満願寺温泉「川湯」

住所:〒869-2402
   熊本県阿蘇郡南小国町満願温泉内
TEL: 0967-42-1444(南小国町観光協会)
入浴料:300円
営業時間:6:00~22:00
定休日:増水時
駐車場:近くに共同駐車場あり

露天(混浴1)


スポンサーリンク


満願寺温泉と川湯について(地図)

満願寺温泉(まんがんじおんせん)は熊本県の北西部にある小さな温泉地で、鎌倉幕府ゆかりの地でもあります。満願寺川沿いに温泉が沸き、住民は川の中に湯舟を作って温泉としてはもちろん、野菜や農具などを洗うために昔から温泉は生活に密着しています。

中でも川原露天風呂の「川湯」は、満願寺温泉のシンボル的な存在の有名な共同浴場です。

満願寺温泉「川湯」の体験記

川湯の画像付き口コミ

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

川湯は満願寺川沿いの民家側の道路を歩いていると、川に屋根があるのですぐにわかります。

雪が降っていなければ屋根は茶色のはず。

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

すごい!!

川と一体化した対岸から丸見えのお風呂です!

さっそく橋を渡って旅館などが並ぶ対岸へ。

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

対岸は人が1人通れるくらいの細い道です。

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【川湯の脱衣スペース】

雪が積もった台に荷物を置くようです。

道の向かいは温泉旅館という通り上で着替える開放的すぎるスタイル。女性は厳しいですね…

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

脱衣スペースの両サイドに階段が数段あってその下が湯船です。

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【満願寺温泉 川湯】

川と同じ高さに湯船が2つ並んでいます。

満願寺川自体に温泉が湧いているそうです。

お湯は足元湧出だそうですが、私にはどこから出ているのかわかりませんでした。ただ、湯船から川にお湯がどんどん流れているので、源泉はかなり豊富に湧き出ていると思います。

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

湯船の後ろ側はこんな感じ。

柔らかいお湯でお肌がしっとりしてきました♪

写真撮影しながら入浴していたら、地元のおばちゃまが「こんな雪の日に入ってるの?」と声をかけてくださいました。事情をお話すると「あっちから撮ってあげる」とわざわざ対岸まで行って凍える手を我慢しながら写真を撮ってくださいました。

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

お湯は無色透明で源泉温度は44℃だそうですが、この日は41℃くらいに感じられました。

だからこんな雪の日でもお湯の中にいると温かかったです。

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

漬けもの樽が置かれたいちばん手前の小さな湯船は、野菜や食器を洗う用だそうです。

満願寺温泉 川湯 熊本 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

対岸の人とも会話しながら入浴できます。とにかく丸見えのお風呂ですが、入ってみると地元のかたと素敵な交流ができるはず。

【ミナの感想】

川湯を見つけた瞬間、笑ってしまいました。

『えっ!こんなところに入っていいの?』というのが正直な気持ちでした。事前調査でかなり入りずらそうな場所だとわかっていたので早朝に行きましたが、想像以上でした。

まるでカンボジアとかの東南アジアに来たかのようなのどか過ぎる光景。(雪は東南アジアらしくないですが…)。日本にもまだこんな素晴らしい場所があるのですね!

着替えも丸見え、お風呂も対岸の道から丸見えで対岸は普通に車が通ったり一般家庭のおうちが並んでいて、もちろん住んでいるかたが外に出てくるのでかなりお恥ずかしいです。

でも、今でもこんなのどかな環境で川のお風呂に入れるなんて異国に来たようなほのぼの感でした。いつまでも残っていて欲しいおふろのひとつです。

「川湯」の混浴難易度

もう何も言うことはありません、難易度は最高級です。女性は着替える時にスカート状にしたタオルなど、体全体が隠せるものを持って行ったほうがいいですよ。

でもバスタオル巻きOKですので、ぜひ日中の時間帯を避けてチャレンジしてみてください。すっごく素敵なお風呂でお湯も気持ちよくてず~っと入っていたくなりましたよ。

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【川湯の満足度】  ★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】★★★★★★

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


川湯の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^