湯西川温泉 金井旅館の露天風呂画像

住所:〒321-2601
   栃木県日光市湯西川822
TEL: 0288-98-0331
入浴料:500円
営業時間:10:00~16:00
定休日:不定休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1、女1、男1)
内湯 (貸1、女1、男1)

スポンサーリンク


『じゃらん』で湯西川温泉の宿を予約する

楽天トラベルで湯西川温泉の宿を予約する
icon

湯西川温泉「金井旅館」について(地図)

金井旅館(かないりょかん)がある湯西川温泉 (ゆにしがわおんせん) は栃木県 にある湯西川の上流、標高743mの里に湧く温泉地です。

湯西川温泉「金井旅館」の体験記

金井旅館への行き方・外観の画像・お風呂の種類

湯西川温泉 金井旅館 日帰り温泉 栃木 画像

金井旅館へは湯西川温泉のメイン通りである県道249号線沿いを走り、「旅館 松屋」の道を曲がります。

湯西川温泉 金井旅館 ロビー 日帰り温泉 栃木 混浴 露天風呂 画像

曲がると20mほどで右手にある建物が金井旅館です。すぐ左手にあるのが駐車場です。

湯西川温泉 金井旅館 ロビー 日帰り温泉 栃木 混浴 露天風呂 画像

【金井旅館の外観】

湯西川温泉 金井旅館 ロビー 日帰り温泉 栃木 混浴 露天風呂 画像

【金井旅館の入口】

湯西川温泉 金井旅館 ロビー 日帰り温泉 栃木 混浴 露天風呂 画像

玄関入ってすぐ右前が受付です。

金井旅館には

・ 混浴露天風呂
・ 女性専用露天風呂
・ 男性専用露天風呂
・ 貸切内湯
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯

と全部で6つの湯船があり、全て源泉かけ流しの100%天然温泉です。ですが、私が教えてもらった混浴露天風呂に関して宿のかたは「湯だまり」であって湯船ではないとおっしゃっていました。

また、金井旅館では対岸にある薬研の湯を無料開放しています。

男女別内湯の口コミ情報(画像付き)

湯西川温泉 金井旅館 男女別内湯 日帰り温泉 栃木 画像

玄関を入って左側にある通路を進むと――

湯西川温泉 金井旅館 男女別内湯 日帰り温泉 栃木 画像

左側に階段が出てくるので、こちらを降ります。

湯西川温泉 金井旅館 男女別内湯 日帰り温泉 栃木 画像

するとレトロな洗面所があります。

湯西川温泉 金井旅館 男女別内湯 日帰り温泉 栃木 画像

そして左に曲がると内湯があります。こちらは女性用内湯のドアです。

湯西川温泉 金井旅館 男女別内湯 日帰り温泉 栃木 画像

【女性用内湯の脱衣所】

広さはこじんまりとしていますが、スッキリと清潔感があります。

湯西川温泉 金井旅館 男女別内湯 日帰り温泉 栃木 画像

【女性用内湯】

3~4人用サイズのタイル張りの湯船には毎分300リットルという湯量豊富な源泉がかけ流されています。

湯西川温泉 金井旅館 男女別内湯 日帰り温泉 栃木 画像

内湯にはシャワー&蛇口に、シャンプーとボディソープが完備されていました。貸切内湯もこちらと同じくらいの広さ・造りでした。

混浴露天風呂と男女別露天風呂の口コミ情報(画像付き)

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

玄関から続く廊下を進み、階段を降りるまでは内湯と同じですが、全ての露天風呂へはそのまま突き当りまで直進します。すると引き戸が出てくるので、こちらを開けてみると――

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

目の前によしずが掛かっていて、その先に湯船らしきものがあります。こちらが旅館のかたいわく「湯だまり」、混浴マニアたちいわく「混浴露天風呂」です。

着替えるところがないので、すぐ隣にある男女別露天風呂の脱衣所へ向かいます。

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

こちらが女性用露天風呂の入口です。画像左奥に見える小さな青い暖簾のようなものが掛かっているところが男性用露天風呂の入口。

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

【女性用露天風呂の脱衣所】

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

【女性用露天風呂】

脱衣所のすぐ前はなんの仕切りもなく湯船です。目隠し用に簾が掛かっているため景色はよくありませんが、暖簾をクルクルっと上げることもできます。

露天風呂も宿の方に言えば「入浴中」という看板を渡してくれ、それを暖簾に掛けておけば貸切露天風呂として利用できますよ。

――さて、こちらで着替えが済んだら、覚悟を決めて「例」の所へ!

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

【混浴露天風呂】

川沿いにある2人用サイズの岩風呂は男女別露天風呂の閉鎖感とは正反対の超開放的な湯船です。

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

男女別露天風呂は簾でガッチガチに囲われているのに、こちらの湯船だけは野放し状態です。

この差を見ると、確かに宿のかたが「湯だまり」とおっしゃっているのもうなずけます。

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

うわぁ!すごく気持ちがいいし眺めも最高!!

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

――だけど、対岸からの丸見え感も最高……

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

野趣溢れる景色といい開放感といい、完全に野天湯の雰囲気ですね。

無色透明で少し熱めのお湯は優しくまろやかで肌にぐんぐん浸透されて、入浴後はしっとりすべすべ肌になれました。

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

こちらの橋を渡ってすぐ左側に降りたところに、金井旅館さんが管理している薬研の湯があります。

湯西川温泉 金井旅館 露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

対岸から見た金井旅館と露天風呂。

対岸にはお土産屋さんなどが並んでいるので、混浴露天風呂(湯だまり)を利用する場合は他の人の迷惑にならないように特に日中はかなり注意しなければなりません。

湯西川温泉 金井旅館 男女別大浴場 日帰り温泉 栃木 画像

【ミナの感想】

前回金井旅館に来た時に宿のかたに混浴露天風呂のことを伺ったら、「混浴はやっていない、あれは『湯だまり』だ」と言われて以来私の中で納得がいかない悶々としたものが残っていて、結局再訪して「湯だまり」に入浴してきました。

どんなところかは前回の訪問時に見ていたのでわかっていはいたものの、入る前はそのあまりにも開放的すぎる空間に一瞬ためらいました。でも一度入ってしまうと「なんて気持ちのよいお風呂なんだろう♪」と一気に極楽気分になれました。

その湯だまりは少し熱めの新鮮なお湯がたっぷりで、そこに身をゆだねて太陽の光を全身に浴びながら奥深い緑と雄大な川の流れが目に優しく、そして昔ながらののどかで美しい風景が心にも温かくて最高に心地よかったです。そこにいると、太陽がプラス、川と緑の山々がマイナス、建物や風景がフラットな世界観に見えて、自分がきれいにリセットされたような気がしました。

本当は大きな声で皆さんにおススメしたいところですが、宿のかたも諸事情があり「混浴です」とは言えないのだと思います。ですからもし皆さんが利用する際も、「『湯だまり』に自己責任で勝手に入るんだ」という認識でお願いいたします。

「金井旅館」の混浴難易度

体験記の写真を見ていただければわかるとおり、橋や対岸から露天風呂は丸見えです。たまたま私が入浴中は人通りが全くなかったのでくつろいげたのですが、対岸の通りはお土産屋さんなどもあって1日を通して結構人が通るので、女性の混浴はかなり恥ずかしいと思います。

見られるのも当然嫌ですが、偶然見えてしまったほうも嫌な気分になり得りますので、できるだけ人がいないことを確認して入浴するように心がけましょうね。

『じゃらん』で湯西川温泉の宿を予約する

楽天トラベルで湯西川温泉の宿を予約する
icon

【金井旅館の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】★★★★★

↓ 混浴未公開画像プレゼント中 ↓
無料メルマガに登録する

スポンサーリンク


金井旅館の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^