荒湯地獄温泉「荒湯地獄の湯」

住所:〒989-6941
   宮城県大崎市鳴子温泉鬼首荒湯地獄内
TEL:
入浴料:無料
営業時間: 24時間
定休日:なし
駐車場:あり(無料)

野天湯


スポンサーリンク


荒湯地獄温泉 荒湯地獄の湯体験記

荒湯地獄温泉(あらゆじごくおんせん)は宮城県の北に位置する全国的にも有名な鳴子温泉郷の鬼首温泉からさらに地熱発電所のほうに登るとあるワイルドな野天風呂です。

荒湯地獄温泉へのアクセスは地熱発電所へ行く方向をずっと走って行きます。道はできていますが、舗装されていない砂利道で、左右に穴がたくさんあるので運転は注意してくださいね。

舗装された道からはずれて8キロほどで着きますが、穴があるので速度は出せず、20分ほど走って行くと右側に5台ほど駐車できるスペースがあります。そちらに停車してさらに山道の下り坂を200mほど歩きます(ここは舗装された道路)。

いさぜん旅館 荒湯地獄温泉 看板 画像

右側は木々の生えた山の斜面ですが、ちょっとだけ道っぽくなっている木がないスペースがあります。

ここが荒湯地獄への入口です。

いさぜん旅館 荒湯地獄温泉 混浴脱衣所 画像

結構急な斜面でぬかっていたり段差が急な下り坂を3分ほど行くと…

いさぜん旅館 荒湯地獄温泉 混浴脱衣所 画像

青いビニールシートで誰かが湯船を作ってくれています。即席湯船のすぐ横はかなり熱そうなまっ白なお湯が川のように流れています。奥は本物の川。

先客さんたちが写真を撮っていました。

いさぜん旅館 荒湯地獄温泉 混浴脱衣所 画像

【荒湯地獄】

ぱっと見、即席湯船と思いましたが結構しっかりとしたつくりで、ビニールシートの下は岩のようです。

いさぜん旅館 荒湯地獄温泉 混浴脱衣所 画像

お風呂に入る気なんてさらさらない真面目そうな男女4人組がいたので、はじめはおそるおそる足だけ。いきなり裸で入ったら「こいつ女じゃねえ!人間じゃねえ!!」って思われちゃいますからね..

この周辺一帯がすごい硫黄の匂いです。

いさぜん旅館 荒湯地獄温泉 混浴脱衣所 画像

4人組は帰りそうで帰らない。私も入れそうで入れない。こちらはそんな心境を表した『耐える人』。

ここから渓流を眺めていると、他にも湯船として入れそうな深さの穴がいくつかありました。

いさぜん旅館 荒湯地獄温泉 混浴脱衣所 画像

湯船に溜まっているお湯は少し白っぽいですが、透明に近かったです。

さすがにお尻は付けられませんでしたが、半身浴にちょうどいい深さでした。外気にさらされていたせいかお湯の温度は若干ぬるめでした。

いさぜん旅館 荒湯地獄温泉 混浴脱衣所 画像

こういう野天は童心にかえれて結構楽しい!渓流と山の木々に囲まれて大自然のワイルドな感じが野天気分をアゲてくれます。

もちろんこちらのスポット以外でも付近にはあちこちで熱湯が噴き出しているので、自分なりの適温な場所を探して自由にお湯を楽しめますよ。

私ももっと野天風な湯船を見つけたかったのですが、太陽が沈みかけていたのでやむなく撤退しました。

【ミナの感想】

荒湯地獄へのアクセスは砂利道で穴がかなりあるので、オフロード好きな方にはとっても楽しいと思います。暗くなると明りもなくて凸凹も見えずちょっと危険ですし歩いて下ることができないので、24時間入浴できますが太陽が出ている時間でないとたどり着けないでしょう。

じゃんじゃん流れているお湯はしっかりとした温泉で力強いお湯でした。硫黄のにおいがものすごく、入浴後のお肌はキュッキュを通り越してキリキリしていました。

特に夏は温泉+渓流で水遊びというおいしさ2倍で楽しめそうです。ただ、温泉が噴き出ている付近は有毒ガスも出ているので長湯は禁物です。また、いろんなところで噴出しているお湯は激熱だそうなので、くれぐれもヤケドにはご注意くださいね。

鬼首温泉郷の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

鬼首温泉郷の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【荒湯地獄の満足度】★★★☆☆
【混浴恥ずかしさ度】★★★★☆

スポンサーリンク


荒湯地獄の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:硫黄泉
ph:不明 (おそらく弱酸性)
バスタオル巻き:OK
効能:神経痛・うちみ・運動麻痺・消化器病・痔…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^