本沢温泉

住所:〒384-1301 長野県南佐久郡
   南牧村海尻 国定公園内
TEL: 090-3140-7312
入浴料:600円
営業時間:日の出~日没
定休日:不定休
駐車場:徒歩1~3時間

露天風呂(混浴1)
内湯 (女1、男1、男女交代制1)

スポンサーリンク


本沢温泉について(地図)

本沢温泉(ほんざわおんせん)は登山でも人気の八ケ岳連峰の中腹に位置する硫黄岳の爆裂口直下の谷間、標高2150mにある温泉で、通年営業の温泉宿では日本最高所の露天風呂がある秘湯中の秘湯として有名な温泉です。

本沢温泉の体験記

本沢温泉までの道のり(画像付き)

本沢温泉までは夏はゲートから約1時間15分、冬は麓から3時間以上もの道のりを歩かなければたどり着けません。今回は雑誌「BE-PAL」の取材でいちばん寒い時期の1月に訪問させていただきました。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

本沢温泉入口。

ここから約3時間の登山のスタートです。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

素敵な冬景色。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

温泉にとっても詳しい山崎まゆみさん、野添ちかこさん、山田べにこさんとご一緒させて頂きました。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

トレッキングシューズにスノーシューを履いて雪の中を歩きます。

スノーシュー初体験でちょっとコツがいりますが、かなり楽しいです!

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

1時間以上歩いてゲートに到着。

夏はこのゲートまで車で行き、ここから歩くことになります。

プレートには『本沢温泉 無雪期 約1:15分』と書かれています。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

すっごくいいお天気で暖かそうにも見えますが、気温はマイナス10℃!

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

でもガシガシ歩いていると顔と手足先以外は寒さを感じません!

ウサギやシカなどの足跡が雪に残っていて、それを見つけながら進むのが楽しかったです。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

一部だけですがかなりの登り道もあり、休憩しながら進みます。

冬はこんな雪道ですが、夏場は舗装された道で歩きやすいそうですよ。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

かなり高いところまで来ました。

雪道は真っ白ですが、なんとなく道になっていますし、所々看板が出ているので私のような方向音痴でも迷子になる心配はありません。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

いきなりカモシカに遭遇!

私たちに気づいても逃げようともせずじっとしていました。

野生カモシカは初めて見ました!!

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

2/3ほど歩くと八ヶ岳連峰がきれいに見えます。

紅葉の時期は特に美しいそうです。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

歩き始めてから約3時間半で日本最高所 野天風呂の秘湯 本沢温泉に到着!!

本沢温泉の山小屋(画像付き)

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

【本沢温泉の山小屋外観】

雰囲気のある2階建の山小屋です。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

靴は下駄箱に。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

入ってすぐ正面に帳場があります。

台にはお土産や食べ物、飲み物が、記念バッジなどがぎっしり。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

帳場のすぐ右にある階段を上って2階にお部屋があります。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

【本沢温泉 山小屋のお部屋】

こちらは大部屋(相部屋)で30人以上が雑魚寝できる広さです。

ただ、お部屋に暖房はなく小さなコタツがあるだけ。消灯の20時まで廊下の暖房が稼動していますが、お部屋の中はめちゃ寒です。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

はしごを上って「ロフト」スペースにもお布団が並んでいます。

修学旅行以来の雑魚寝を体験!

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

大部屋の向かいにあった個室タイプのお部屋。薄暗い大部屋に比べて明るく、まったりできそうなお部屋です。

いちばん寒い1月~2月の冬はマイナス20℃にもなる本沢温泉。お部屋も本当に寒くて、ペットボトルの中身やコンタクトの洗浄液、お化粧水まで凍ってしまうこともあるそうです。凍らせたくないものは一緒にお布団に入れて寝るといいそうですよ。

本沢温泉には相部屋・個室・ 新館がありますが、宿泊料金は1泊2食付きで冬は暖房代込みで9,550円~夏は8,500円~だそうです。

本沢温泉のお風呂の種類

本沢温泉には

・ 混浴露天風呂
・ 男女別内湯
・ 男女交代制内湯

と、全部で3種類のお風呂があり、内湯と露天風呂では異なる源泉を持ちます。

ただ、男女別内湯「こけももの湯」は夏期限定のお風呂で、しかも宿泊者優先です(日帰り入浴料は「こけももの湯」だけで800円)。ですから今回は
こけももの湯には入浴できませんでした。

冬期限定 男女交代制内湯の口コミ情報

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

男女交代制内湯の「石楠花風呂」は山小屋から左側のスロープを降りた所にぽつんと湯小屋が建っています。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

看板が渋いっ。

「石楠花風呂」は冬期限定のお風呂で男性時間、女性時間、フリーと時間帯によって代わります。

20時以降は電気が付かないので、入浴はできますが懐中電灯持参だそう^^

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

入口の戸を開けると、さらにすぐ先に脱衣所入口の扉があります。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

【石楠花風呂の脱衣所】

棚にカゴがあるだけのシンプルさ。

2人用位の狭いスペースでしたが、4人でブルブル震えながら着替えました。

だって…

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

棚の丸太の表面にも窓と思われる所にもびっしりと厚い霜がビンビンに立っているほど寒いんですものっ!!

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

湯船も壁も天井も全て檜造りのぬくもりのあるお風呂場です。

湯船にはお湯が冷めないように板のフタがしてあります。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

2槽になった湯船の板を外すと、緑色のような土色のようなきれいな濁り湯が登場。

当然手前の床もつるんと凍っているので注意して入ってくださいね。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

【石楠花風呂】

どちらの湯船も2~3人用です。

(私たちは最初4人で1つの湯船に入っていたので女性なら4人でもOK)

お湯は熱めで少し鉄の匂いがしました。

あんなに冷え切った体で入浴したのに、10分もしないうちに汗が出るくらい熱くなり、暫くの間はぽっかぽかの本当によく温まるお湯でした。ただ、あまり長湯すると頭がくらくらするくらい成分濃厚なお湯でもありました。

あ、でも、お腹が空いてただけかな…

日帰り入浴の場合、石楠花風呂の入浴料は露天風呂とは別料金で600円になります

本沢温泉のお食事(画像付き)

今回本沢温泉では夕食、朝食、お昼をいただきました。

夕食は18時から。

本沢温泉 食事 長野 画像

食堂でいただきます。

本沢温泉 食事 長野 画像

夕食のメインは2種類の鍋でおでんとチゲ鍋でした。

本沢温泉 食事 長野 画像

他のメニューは
・お魚のフライ
・かぼちゃの煮物
・きんぴらごぼう
・煮豆
・小魚と野菜の三杯酢?

朝食は確か7時からでした。

本沢温泉 食事 長野 画像

朝食のメニューは
・お魚の煮付け
・シュウマイ
・卵焼き
・梅干し、お漬物
・焼きのり
・お味噌汁

お食事は最初温かかったのですが、みるみる間に冷たくなって最後は冷え冷えに。それにしてもこの雪山までどうやって食材を持ってきてるのかな。。食事にはほうじ茶も頂きましたが、お茶が内湯と同じ鉄っぽい香りがしたので温泉を沸かしているか、温泉で洗っているのかな??

お昼は薪ストーブのある談話室でいただきました。メニューはラーメン、カレー、うどんから選べました。

本沢温泉 食事 長野 画像

【うどん】

本沢温泉 食事 長野 画像

【ラーメン】

本沢温泉の混浴露天風呂 口コミ情報(画像付き)

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

混浴露天風呂は冬は山小屋から歩いて10分ほどの所にあります(夏は5分で行けそうです)。

まず山小屋を出て看板を正面に見て右側に進みます。目の前に広がるのは天狗岳です。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

最初は上り坂です。

道になっているので長靴でも歩けましたが、道をそれると膝くらいまで雪に埋もれてしまいます。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

5分ほど歩くと「野天風呂」の看板が出てきて下り道になります。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

硫黄岳から流れる湯川を下に見ながら斜面にできた細道を慎重に降りて行きます。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

かなり急な斜面の先にぽつんと佇む湯船を発見!!

本当に湯船があるだけで脱衣所などはないので、この木枠の所に毛布を掛けてマイナス15℃の中決死の着替えをしました。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

標高2150mに位置する【本沢温泉 混浴露天風呂「雲上の湯」】

河原のガレ場にあるそうですが、雪に覆われてよくわかりません。

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

混浴露天風呂「雲上の湯」は内湯とは全く違った源泉で少し硫黄の匂いのする白濁湯です。

「日本最高所 本沢温泉 野天風呂」と書かれた柱は雪でほとんど見えませんが、この絶景は最高です!

ガスがかかって見えないことも多いそうですが、この日は真っ青な空で硫黄岳もほんとにきれいに見えました!

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

「日本最高所」だから山を見下ろす景色なのかと思っていたら、なんと山に囲まれた谷地!後ろに見えるのは硫黄岳。

「最高」の場所からさらに高い場所を見上げるのもいいですよね~。

さて、皆さんの『早く美女3人を見せろ』というお声が聞こえているので、ご堪能ください♪

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

酸性湯に入るといつもならすぐにお肌がピリピリするのですが、本沢温泉のお湯は大丈夫でした。

寒すぎて皮膚もマヒしていたのでしょうか…

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

源泉は湯底と柱側の左から湧出していて60℃ほどあるそうですが、外気が冷た過ぎて37℃くらいに感じました。

皆さん素敵な笑顔ですが、実際は身体はぶるぶる、顔や肩は鳥肌立ちまくり、髪も雪でカッチカチ。時々雪氷が舞う風も吹いて「キャ~!!!!」

本沢温泉 混浴 露天風呂 長野 日帰り温泉 画像

お湯に1時間浸かっていても全然温かくならず、湯船から上がる時は「寒くない、ぜ~んぜん寒くない…」と言い聞かせていましたが、最後にはやっぱり「さぶ~~い!!!」になっていました…

日帰り入浴の場合露天風呂「雲上の湯」の入浴料は内湯「石楠花風呂」とは別料金で600円になります。

【ミナの感想】

冬の本沢温泉は雪山を体験したことのない私にとっては夢のまた夢でした。ですが、たまたまお声をかけて頂き今回行くことができました。本当に感謝、感謝です。

本沢温泉 食事 長野 画像

本沢温泉までの道のりは「登山」というほど急ではないので、初心者のかたでも大丈夫です。スノーシューも山小屋も初体験でなにもかもが新鮮でした。

山小屋は予想以上に寒く、暖房もお部屋にはなく、廊下の暖房も消灯の20時には切れてしまいます。自然の中の山小屋に来ると日常生活がどんなに便利でありがたいかが再認識できてすごくいい経験でした。マイナス10℃も超えると寒すぎてデジカメが動かなくなったり、携帯の充電があっという間になくなったり…というかたもいました。そんな時はバッテリーを体温で温めるといいそうです。

内湯の「石楠花風呂」は凍えた体をいっぺんに温めてくれ、「しあわせ~」「生き返った~」と心から実感できるお風呂した。

混浴露天風呂は源泉は60℃あるそうなので夏場はあったかいと思いますが、冬は寒さを通り越して痛く、痛さも通り越して感覚がなくなります。源泉が出ているところだけは若干温かさを感じられて、順番に側面に張り付いていました。冬に露天風呂に行かれる前には必ず内湯で十分に温まって、帰って来たらすぐに内湯で生き返ってくださいね!

でも日本最高所の露天風呂は秘湯のなかの秘湯、絶景のなかの絶景で、大自然を全身で感じることができ、なぜだか自然に「今生きてるんだな~」って思えました。

「本沢温泉」の混浴難易度

本沢温泉の混浴露天風呂「雲上の湯」は女性はバスタオル巻きOKですし、お湯も白濁しているので女性も安心して入浴できます。ただ、脱衣所がないので着替えがいちばんネックになります。隠して着替えられるようなスカートタイプのタオルなどを持っていくといいですよ。

また、登山シーズンの週末などは本沢温泉もとても人気でお風呂待ちが出来るほどだそう。湯船は詰め詰めでも8人ほどしか入れなそうなので、混んでいる時の女性の入浴は難易度がUPしそうですね。

【本沢温泉の満足度】★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】★★★☆☆

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


本沢温泉の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:硫化水素泉
ph:2.3 (酸性)
効能:慢性皮膚病動脈硬化症・きりきず・やけど・神経痛…etc.

泉質:ナトリウム・カルシウム硫酸塩・炭酸水素塩泉
ph:6.9 (中性)
効能:冷え症高血圧・神経痛・筋肉痛…etc.

バスタオル巻き:OK




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^