雲見温泉「赤井浜露天風呂」

住所:〒413-0501
   静岡県賀茂郡河津町梨本359
TEL: 0558-35-7711
入浴料:1,000円 (子供500円)
営業時間:10:00~18:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴、女、男)
内湯 (混浴、貸、女、男)


スポンサーリンク


大滝・七滝温泉と天城荘について(地図)

大滝・七滝 (おおだる・ななだる) 温泉は川端康成の小説「伊豆の踊り子」ゆかりの天城に湧く温泉地です。

「天城荘 (あまぎそう)」は温泉のテーマパークのようで、庭内には大きな滝がありって入浴客以外にも観光客がたくさんいます。

大滝・七滝温泉「天城荘」の体験談

天城荘の外観画像・お風呂の種類

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

天城荘駐車場前の看板

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

日帰り入浴受付所。

利用券販売所の「明池亭」は道路から階段で少し降った左手にあります。

こちらには更衣室・ロッカー・シャワーがある他、タオルや水着のレンタルも行っています。

天城荘 (あまぎそう) には

・ 混浴露天風呂
・ 女性専用露天風呂
・ 男性専用露天風呂
・ 混浴内湯
・ 貸切内湯
・ 女性専用内風呂
・ 男性専用内風呂

と、全部で20以上と数え切れないほどのお風呂があり、4本もの源泉を持つ源泉かけ流しの天然温泉です。

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

ちなみに、日帰り入浴が出来るのは庭園にある野外施設の

・ 露天風呂
・ 穴風呂
・ 温泉プール

のあわせて15のお風呂。

混浴の画像付き口コミ

たくさんのお風呂があってどこから入っていいのかわからないので、入口から近いところから行くことにします。

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

貸切露天風呂 【見晴の湯】天城荘の露天風呂の中では一番高いところにあります。

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

【子宝の湯】  洞窟風呂のようです。

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

「子宝の湯」からさらに進行方向に進むと「大滝」に着きます。

画像右側に真っ暗な入口らしきものがありますが、これが天城荘名物風呂の穴風呂の入口。

入ると30mほどの洞窟になっていて、男女別のお風呂にたどり着きます。

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

【秘湯 穴風呂】

お風呂の入口は男女別ですが、奥でつながっていて混浴に!

実際はもっと暗くて狭く感じます。極度な暗所&閉所恐怖症の私はお風呂に入るのはおろか、こちらまでたどり着くのに冷や汗モノでした…

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

【大滝を臨む混浴露天風呂】

約30mの高さがある河津七滝の中でいちばん大きな「大滝」の滝壺すぐ横、渓流沿いにあるお風呂は「河原の湯」「滝見の湯」と呼ばれています。

大滝を見ながら入れる混浴露天風呂は全部で6つもあります。

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

大滝・七滝温泉 天城荘 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

浅いものから深さのある湯船、完全な露天から屋根付きの半露天までさまざまなお風呂がありますが、

お湯の温度はどちらも適温でマイナスイオンもたっぷり。なんといっても景色が素晴らしい!

でも、観光客にかなり見られます…

大滝・七滝温泉 天城荘 五右衛門風呂 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

さて、ちょっと戻って今度は五右衛門風呂の方向へ。

大滝・七滝温泉 天城荘 五右衛門風呂 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

【五右衛門風呂】

天城荘のなかでも人気が高い七滝の名前がついた7つの釜の「五右衛門風呂」。

人が多すぎて詳しい画像が撮れませんでした。

大滝・七滝温泉 天城荘 五右衛門風呂 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

【温泉プール】

水深1.5m、長さ25mという本格的プール。夏は温泉ではなく、お水になるそう。

プールも渓谷沿いにあって、近くには橋と水車が見えます。

この他にも天城荘には寝湯にぴったりな浅い「道祖神の湯」、ループ橋がよく見えるぬる湯の「霊泉蛇湯」といった露天風呂があります。

【ミナの感想】

天城荘の駐車場は「入湯者専用駐車場」の他にも「無料町営駐車場」が充実しているので駐車場に困る心配がありません。

天城荘の庭園はとっても広く勾配もあるので、全部回ると結構疲れます。

大滝・七滝温泉 天城荘 五右衛門風呂 混浴 静岡 日帰り温泉 露天風呂 水着 画像

滝や緑などの自然を堪能しながらお風呂に入れるのはとっても気分がいいです。

天城荘はしっぽりと温泉を味わうというより、友達同士や家族でわいわいとテーマパーク感覚で楽しむと満足できると思います。

ちなみに天城荘の宿泊者だけが体験できる夜の「大滝のライトアップ」は、とっても素敵だそうですよ♪

「天城荘」の混浴難易度

バスタオル巻きOK、水着着用OKなので混浴もしやすいですが、露天風呂目当てではない滝を見に来ただけの観光客の人たちもたくさんいるので、コインロッカーに服を置いて水着でウロウロするのも完全に浮いてしまってかなり恥ずかしいです。

かといってお風呂の移動ごとに洋服を着なければいけないのも大変。利用券販売所でもレンタルしていますが、バスローブのようなものがあると便利ですね。

天城荘を『Yahoo!トラベル』で予約

天城荘を『ゆこゆこネット』で予約

【天城荘の満足度】 ★★☆☆☆
【混浴恥ずかしさ度】★★★☆☆

スポンサーリンク


天城荘 (あまぎそう) の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^