筋湯温泉「ホテル大高原」

住所:〒879-4912
   大分県玖珠郡九重町湯坪小松576-1
TEL: 0973-79-3301
入浴料:540円
営業時間:10:00~22:00
定休日:不定休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混1、貸3)
内湯 (女1、男1、貸3)


スポンサーリンク


筋湯温泉とホテル大高原について(地図)

熊本県との県境で阿蘇くじゅう国立公園の中にあり、九重連山に抱かれたのどかな山里に湧く筋湯温泉(ながゆおんせん)は1,000年以上の歴史を誇り、古くから打たせ湯・湯治で有名です。近くには九重夢大吊橋や小松地獄九重スキー場などがあります。

ホテル大高原は数ある筋湯温泉のなかでもスキー場登山入口から一番近くにあって、たくさんの貸切風呂が魅力のホテルです。

筋湯温泉「ホテル大高原」の情報

筋湯温泉 ホテル大高原 画像

【筋湯温泉マップ】

ホテル大高原は数ある筋湯温泉の中でも上のほうにあるお宿です。

筋湯温泉 ホテル大高原の画像

4階建ての建物で、全部で12部屋あります。

ホテル大高原には

・ 混浴露天風呂
・ 3つの貸切露天風呂
・ 女性用内湯
・ 男性用内湯
・ 3つの貸切風呂

と、全部で9つのお風呂があり、源泉かけ流しですが源泉温度が63℃と高いために加水はしています。

私が行ったときにはこの日の日帰り入浴は受け付けていらっしゃいませんでした。以下は実際に入浴された方たちの情報です。少しでも参考になればと思います。

ホテル大高原のお風呂情報

ホテル大高原にはたくさんの貸切風呂がありますが、以前はこちらも混浴だったそうです。ですが、貸切とし利用したいというお客様が多く、現在では「わいたの湯」のひとつだけが混浴として利用できます。

わいたの湯はホテルの建物から外に出て石の階段を下りていくと到着します。木々の中にある岩風呂は3人ほどが入れるサイズで静かな環境で入浴できます。

ただ、他の露天風呂はこちらのわいたの湯のさらに奥にあるので、そちらの露天風呂を利用する場合はわいたの湯を通り過ぎなければならず、湯船には外から見られないように囲いなどはないのでかなり難易度は高いそうです。

敷地内から湧き出ている無色透明で湯の花が舞う新鮮な源泉はちょっと熱めですが、肌馴染みがいいそうです。

ホテル大高原にはこちらの混浴露天風呂の他にも、檜風呂の「こけももの湯」、本物の樽を切ってつくった樽風呂の「めおと風呂」、露天風呂の「ほたる湯」、渓流浴露天風呂の「もみじ湯」、貸切の「洞窟風呂」、内湯の「のんびり湯」などがあって、日帰り入浴でも貸切風呂を利用させていただけるのは嬉しいですね。

ホテル大高原を『Yahoo!トラベル』で予約

ホテル大高原を『ゆこゆこネット』で予約

【ホテル大高原の満足度】☆☆☆☆☆(未入浴)
【混浴恥ずかしさ度】☆☆☆☆☆(未入浴)

スポンサーリンク


ホテル大高原の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:単純温泉
ph:4.8 (弱酸性)
バスタオル巻き:不明
効能:神経痛・五十肩・関節痛・慢性消化器病・冷え症・うちみ…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^