明礬温泉「ヘビん湯」

住所:〒874-0843 大分県別府市明礬
TEL:
入浴料:無料
営業時間:24時間
定休日:無休
駐車場:スペースあり(徒歩約2分)

野天湯(混浴4)

スポンサーリンク


『じゃらん』で明礬温泉の宿を探す

楽天トラベルで明礬温泉の宿を探す
icon

明礬温泉とヘビん湯について(地図)

明礬温泉(みょうばんおんせん)は日本一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉を含む別府八湯のひとつで、江戸時代から明礬(湯の花)が採れ、今でも藁葺屋根の湯の花小屋が立ち並ぶ素敵な温泉地です。

「ヘビん湯」は別府三秘湯のひとつで、三秘湯のなかではいちばん奥にある整備された野湯です。全国的にも有名な野湯で、まさに野湯の代表格ともいえる存在です。

明礬温泉「ヘビん湯」の体験記

ヘビん湯へのアクセス方法

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

ヘビん湯へは「別府温泉保養ランド」から少し山のほうに上がって行ったところにあります。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

「別府温泉保養ランド」から国道500号線を山のほうに上がって行くとカーブの所の右側にゑびすや旅館さんの駐車場があります。そのすぐ先左側に「願掛地蔵尊」という看板と小道があるので、そちらを左に曲がります。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

こちらの看板の約500m先に「へびん湯」と「鍋山の湯」への分かれ道があります。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

前回の訪問時には「鍋山の湯」の事件が未解決だったため、こちらの柵が閉まっていてこれより先に行くことができませんでした。今回は通過できる状態になっていてほっとひと安心です。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

まずは日陰の砂利道を進むと

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

山々が見える未舗装の道に出ます。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

すると今度は左右の分かれ道が出てきます。左方向にくだると「へびん湯」方面に、右方向に上っていくと「鍋山の湯」方面に進みます。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

こちらの道は別府一周遊歩道ルートになっているようです。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

見晴らしのよい道を進むと今度は下り道になります。かなり細くて凸凹な道なので、傷ついても構わない小さな車などで行かれることをおススメします。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

今度は舗装された道路になって、さらに道なりに進むと――

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

看板と照明、そして右側に下がる細い道が出てくるので、こちらを右方面に進みます。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

下り道を降りきったあたり、画像の白い車がある場所に皆さん車を停めていらっしゃったので、私もそちらに停車しました。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

右側に川のほうへ降りていける石段のような下り道があるので、そちらを降りていくと…

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

川を渡ったすぐ先に小屋があります。あちらがヘビん湯の脱衣所になっています。野湯なのに車から降りてすぐに到着だなんて、すごく便利です!

野湯とは思えないハイクオリティなヘビん湯

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

脱衣小屋の前に湯船が川沿いに並んでいます。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

壁のない脱衣所は男女共用ですが、木棚の奥側に木板で囲われた1人分が着替えられるスペースがあるので、女性はその中で着替えると安心です。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

いちばん上流にある1つめの湯船です。

4~5本あるパイプから無色透明のきれいな源泉がドバドバと豪快に注がれていました。お湯質はさらりとクセがない肌触りのよいものでした。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

4つある湯船の中でいちばん大きく細長い湯船です。こちらは私には少し熱めの湯温でした。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

静かな森の中の川のすぐ脇にあるので、せせらぎ音がより鮮明に聴こえました。大きな木々に囲まれて木陰になっているので夏でも涼しく、鳥たちのさえずりも聞こえました。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

上流から2つめにある湯船は脱衣所のすぐ脇にあり、1つめの湯船の半分ほどの広さです。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

上流側2つ目までは川から少し上段にあります。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

こちらはひとつめの湯温より少しぬるく、私にとっては適温でした。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

上流から3番目にある湯船で、先程の2つの湯船よりも川の近くです。

ヘビん湯は地元の有志のかたが管理している野湯だけあって本当にきれいです。湯船の脇には桶やイスも置いてありました。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

こちらの湯船は5人用ほどのサイズで、私にとっては長湯できるくらいの適温さでした。

日中は森林浴が最高ですが、夜には満天の星空を眺めながら入浴できますよ。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

いちばん下流側にある4つめの湯船は川にもいちばん近いです。どの湯船のお湯もすごくきれいな透明湯で、野天湯にありがちな葉っぱや虫なども一切入っていない美しさでした。

明礬温泉 ヘビん湯 大分 野天湯 温泉 画像

「秘湯」という言葉がぴったりで、野趣あふれる雰囲気がある最高の野天湯です。

ミナの感想

やっと念願のヘビん湯に入浴できました!

道中は舗装されていない細いガタガタ道を通るので少し不安になりますが、まさかあんな道の先にこんなにも素敵な野湯があるなんて感動しました!

まず、野湯なのに管理がしっかりされていて、きちんとした脱衣所があったり、桶やイスが置かれていたりと予想以上に快適に入浴できる環境が整えられてるのにびっくりしました(駐車できる場所にはトイレもあるそうなのですが、今回確認し忘れてしまいました)。

お湯も信じられないくらいきれいな無色透明さで湯量も素晴らしく、湯温も少し熱めから少しぬるめまで各湯船によって違うので、どんな方でも適温で入れると思います。

そして何と言ってもロケーションが素晴らしいです。鳥のさえずりがよく聞こえるほどとっても静かな森の中に優しく流れる川があって、澄んだ空気とマイナスイオンを浴びながら広い湯船で両手両足を伸ばして良質なお湯に浸かれるなんて、さすが日本を代表する野天湯のひとつといわれるだけありますね!

ひとつだけ疑問なのが、なぜ「ヘビん湯」という名前なのか…です。行く前は「ヘビのようにヌルヌルしたお湯なのかな?」とか、「ヘビが出そうな場所にあるのかな?」とか考えていましたが、どちらも違うようです。

へビん湯の混浴難易度

野天湯なのに脱衣小屋があるだけでありがたいのですが、さらに隠れて着替えられる1人分のスペースがあるので女性でも安心して着替えができます。

全国的に人気の野湯で訪問者が多いのは確かですが(私の訪問中も3組のかたが入浴しに来ていました)、湯船は4つもあって段差もあるうえに広さも十分あるので、思ったよりも他の人が気にならずに入浴できる環境だと思います。

ヘビん湯はマナーの悪さや物盗りなど以前から問題点が指摘されている場所ですが、こんなにも素晴らしい野天湯がいつまでも続くように皆さんもぜひルールやマナーを守って利用して下さい。

『じゃらん』で明礬温泉の宿を探す

楽天トラベルで明礬温泉の宿を探す
icon

【ヘビん湯の満足度】★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】★★☆☆☆

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


ヘビん湯の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^