出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)

住所:〒699-1343
   島根県雲南市木次町湯村
TEL:
入浴料:無料
営業時間:24時間
定休日:斐伊川増水時は危険
駐車場:なし

野天湯

スポンサーリンク


『じゃらん』で野湯近くの清嵐荘を宿泊予約する

楽天トラベルで野湯近く清嵐荘を宿泊予約する
icon

出雲湯村温泉と露天風呂について(地図)

出雲湯村温泉は奥出雲の山里に位置し、斐伊川の清流を望む美しい山水に囲まれた温泉地で、古くは出雲國風土記に「漆仁(しつに)の川辺に薬湯あり」と記されている名湯です。そのお湯は「一たび湯浴みすればすなわち身体和らぎ、再びすすげばすなわち万病消える」とも残されいるほどで、昔からその効能の高さは有名です。

旅館はわずかに2軒だけという小さな温泉地である出雲湯村温泉には河原沿いに露天風呂(野湯)があります。

出雲湯村温泉 「露天風呂」(野湯)の体験記

野湯へのアクセス方法

出雲湯村温泉 露天風呂 野湯へのアクセス 画像

出雲湯村温泉にある「湯乃上館」の駐車場あたりに車を停めて河原沿いを上流に向かって見ると、コンクリートでできた小さな小屋のようなものの手前に下に降りられる板があります。

出雲湯村温泉 露天風呂 野湯へのアクセス 画像

細い木板を下っていくと、すぐ下の河原沿いにコンクリートにお水だかお湯だかが入っている湯船らしきもの発見!

**本当の露天風呂は私が入浴したところよりも少しだけ上流に行ったところにあるまん中にテーブルのような岩がある8人ほどサイズの岩風呂ですのでご注意ください。

出雲湯村温泉の露天風呂はのどかで最高!

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯) 画像

こちら、いかにも湯船っぽくて中を確認すると適温のお湯でした。

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)画像

本当は真ん中に岩があるもう少し大きな岩風呂だそうで、もしかしたらこの私が入ったところのさらに1段河原沿いにある湯船っぽいところがそれなのかもしれませんが、この日はお湯があまり入っていないうえにかなりぬるかったので違うかなと思ってしまいました。

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)画像

お湯は野湯とは思えないほど透き通っていてきれいでした。

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)画像

早速入浴してみるとちょうど適温でした。日当たりのよいところですので、真夏は熱く感じるかもかもしれません。

アルカリ性単純温泉ですが、ぬめり感などはない全くクセのないお湯質でした。

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)画像

湯底は砂地の上に石がゴロゴロ転がっていて、1分間に何度も湯底からプクプクと源泉が湧き出す足元湧出の湯です。私が指を指している所からよくプクプクしていました。

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)画像

斐伊川からすぐのところにあり、上流側も

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)画像

下流側も川と緑、山々という大自然の中に昔ながらの日本家屋が対岸に立ち並んでいて、とっても癒される風景でした。

川の流れる音だけが聴こえる静かな環境で、こんないいお湯に浸かれるとは思ってもみませんでした!

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)画像

湯船から道路を見るとこんな感じです。

出雲湯村温泉 露天風呂(野湯)画像

道路から露天風呂をみるとこんな感じ。本来皆さんがおっしゃっている露天風呂は私が入った四角いところから更に川沿いに見える「これ」かな??

【ミナの感想】

はぁ・・・またやってしまいました。。

周りを見渡してみたのですが私が入ったところよりもよさそうな感じの湯船が見当たらなかったので、「これだこれだ~♪」と何の疑いもせずに入ったのですが、帰ってきてから温泉マニアのかたに聞いたら「これじゃないよ」とのこと…。

結構この四角い湯船の周辺も歩いてみたのですが、いちばん湯船らしかったのがこちらで、あとは川の水が入ってきていたので違うと思ってしまいました。もしかしたら川の増水時だったのかもしれません(さっきは水量が少なかったとか言っておきながら…)。

これから行かれるかたは、くれぐれも私のように湯船を間違えないようにしてくださいね。
でも、間違えてもお湯質は同じでしょうし、入り心地もとってもよかったので問題はないですよ!

すっごく静かな中で昔と変わっていないんだろうなと思われる日本の美しい田舎の風景を眺めながら、足元からプクプクと湧き出している新鮮な温泉をダイレクトに感じられて至福のひと時を体験できました。長時間歩いたりせずに気軽に野趣あふれる野天湯が味わえるなんて最高でした。

混浴難易度

典型的な野湯ですから脱衣所もありませんし、隠れて着替えられるような所もありませんから、ササッと着替えられる服装でお出かけくださいね。

河原沿いを通る道路からも見える場所にあるのですが小1時間いた間に交通量はほとんどありませんでしたし、この場所で人と会うようなことも少ないかと思います。そういった点では女性も利用しやすいのかなと思います。

『じゃらん』で野湯近くの清嵐荘を宿泊予約する

楽天トラベルで野湯近く清嵐荘を宿泊予約する
icon

【出雲湯村温泉 野湯の満足度】 ★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】      ★★★★☆

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


出雲湯村温泉の露天風呂(野湯)の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^