龍神温泉「下御殿」

住所:〒645-0525
   和歌山県田辺市龍神村龍神38
TEL: 0739-79-0007
入浴料:1,000円
営業時間:12:00~21:00 (要確認)
定休日:不定休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1)
内湯(女1、男1)


スポンサーリンク


龍神温泉と下御殿について(地図)

和歌山県の真ん中あたりにある龍神温泉(りゅうじんおんせん)は開湯してから1200年もの歴史があり、「日本三大美人の湯」のひとつとして有名な温泉地です。

龍神温泉 下御殿 和歌山 無料  画像

「下御殿(しもごてん)」は徳川頼宣が命令して造られ、かつての紀伊藩主御用達の老舗温泉旅館です。

龍神温泉「下御殿」の体験記

下御殿の外観と館内画像

龍神温泉 下御殿 和歌山 無料  画像

【下御殿の外観】

下御殿は日高川の渓谷沿いに建っています。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

建物右側にある階段を降りると入口があります。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

玄関向かいには石でできた七福神が。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【下御殿の玄関】

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

玄関入ってすぐ右側が受付です。

下御殿には

・ 混浴露天風呂
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯

と、全部で3つのお風呂があり、適温にするために加温している天然温泉です。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

お風呂場へは玄関から左に進み、エレベーターで下に降ります。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

エレベーターを降りたら右に進みます。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

脱衣所の手前にはコインロッカーが完備。

男女別内湯の画像付き口コミ

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

廊下突き当たりに女性用内湯入口があります。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【男女別内湯脱衣所】

きれいな脱衣所で洗面台にはドライヤー、クシ、クレンジング、ボディソープ、綿棒などが完備されていました。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【男女別内湯】

長方形の檜風呂で8人用位の大きさです。

景観はありませんが、檜の香りで落ち着いた雰囲気。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

内湯にはシャワー&カランにシャンプー・リンス・ボディソープが完備されていました。

男女別の内湯は朝と午後で男女交代制になっていて、この時間の男性用内湯はちょっと変わっているのだとか。この時は誰も入っていないというのでちょっとだけ見せて頂きました。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【男女別内湯】

すごーいっ!!全国的にも珍しい洗い場も湯底も畳敷きのとっても贅沢なお座敷風呂

入りたかったな。

混浴露天風呂の画像付き口コミ

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

混浴露天風呂へは男性用内湯より奥にあるガラス張りのドアから外に出ます。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

外に出るとサンダルが用意されています。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

すぐ左手に下り階段があり、その先に湯船が見えます。

階段は滑りやすくて「すってんころりん」するかたも多いそうなので気を付けて降りてくださいね。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

階段を降りたところに、脱衣スペースというよりは荷物置といった棚があります。

上からも下からも丸見えな場所なので、女性は内湯で着替えてタオルを巻いて来たほうがいいかも。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

【混浴露天風呂】

日高川のすぐ横に突き出していて、開放感溢れる岩風呂。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

実際川は眼下に流れていますが、まるで川と一体化しているような造りで景色を見ているだけでとっても気持ちいいです!

お湯は無色透明で、まるで美容液のように信じられないくらいにゅるにゅるです♪

まさに『美肌の湯!!』

途中からご一緒させて頂いた常連のお姉さんとこちらの温泉のことはもちろん、プロ野球談議でも盛り上がり、とっても楽しいひと時になりました。

龍神温泉 下御殿 和歌山 混浴 露天風呂 日帰り入浴 温泉 画像

対岸には木々が見えて季節ごとに違った景色を楽しめそうです。

夜にはこの木々がライトアップされるそうです。

  こちらの混浴露天風呂は
  日高川が増水している時には
  入浴することができません。

【ミナの感想】

ほんとうに美容液みたいなにゅるにゅるのお湯で入浴後はもちろん、数時間経った後のほうがつるんつるんの理想的なお肌に♪

混浴露天風呂は大きくはありませんがとっても静かで落ち着く空間で、湯船から渓谷を眺めていると心の中のいろんなものが全て川の流れと一緒にきれいに流されていくようなすごくすっきりとした気分になりました。

それほど特別感があるお風呂というわけではありませんが、お湯質も含めてお気に入り温泉のひとつです。

「下御殿」の混浴難易度

混浴の脱衣スペースは湯船からも階段上からも丸見えなので、女性は内湯の脱衣所で着替えてからバスタオルを巻いて移動してきたほうがいいですね。

湯船も階段上から見えますし、川の少し上流に橋があってそちらからも見えるので女性が混浴しやすいとは言えません。先にお客さんが入っていたらかなり入りずらいと思います。

でもバスタオル巻きOKですし(常連のお姉さんは水着を着ていました)、せっかくの美人の湯ですから自然を感じながらお湯を浸透させて心もお肌もより美しくなっちゃいましょう!

下御殿の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

龍神温泉の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【下御殿の満足度】 ★★★★★
【混浴恥ずかしさ度】★★☆☆☆

スポンサーリンク


下御殿の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^