川俣温泉「ふくよ館」

住所:〒321-2717
   栃木県日光市川俣584
TEL: 0288-96-0126
入浴料:500円
営業時間:10:00~14:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1)
内湯 (混1、女1、男1)


スポンサーリンク


川俣温泉 ふくよ館について(地図)

ふくよ館がある川俣温泉(かわまたおんせん)は、日光ICから車でさらに
約90分ほど北上したところにあります。

川俣温泉には鬼怒川沿いに豊富な源泉を持つ温泉宿が点在しています。

公共の交通機関を使ってふくよ館まで行く場合は、鬼怒川温泉駅から市営バスで川俣温泉まで約85分で到着します。

川俣温泉 ふくよ館 混浴露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

この看板が目印。

川俣温泉 ふくよ館の情報

    ふくよ館は地震の影響で残念ながら閉館してしまいましたが、またいつか復活して頂きたいという想いを込めて体験記はこのまま残させていただきます。

外観の画像

川俣温泉 ふくよ館 外観 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【ふくよ館の外観】

外観は綺麗で新しそう。

駐車場から見ると2階建に見えますが、実際はこの下にも階層がある5階建てです。

川俣温泉 ふくよ館 外観 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

反対側から見るとわかりやすいです。一番大きな建物がふくよ館です。

「ふくよ館」の混浴情報

日帰り入浴の受付時間内にお邪魔したのですが、お声を掛けても全く反応がなかったので残念ですが今回は入浴をあきらめました。

ふくよ館には

・ 混浴露天風呂
・ 混浴内湯
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯

と、全部で4つのお風呂があり、全てのお風呂が100%源泉かけ流しの天然温泉です。

混浴露天風呂へは入口の4階からエレベーターで1階まで降り、さらに長~い階段を下っていくそう。「四季の湯」と呼ばれる混浴露天風呂は鬼怒川沿いに建っています。

川俣温泉 ふくよ館 外観 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

近くにある橋からふくよ館の露天風呂だと思われる露天風呂が見えます。

青い屋根がそれだと思うのですが、間違っていたらごめんなさい。。。

もう少しズームインしてみます。

川俣温泉 ふくよ館 外観 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

やっぱりちょっとわかりずらいですね。

誰もいなかったからいいですが、ちょっと盗撮っぽくて嫌ですね…

川の流れ自然を楽しみながら入浴できる混浴露天風呂ですね。

ふくよ館のお湯は鬼怒川の少し上流にある間欠泉で湧く自家源泉が流れているそうです。湯温は熱めだとか。

**混浴露天風呂の脱衣所は小さく、男女共用だそう。

混浴露天風呂の上に混浴の内湯があるそうなので、きっとそちらからの景色もよさそうです。天気が悪い日や寒すぎる日には混浴内湯がいいですね。

帰ってから調べてみたら日帰り入浴は平日のみ受付けていて、宿泊のお客さんがいる場合は平日でもNGになるのだとか。

    ふくよ館は地震の影響で残念ながら閉館してしまいましたが、またいつか復活して頂きたいという想いを込めて体験記はこのまま残させていただきます。

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【ふくよ館の満足度】☆☆☆☆☆ (未入浴)
【混浴恥ずかしさ度】★★☆☆☆(予想)


ふくよ館の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪




  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^