東鳴子温泉「初音旅館」

住所:〒989-6811
   宮城県大崎市鳴子温泉字鷲ノ巣90
TEL: 0229-83-2166
入浴料:500円
営業時間:10:00~15:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

内湯 (混浴2、貸1)

スポンサーリンク


『じゃらん』で東鳴子温泉の宿を予約する

楽天トラベルで東鳴子温泉の宿を予約する
icon

東鳴子温泉 初音旅館体験記

東鳴子温泉(ひがしなるこおんせん)は宮城県の北に位置する全国的にも有名な鳴子温泉郷にあり、昔から湯治や長期療養滞在にも適した温泉地です。

初音旅館 東鳴子温泉 入り口 画像

初音旅館(はつねりょかん)は湯冶目的のお客さんを中心に人気の老舗温泉旅館です。

初音旅館はその日宿泊客がいると日帰り入浴は断られます。私も賭けで行ってみたのですが、着物を着た女将さんが出てきて「今日はお客さんがいるからダメです」とそっけないお返事が…

そんなわけで今回は入浴できなかったので、ここからは実際に行かれたかたの情報をもとに初音旅館の混浴風呂についてご紹介します。

初音旅館には

・ 2つの混浴内湯
・ 貸切内湯

と、全て源泉が違う3つのお風呂があり、源泉かけ流しの100%天然温泉です。

「第一浴場」と呼ばれるひょうたん型の小さな岩風呂は宿泊客専用の混浴内湯です(19:00~21:00は女性専用タイム)。

「第二浴場」と呼ばれる内湯は宿泊者専用の貸切風呂です。

「第三浴場」と呼ばれる大浴場が、日帰り入浴のお客さんも利用できる混浴内湯です(金・土・祝前日の19:00~21:00は男性専用タイム)。

混浴内湯でも男女別の脱衣所があります。半円系の湯船がある内湯ですが、窓が広く取られていて開放感があるそうです。

この初音旅館の第三浴場の特徴はお湯が黒いこと。初音旅館のお風呂は季節にあわせた湯量によって温度調節をしているので、いつでも適温だそうです。

初音旅館では日帰り入浴では1つのお風呂しか入れず、第三浴場が入れない場合は第一、第二浴場に入らせてもらう可能性もあるそうです。

【ミナの感想】

初音旅館では宿泊客大優先で宿泊のお客さんが1組でもいると断られるのはもちろん、日帰り入浴ができる場合でもあまり歓迎されません。実際私が行った時もちょっと嫌な顔をされ、日帰り入浴のお客さんはあまり受けたくないような感じでした。

また、宿泊の場合ですら年齢的に湯冶目的でなかったりするとちょっと敬遠されるなど、いろんな意味で初音旅館での混浴はハードルが高そうです。。

湯冶目的のお客さんが多くてお風呂も小さいうえに混浴なので、きっと宿泊のお客さんのことを配慮した上での対応をされているのだと思います。

『じゃらん』で東鳴子温泉の宿を予約する

楽天トラベルで東鳴子温泉の宿を予約する
icon

【初音旅館の満足度】☆☆☆☆☆(入浴できず評価なし)
【混浴恥ずかしさ度】★★★★★(予想)

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


初音旅館の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^