瀬見温泉「旅館小川屋」

住所:〒999-6211
   山形県最上郡最上町大字大堀990
TEL: 0233-42-2411
入浴料:400円
営業時間:10:00~14:00
定休日:不定休(要確認)
駐車場:あり(10台)

内湯 (混1、貸1、女1)


スポンサーリンク


瀬見温泉 旅館小川屋 体験記

瀬見温泉と旅館小川屋について(地図)

瀬見温泉(せみおんせん)は『義経弁慶伝説の湯』として知られる山形もがみ温泉郷にある小国川に沿う静かな温泉地です。

義経が岩手県平泉に逃げる途中の瀬見温泉で息子が誕生したそうで、瀬見温泉のお湯が産湯として使われたと言われています。

瀬見温泉 山形 湯前神社 画像

瀬見温泉の入口には1718年に再建された「湯前神社」があり、足湯や飲泉も楽しめます。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 外観 画像

【旅館小川屋の建物】

旅館小川屋は瀬見温泉街のほぼ中央にあります。外観は年季が入った建物。

旅館小川屋本館 瀬見温泉 山形 外観 建物 画像

【旅館小川屋の玄関】

玄関には「お湯も笑顔もあったかい」のキャッチフレーズが。

旅館小川屋本館 瀬見温泉 山形 玄関 建物 画像

玄関を入るとすぐに大きな階段があります。

ロビーというには小さい応接スペースが目の前にあって、常連のお客さんらしき人たちがくつろいでいました。

旅館小川屋には

・ 混浴内湯
・ 女性専用内湯
・ 貸切風呂(家族風呂)

と、全部で3つのお風呂があり、全て源泉かけ流しの100%天然温泉です。

旅館小川屋のお風呂

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 建物 画像

先ほどの階段を上がってすぐ右手前に貸切内湯(家族風呂)があります。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 日帰り入浴

【貸切内湯の脱衣所】

家庭のお風呂場のような造りで2~3人でいっぱいの広さ。

扇風機や使い捨てカミソ、麺棒も置いてありました。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 日帰り入浴

【家族風呂】(貸切風呂)

湯船は3~4人用くらいの小ささで超シンプルな造り。

おうちのお風呂みたいですね。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 日帰り入浴

シャワー&カラン、リンスインシャンプー、ボディソープ、鏡が完備。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 建物 画像

貸切風呂と並んであるのが女性専用内湯。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 日帰り入浴

【女性専用内湯の脱衣所】

家族風呂の脱衣所よりは広いですがこじんまりとしています。

ティッシ、綿棒、体重計などがセンスよく置いてありました。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 男女別内湯 温泉 画像 日帰り入浴

【女性専用内湯】

広さも湯船の大きさも設備も貸切風呂と全く一緒。

ですが女性用はバラ風呂でした。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

赤・ピンク・黄色と色鮮やかで大きなバラはすごくいい香りがして、目も鼻も癒されました。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

家族風呂・女性用風呂の前に洗面台とハンドソープ、ドライヤーがありました。

きれいなヒマワリも飾られていました。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

混浴内湯になっている大浴場は玄関の階段を上がってそのままずーっと直進、そして階段を下った建物奥の左手にあります。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

混浴の脱衣所入口(ボケボケ画像ですみません…)。

脱衣所の手前に下駄箱がありこちらでスリッパを脱ぎます。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 日帰り入浴 画像

【混浴内湯の脱衣所】

10人以上入れる広くて清潔感のある脱衣所。

体重計の他に竹踏みも。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 日帰り入浴 画像

洗面台にはドライヤー、綿棒、ブラシ、ティッシュ、ローションなどが完備。

こちらにもきれいなお花が飾られていました。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

混浴内湯【大浴場】

20人くらい入れそうなプールみたいな湯船。

景色はよくありませんが、広々すっきりしているので開放感は感じられます。

源泉は68℃近くあるので井戸水で加水しているそうですがそれでもかなり熱く、45℃はありました。湯船のタイルは水色ですがお湯は無色透明、無味無臭

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 画像 日帰り入浴

熱いので長湯はできませんが、誰もいなければ広々としてすごくのんびりできます。

ただ、誰か入ってくるんじゃないかと若干びくびくでした。

旅館小川屋 瀬見温泉 山形 混浴 温泉 日帰り入浴 画像

シャワー&カラン、鏡、石鹸リンスインシャンプー、ボディソープが完備。

  大浴場は基本的に混浴ですが
  21:00~22:00 / 6:00~7:00の間は女性専用タイムで、
  この間、家族風呂男性専用タイムになります。

【ミナの感想】

旅館小川屋さんは家族で切り盛りされているようで、家庭的で優しいおもてなしがとっても癒される旅館です。景色がいいとかお風呂の造りがすごいとかそんな特別感はありませんが、館内のいろいろな所にきれいな生花が飾られているだけで素敵な空間になっていましたし、アメニティの置き方も可愛らしく工夫されていたりと、ちょっとした心遣いが感じられてとても温かい気持ちにさせられました。

お湯はクセがなく、入浴後は体がシャッキっとしてしばらくポッカポカが続きました。もちろんお肌はしっとり~。

こじんまりと家庭的な旅館ですが、素敵なおもてなしで特に女性が喜びそうなお宿だと思います。

旅館小川屋の混浴難易度

通常カップルや家族で来たお客さんには混浴ではなく貸切風呂(家族風呂)を勧めているようですから、混浴というより大浴場に男性のお客さんがいなかったら女性も入れますよという感じで説明してくださいました。

混浴内湯は広いですが大きな湯船と洗い場があるだけなので、もし男性のお客さんがいる時の女性の混浴はかなりの勇気が必要です。

瀬見温泉の宿を『Yahoo!トラベル』で予約

瀬見温泉の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【旅館小川屋の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】 ★★★★★

スポンサーリンク


旅館小川屋の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^