奥鬼怒温泉郷「八丁の湯」

住所:〒321-2717 栃木県日光市川俣876
TEL: 0288-96-0306
入浴料:500円
営業時間:9:00~15:00
定休日:無休
駐車場:あり(女夫渕温泉無料駐車場に駐車)

露天風呂(混浴3、女1)
内湯 (女1、男1)


スポンサーリンク


奥鬼怒温泉郷「八丁の湯」について(地図)

八丁の湯がある奥鬼怒温泉郷(おくきぬおんせんきょう)へは環境保全のため女夫淵温泉から先、マイカーでの乗り入れが禁止されています。

八丁の湯に宿泊する場合は送迎車を利用できるため約20分で到着しますが、日帰り入浴の場合は約1時間10分かけて歩いて行かなくてはなりません

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

車は女夫渕温泉にある無料駐車場に駐車します。

8時過ぎに到着したのですが、既に市営駐車場にはたくさんの車が停まっていました。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

八丁の湯へは「奥鬼怒歩道」を歩いていきます。

現在歩道の一部分が崩落しているため、仮歩道ができていると書かれていました。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

橋を渡って、大自然あふれるハイキングのスタートです!

最初の1Km弱は車も通る「スーパー林道」を歩きます。少し坂道になっていて既にここで体力奪われました…

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

この看板から車道と離れて「仮歩道」に入るため、右に曲がります。ここから八丁の湯まで約4Km (70分) あります。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

先ほどまでは砂利道でしたが、仮歩道は緑の木々いっぱいの涼しい土の道でハイキング気分が高まります。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

ここから沢に向かって下っていきます。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

新しい橋を渡ります。ここでは釣りをしている人の姿も見かけました。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

途中急な階段や坂道もありますが、半分以上は平坦な道でした。

沢沿いの道をずっと歩くのですが日陰がほとんどですし、水の音が気持ちいいので真夏でもそれほど暑く感じないと思います。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 ハイキング 栃木 画像

八丁の湯は4つある奥鬼怒温泉郷の宿の中で一番手前にあり、ハイキング開始から休憩なしで早めに歩いて1時間ほどで到着しました。

奥鬼怒温泉郷「八丁の湯」の体験記

外観の画像

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 外観 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【八丁の湯の外観】

日帰り入浴の受付けは1929年の開業当初からの歴史を感じる風情のある2階建て木造の本館にあります。

八丁の湯は奥鬼怒温泉郷のなかで最も古い温泉宿で、1987年までは電気も通っていなく、「ランプの宿」として有名でした。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 外観 栃木 画像
奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 外観 栃木 画像

建物前は渓流沿いになっていて天然水が飲める場所も。座って自然を満喫できるスペースもあります。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 足湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

周りには現代的なログハウスが5棟並んでいて、自然と調和しています。

館内の画像

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

建物入って右側に下駄箱、正面が受付になっています。

八丁の湯には

・ 3つの混浴露天風呂
・ 女性専用露天風呂
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯
・ 温泉プール (夏期のみ)

と、全部で5種類のお風呂があり、2本の源泉が敷地内の8か所で山肌から毎分300リットルも湧出している加水・循環なしの100%源泉かけ流しの天然温泉です。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

受付から右に来たところ。こちらを左に曲がると混浴露天風呂、まっすぐ行くと女性専用露天風呂と休憩スペースがあります。

混浴露天風呂「雪見の湯」と「温泉プール」の口コミ情報

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 脱衣所 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【混浴露天風呂の脱衣所】

男女共用ですが、女性はカーテンの中で着替えられるので安心です。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 脱衣所 日帰り温泉 栃木 画像

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 脱衣所 日帰り温泉 栃木 画像

脱衣所にはロッカーと洗面台、タオル乾燥機もありました。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【混浴露天風呂】「雪見の湯」

脱衣所のすぐ隣にあるコンクリートの四角い湯船で、小さな湯の花が舞う無色透明のお湯が木筒から流れ落ちています。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

うっそうと茂る緑と、ほどよい水量の滝が見れます。

太陽がガンガンに当たっているせいもあるかもしれませんが、かなり熱めのお湯でした。冬はまずこちらで体を温めるとよさそうです。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴 温泉プール 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【温泉プール】

「雪見の湯」の左斜め前にあり、子供用の浮き輪も置いてありました。

プールというだけあってお尻をつくと鼻が隠れるくらいの深さがあります。

こちらも無色透明小さな湯の花が舞っていますが、雪見の湯よりも温度は低くて40℃程度でした。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴 温泉プール 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

温泉プールの岸壁からは3か所から源泉が湧出していて、ここから木筒を伝ってお湯が各湯船に流れています。

混浴露天風呂「滝見の湯」の口コミ情報

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 滝見の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

今度は「雪見の湯」の右側にある
石段を降りて行きます。

降りた右側の小屋には桶とイス、リンスインシャンプーとボディソープが置かれていました。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 滝見の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【混浴露天風呂】「滝見の湯」

八丁の湯でいちばん有名な混浴露天風呂です。

自然の石で組まれた優しい雰囲気の大きな湯船はブナなどの緑に囲まれて、すごく絵になります。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 滝見の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

湯船の真ん中にある大きな石の上に寝て体を焼いているかたもいました。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 滝見の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

川を挟んで滝の前にあるので、雪見の湯より近くでを眺めることができます。こちらのお湯も無色透明小さな湯の花が浮いていました。湯温は40℃ほどなのでゆっくりと浸かっていられました。

そして、画像左に人がいる所にももうひとつの混浴露天風呂があるんです!早速行ってみましょう♪

混浴露天風呂「石楠花の湯」の口コミ情報

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂  日帰り温泉 栃木 混浴 画像

素敵な石の階段を登って行くと…

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 石楠花の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【混浴露天風呂】「石楠花の湯」

石職人さんの希望でつくった3人ほどが入れる小さな石造りの湯船です。

6月頃には一面に石南花の花が咲き乱れるそうです。とても気分がいい!!

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 石楠花の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

無色透明41℃ほど1号源泉が注がれています。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 石楠花の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

湯船に浸かって滝を見るとこんな感じに見れます。滝に手が届きそうなほど近く、横から滝が見れちゃうんです。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 石楠花の湯 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

下から見るとこうなっています。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 混浴露天風呂 石楠花の湯  日帰り温泉 栃木 画像

石楠花の湯から下を見ると、「滝見の湯」や休憩室、女性専用露天風呂の建物、小川や緑が見えます。気分も最高♪

女性専用露天風呂の口コミ情報

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 女性専用露天風呂 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

女性専用露天風呂へは休憩室があるログハウスの手前通路を左に行くと入口です。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 女性専用露天風呂 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

木造の階段を下ると…

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 女性専用露天風呂 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【女性専用露天風呂】

少し遠いですが、こちらからも滝は見られます。

奥鬼怒温泉郷 八丁の湯 女性専用露天風呂 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

ちなみに混浴「石楠花の湯」から見える女性専用露天風呂はこんな感じ(右の建物)。

【ミナの感想】

まず、八丁の湯は本当に秘境にあります。奥鬼怒歩道は平坦な道ばかりではなく、途中段差の激しい階段やゴツゴツした岩を登ったりする場所、落石がある道、湿地帯のようにぬかっている道もあって、普段ハイキングをしない私には予想以上に大変でした。サンダルやヒール、ブーツなどではなく、必ずスニーカー以上のきちんとした靴を履いていってくださいね。

八丁の湯は木々に囲まれていて四季それぞれに素敵な景色が楽しめそうです。特に紅葉の時期は格別でしょうね。

人気の混浴露天風呂なだけあってたくさんの人が入浴していましたが、広い空間に複数の湯船があるのであまり気にならず、静かでのどかな雰囲気の中で入浴できました。また、人が多くて入れないかなと思っていた小さな露天風呂も長湯する人はいなく、なんとなく順番に入れたのですごく良かったです。

どうでもいい話ですが、温泉に浸かったバスタオルは必ずといっていいほど硫黄の匂いや変な匂いがついてしまったり、変色してしまったりするのですが、八丁の湯の湯あがりにバスタオルの匂いを嗅いだらフローラルないい香りがしました♪

「八丁の湯」の混浴難易度

八丁の湯の混浴はバスタオル巻きOKなので、安心して入浴できます。様々な年代の女性がバスタオルを巻いて混浴しているので恥ずかしさも半減します。

女性専用露天風呂からも滝が見えますが、やはり混浴露天風呂のほうが景色も雰囲気がいいので、女性の皆さんも自然と一体化して豊富なお湯をぜひ満喫してみてください!

八丁の湯を『じゃらん』で予約

周辺の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

【八丁の湯の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】★☆☆☆☆

スポンサーリンク


八丁の湯の詳細情報(身体への効能など)
泉質:単純温泉
ph: 7.2 (中性)
バスタオル巻き:NG
効能:神経痛・運動麻痺・間接痛・慢性消化器病・痔疾・冷え症動脈硬化症慢性皮膚病
…etc.




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^