鳴子温泉「東川原湯旅館」

住所:〒989-6824
   宮城県大崎市鳴子温泉河原湯42-1
TEL: 0229-83-3024
入浴料:300円
営業時間:10:00~15:00(要確認)
定休日:無休
駐車場:近くにスペースあり

内湯 (混浴1、貸1、女1、男1)


スポンサーリンク


鳴子温泉と東川原湯旅館について(地図)

鳴子温泉(なるこおんせん)は日本国内にある11種類の泉質のうち9種が集まっている宮城県の北に位置する全国的にも有名な鳴子温泉郷にあり、昔から湯治や長期療養滞在にも適した温泉地です。

東川原湯旅館 鳴子温泉 入り口 画像

東川原湯旅館は鄙び宿として温泉ファンに人気の老舗温泉旅館です。

東川原湯旅館は素泊まりだと2,000円弱で泊まれることもある激安温泉旅館だそうです。しかもペットを飼っている方には嬉しい小型ペットOKのお宿です。

鳴子温泉 東川原湯旅館体験記

東川原湯旅館 鳴子温泉 入り口 画像

【東河原湯旅館の外観】

昔からの湯冶場の雰囲気を残すレトロな木造の建物。

東川原湯旅館さんも他の鳴子・東鳴子の旅館と同じく宿泊客大優先なので事前に確認してみると、「ごめんなさいね~、今日はお客さんがいっぱいだから日帰り入浴はやってないんです~」。

そりゃゴールデンウィークに行った私が悪いんです。鳴子温泉郷の御宿はこんなにも宿泊のお客さんを大切にするなんて知りませんでした…

そんなわけで今回は入浴できなかったので、ここからは実際に行かれたかたの情報をもとに東川原湯旅館の混浴風呂についてご紹介します。

東川原湯旅館のお風呂の種類と混浴情報

東川原湯旅館には

・ 混浴内湯
・ 貸切内湯
・ 男性専用内湯
・ 女性専用内湯

と、全部で4つのお風呂があり、2つの異なる源泉を持つ源泉かけ流しの100%天然温泉です。

混浴内湯は4つのお風呂の中でいちばん大きく、いかにも東北の温泉らしい硫黄のにおいが強い白濁湯だそう。

男女別の内湯透明の芒硝泉で、ぽかぽかに温まるのだそう。

貸切内湯はかなり小さくて年季の入った浴室だそう。お湯は混浴と同じ硫黄泉

鳴子温泉郷と最上温泉郷にある
鳴子・東鳴子・鬼首・中山平・赤倉・瀬見・川渡温泉の
60以上の旅館と共同浴場の日帰り入浴ができる1年間有効の
湯めぐりチケット (1200円) 」を
各旅館や観光・旅館案内センターで販売しています。

チケットには6枚のシールがあって
各旅館でシールの必要枚数が違い、
現金より格安で入浴できちゃいます。

東川原湯旅館はシール1枚(200円分)なので
現金よりも100円お得ですよ。

【ミナの感想】

普通の一軒家のお宅で看板がなければ旅館だとは思いませんでした。雰囲気からして湯治場的なお宿だと思います。

鳴子温泉の宿はどこも外観でなく「泉質命」ですね!

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【東川原湯旅館の満足度】☆☆☆☆☆(未入浴)
【混浴恥ずかしさ度】  ★★★☆☆(予想)

スポンサーリンク


東川原湯旅館の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉 / 芒硝泉
ph:7.1 (中性)
バスタオル巻き:NG
効能:慢性皮膚病・けいれん・炎症・アレルギー性疾患・外傷・神経痛…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^