かもしか温泉

住所:〒989-1500
   宮城県柴田郡川崎町
TEL:
入浴料:無料
営業時間:日の出~日没
定休日:積雪時
駐車場:あり(徒歩1時間15分)

野天湯 2

スポンサーリンク


かもしか温泉について(地図)

かもしか温泉は御釜でも有名な宮城県の蔵王山麓にあります。昔は「かもしか温泉白雲山荘」という山小屋があったのですが、1980年の大規模な泡雪崩で建物は崩壊した。

現在かもしか温泉には温泉宿などはなく、山肌に源泉が湧くワイルドな野湯があります。

かもしか温泉の体験記

かもしか温泉へのアクセス(登山)

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

かもしか温泉へは蔵王エコーラインの「賽の磧駐車場」に車を停めます。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

ここからが、かもしか温泉の登山道になります。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

最初は整備された歩きやすい道をまっすぐ進みます。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

山々を見ながら15分ほど歩くと…

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

左に曲がる小道が登場しますので、こちらを左に進みます。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

ここから急に獣道になり、谷に向かって最初は下り道です。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

途中登りがありながらも全体的には下り道で、きれいな景色を見ながら進むと川に到着。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

川には板の橋がかかっていますが、ぐらぐらしているので気をつけて渡りましょう。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

川を渡ると今度は登りになります。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

途中細い分かれ道もありますが、メインと思われるほうを選び、赤い印を追いながら登ります。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

今度は頑丈な橋がかかった川を渡ります。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

緑が生い茂る獣道を進むと壊れた看板が出てきます。

ここは直進と右にしか道がないように見えますが、緑に覆われている中に左に進む道もありるのでこちらを左に進みます(私たちは最初間違えて往復40分も無駄な体力を使ってしまいました)。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

こちらが左の道です。

「ロバの耳」方面に進むことになります。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

すると数分で突然「羚羊温泉」跡が出てきます。昔はここに山小屋がありましたが、今は石積みだけが残っています。

そしてさらに10分ほど上り道を歩き続けると…

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

あんなに生い茂っていた緑が急になくなり、硫黄の臭いが立ち込める噴気があちこちに出ている荒々エリアになります。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

荒々エリアは足場もないガレ場で、源泉が湧くところまでは急斜面が続くので慎重に登りましょう。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

噴気の出ている方を目指してひたすら登ります。1時間歩いてきて最後にこの急斜面の登りはすごくきつかったです。下を見ると急斜面なので高所恐怖症のかたは絶対に下は見ませんように。

絶景のかもしか温泉

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

【かもしか温泉】

ブルーシートが敷かれたこちらの湯船と、もう少し上にさらに小さな湯船らしき湯だまりがありました。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

こんなところに湯船があるなんてすごいです!

さっきまでの疲れはどこへやら、ルンルンで急斜面の中早着替えです。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

湯船はおへそくらいまでの浅さですが、とにかくここまで来れた喜びで格別なお湯に感じられます!

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

目の前は山々を見渡せ、大自然を独り占めしている気分を味わえます。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

上を見上げると直角にそびえ立っているように見える崖が迫ってくるようで、怖いくらいの大迫力です!

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

大自然すぎて自分がどこにいるのかわかりませんね。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

湯船は石を積んで、さらにビニールシートでお湯を溜めているようです。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

斜面の上から湯船を見るとこんな感じです。お湯の色は白濁~灰色の間で、さらりとした肌触りです。

こちらの湯船の湯温は40℃ほどで、夏場にはちょうど良かったです。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

上の湯船も入れる広さですが、お湯の温度が熱すぎて私にはムリでした。

かもしか温泉 宮城 登山 日帰り温泉 野湯 画像

すばらしい野湯に出会えて感動しました。ずっと入っていたい絶景でしたが、硫黄ガスが立ち込める場所に長居するのは危険ですし、雷のゴロゴロが遠くで聞こえ出したので早めに退散しました。

ちなみに帰り道の方が登りが多いので、1時間半近くかかりました。

【ミナの感想】

いやぁ、疲れましたぁ。本格的な登山とは聞いていたのですが、これほど大変だとは思ってもいませんでした。途中道を間違えて急な上り坂を20分も登り続けたために体力を消耗してしまったのもありますが、それにしてもかなりの坂で、最後の急斜面では足がつりそうでした。。

でも、それだけ頑張った人にだけ絶景風呂を体感できるので、着いたときには「また来たいな」と素直に思えました。かもしか温泉に入ると「まさかこんなところで温泉に浸かれるなんて」と一生忘れられない思い出になること間違いなしです!

そうそう、登山道の途中ではクマさんらしき影と音を感じたので、クマ対策はしっかりとしてお出かけくださいね。

「かもしか温泉」の混浴難易度

バスタオル巻きも水着もOKですが、おそらく人がたくさん来ることはめったにないでしょうから隠す必要もないと思います(ただ万が一他に人がいる場合はかなり恥ずかしいです)。

女性も大自然の中、生まれたままの姿で自然から湧き出す新鮮な温泉と絶景を体中で感じられると思います。

【かもしか温泉の満足度】★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】  ★★☆☆☆

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


かもしか温泉の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^