瀬見温泉「喜至楼」

住所:〒999-6211
   山形県最上郡最上町大堀988
TEL: 0233-42-2011
入浴料:500円
営業時間:10:00~15:00(受付終了14:30)
定休日:なし
駐車場:あり(無料)

内湯(混2、女2、男2、貸4)


スポンサーリンク


瀬見温泉 喜至楼(きしろう)体験記

瀬見温泉(せみおんせん)は『義経弁慶伝説の湯』として知られる山形もがみ温泉郷にある小国川に沿う静かな温泉地です。

義経が岩手県平泉に逃げる途中の瀬見温泉で息子が誕生したそうで、瀬見温泉のお湯が産湯として使われたと言われています。

喜至楼 瀬見温泉 山形 外観 画像

【喜至楼の建物】

喜至楼という名前は創業者の高橋喜至楼さんからとったもので、江戸時代から創業する老舗旅館。

喜至楼は山形県内に現存する最古の旅館建築物だそうです。

瀬見温泉 山形 湯前神社 画像

喜至楼の隣には1718年に再建された「湯前神社」があり、足湯飲泉も楽しめます。

喜至楼本館 瀬見温泉 山形 外観 建物 画像

【喜至楼本館】

確かに明治元年に建てられた本館はとても歴史を感じます。

日帰り入浴の受付はこちらから。

喜至楼本館 瀬見温泉 山形 玄関 建物 画像

【喜至楼の玄関】

正面の壁には大きな掛け時計が。フロントへは階段を3回上がったところにあります。

喜至楼には

・ 2つの混浴内湯
・ 2つの男性専用内湯
・ 2つの女性専用内湯
・ 4つの貸切風呂

と、全部で7つのお風呂があり、全て源泉かけ流しの100%天然温泉です。

**7つのうち日帰り入浴客が利用できるのは4つのお風呂に限られています。

喜至楼 瀬見温泉 山形 建物 画像

お風呂場はまた1階に戻り、玄関から左に進みます。

きれいに磨かれた木造の床はミシミシいう場所もありますが、その音がなぜか懐かしい響きです。

喜至楼 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 日帰り入浴

喜至楼 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 混浴 日帰り入浴

まず、女性用内湯があり、開けると脱衣所になっています。

喜至楼 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 日帰り入浴

女性専用内湯【あたたまり湯】

湯船は5人用くらいの小ささで超シンプル、湯冶場的な雰囲気です。

喜至楼 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 日帰り入浴

男女別内湯にはシャワー・シャンプー・ボディソープが完備。

女性用内湯の先に男性用内湯があります。

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

混浴内湯【ローマ式千人風呂】入口

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 日帰り入浴 画像

ローマ式千人風呂の脱衣所

混浴の脱衣所は男女共用。しかも画像左側に窓があり、その先がもう浴室なのですが…

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 日帰り入浴 画像

窓は透明ガラスで丸見えです。。これは先に誰かが入浴中の場合、女性のかたはハードルが高いですね。

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

混浴内湯【ローマ式千人風呂】

円形の湯船で真ん中に柱があるローマ式千人風呂は、明治~昭和のはじめに日本各地の温泉旅館で流行ったそう。

100年以上の歴史がある喜至楼のローマ千人風呂は今では日本で唯一の混浴ローマ千人風呂です。

お湯は画像では緑っぽくみえますが、これは湯底のタイルが緑色なだけであって実際は無色透明・無味無臭

中央の円中から出ている源泉は68.5℃と熱いので沢からの自然水を加水しているそうですが、それでも熱かったです。温度調整は従業員のかたに声をかけてくださいとのこと。

浴室自体は広くはありませんが、2面が窓で天井も高いので実際より開放感があります。

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

混浴の浴室には水道の蛇口とシャンプー・ボディソープが完備

  ローマ千人風呂は基本的に混浴ですが
  15:00~18:00の間は女性専用タイム、
  19:00~21:30の間は男性専用タイムになります。

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

もうひとつの混浴内湯【岩風呂】入口

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 日帰り入浴 画像

岩風呂の脱衣所

こちらの混浴脱衣所も男女共用でガラス窓というオープンさ。

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

混浴内湯【岩風呂】

4人用くらいの大きさの岩造りの湯船で、こじんまりとしています。

喜至楼 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 日帰り入浴 画像

こちらの浴室には水道の蛇口のみがありました。

喜至楼 瀬見温泉 混浴 温泉 ローマ千人風呂 山形 画像

宿泊のお客さんはこちらの別館が入り口だそうです。

別館には宿泊者専用の男女別内湯・貸切風呂があります。

【ミナの感想】

喜至楼は建物に入った瞬間から明治時代にタイムスリップしたような独特の雰囲気があります。設備や施設も当時の状態を大事に残しているのできれいさや快適さを求めるかたには向きませんが、レトロな雰囲気と情緒を楽しみたい方にはとてもいい旅館だと思います。

源泉はすごく熱くて長湯はできませんが、お湯の新鮮さがよくわかってとても気持ちがよかったです。

【ミナの感想】

女性の混浴は脱衣所も共用でお湯も透明で浴室には湯船があるだけで岩など隠れるところもないので、かなりの勇気が必要です。

喜至楼を『Yahoo!トラベル』で予約

瀬見温泉の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【喜至楼の満足度】 ★★★☆☆
【混浴恥ずかしさ度】★★★★★

スポンサーリンク


喜至楼の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^