鏡とドライヤーが完備。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【混浴露天風呂①】『滝の湯』

クセのない無色透明のお湯は適温より少し熱めで湯気がもっくもく。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

『滝の湯』は日本名湯秘湯百選の湯に選ばれています。

20人は入れそうな湯船で、竹林や木々の間から木漏れ日が差し込んでとても幻想的でした。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

反対から見ると湯気も木漏れ日もなくわかりやすいですね。

左奥の小屋が脱衣所です。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

滝の湯の横にあるコンクリートの道を通ってもうひとつの混浴露天風呂に移動します。

冬は足の裏がものすっごく冷たいです。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【混浴露天風呂②】『打たせ湯』

縦長の岩風呂で高い位置からの打たせ湯になっています。打たせ湯はより光を浴びて入浴できます。

奥の隙間からは滝が見えました。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

上段の打たせ湯から下段の滝の湯へ川のようにお湯が流れています。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【混浴内湯】『箱湯』

画像では見ずらいですが、「居恋旅庵」と書かれた障子があります。

四角い湯船で湯底には小石が敷かれています。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【サウナ】

「箱湯」の隣にある乾式サウナ。男女共用のサウナも珍しいですね!

女性専用露天風呂の画像付き口コミ

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

日帰り入浴のお客さんが利用できる女性専用露天風呂は3階奥に入口があります。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

道なりに進むと「美人湯」の暖簾が登場。

こちらの時点で外気が入ってきて冬は寒いです!

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

廊下を進むと鏡とドライヤーがあるメイクアップルームが。

この先から外になり、階段をはだしで降りて行くと最初に左手にあるのが…

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【女性専用露天風呂】『立湯』

1.5mの深さがある屋根付きの露天風呂。竹がぶら下がっていて、そこにつかまって立ったまま入ります。

脱衣所は画像左にあります。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

立湯からさらに階段を降りて行きます。

積雪の時期に行ったので足がめちゃくちゃ冷たかったです!!

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

階段のいちばん下右側に女性に人気の美人湯があります。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【女性専用露天風呂】『美人湯』

こちらのお風呂も日本名湯秘湯百選の湯に選ばれています。

黒川温泉 いこい旅館 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

打たせ湯にもなっていて、少しぬめり感がある若干白っぽい適温のお湯でした。

いこい旅館では美人湯の温泉を使ったお化粧水なども販売しています。

黒川温泉の共通点

黒川温泉に流れる筑後川の環境を守るため、川沿いに建つ黒川温泉の各旅館には共通の「お知らせ」が貼られています。

黒川温泉  熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

★ よもぎ石鹸以外は使わない

  川に流してもすぐに分解して植物や生物に害を与えないよもぎ石鹸、よもぎシャンプーが置かれています。

★ シャワーがない
  温泉の効能を体に十分浸透させるためシャワーで体を流さないようにシャワーはなく、あるとしても水道だけです。

黒川温泉の湯めぐりはおトクな「入湯手形」で

数ある黒川温泉で湯めぐりをする場合、3軒以上のお宿を回る場合は「入湯手形」(1,200円)を利用するとお得になります。

黒川温泉の入湯手形は1枚で3か所入浴できます。黒川温泉の日帰り入浴はどの温泉宿も500円なので、入湯手形を使うと1か所あたり100円割引で利用できることになります。

入湯手形購入時には温泉マークのシールが3つ貼られていて、1か所入浴するごとにそのお宿のかたがシールをはがし、その代わりにスタンプを押してくれます。

黒川温泉  熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

左が2か所入浴済みの入湯手形、右が未使用の入湯手形。

こちらの入湯手形は各温泉宿・旅館組合で購入することができます。

【ミナの感想】

外観はこじんまりとして正直あまり期待していませんでしたが、そんな気持ちは玄関を入って全く逆の感情に変わりました。昔ながらの木造の味のある、だけどモダンできれいな館内でお風呂場までの落ち着いた雰囲気のある廊下を歩いている時点でなぜだか胸がきゅんきゅんするほど素敵な空間でした。

黒川温泉  熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

廊下にはさりげなく生花が飾られいたり、館内には小さなおもてなしがたくさん見つかりました。

どちらの湯船も開放感はあまりありませんが、木々や竹、石像などが上手に計算されて配置されていて妙に落ち着いて癒されるお風呂でした。ただ混浴露天風呂、女性専用露天風呂とも各湯船の移動時は足が凍るほど冷たかったです。

日帰り入浴では5つの湯船しか利用できませんが、宿泊すると12ものお風呂に入れるので次回はぜひ宿泊で利用させて頂きたいです。

チェックアウト時のお忙しい時間にお伺いしてしまったのですが、従業員のかたも丁寧な接客でとっても気分良く過ごさせていただけました。

**12月~2月以外はランチ付きの日帰り入浴プランもあって、馬肉なども頂けるそうですよ。

「いこい旅館」の混浴難易度

いこい旅館の混浴露天風呂は脱衣所も男女共用ですし、バスタオル巻きもNGなので女性の混浴は勇気が必要です。

でも浴室は広く、湯気ももくもくしているので思っていたよりも入りやすかったです。湯船は2段になっていて画像をご覧になって頂けるとわかりますが、上段になっている奥の「打たせ湯」は人が入っているかほとんどわからないくらいなので他に入浴されている人がいる場合はこちらにいると比較的安心です。

また、混浴内湯やサウナも同じ空間にあるので、バッティングしないようにいろいろ湯めぐりしているとそんなにたくさんの人で込み合うこともないと思います。木々の配置も素晴らしくてすごく癒される混浴露天風呂でした。日本名湯秘湯百選の湯だけあって本当に素敵な雰囲気の混浴露天風呂なので、女性のかたにもぜひ入浴していただきたいです。

『じゃらん』でいこい旅館を宿泊予約する

楽天トラベルでいこい旅館を宿泊予約する
icon

【いこい旅館の満足度】★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】 ★★★★☆

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


いこい旅館の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:含食塩・硫黄・ナトリウム・アルミニウム-硫酸塩・硫化水素泉
ph:7.8 (弱アルカリ性)
バスタオル巻き:NG
効能:切り傷・神経痛・リウマチ・神経虚弱・ヒステリー…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^