新高湯温泉 「吾妻屋旅館」[cc id=99 title=

住所:〒992-1472
   山形県米沢市関湯の入沢3934
TEL: 0238-55-2031
入浴料:500円
営業時間:12:00~16:00
定休日:無休
駐車場:あり(33台)

露天 (混4、女1)
内湯 (女1、男1)


スポンサーリンク


吾妻屋旅館 混浴体験記

新高湯温泉と吾妻屋旅館について(地図)

吾妻屋旅館がある新高湯温泉は福島県との県境に近い米沢市の標高1126mにある天然温泉で、明治35年に開湯した歴史ある温泉地です。

吾妻屋旅館に行くまでにはかなり狭い砂利道の急な坂を上って行かなくてはなりません。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

駐車場から見える露天風呂(右)と旅館(左)

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

まずはこの建物にある旅館の受付で入浴料金を支払います。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

新高湯温泉 吾妻屋旅館には

・ 滝見露天風呂(混浴)
・ 眺望露天風呂(混浴)
・ 2種類の「根っこ風呂」(混浴)
・ 大岩たぬき風呂(女性専用)
・ ひのき風呂(男女別内湯)

の、5種類のお風呂があります(内湯のひのき風呂は宿泊者のみ利用できます)。

吾妻屋旅館では綺麗な空気の中で露天風呂三昧

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

まずは、旅館の脇の坂道を上って「滝見露天風呂」へ。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

お風呂のすぐ横に男女共同の脱衣所があります。中は棚とカゴがあるだけ。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

混浴の【滝見露天風呂】

渓流の堤防から清流が滝のように流れ落ちています。

マイナスイオン浴びまくり~

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

源泉が惜しげもなく流れてきます。滝見温泉のお湯はぬるめなので、ゆっくりと入っていられます。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

滝見露天風呂から下って行くと、左側に女性専用露天風呂の「大岩たぬき風呂」があります。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

女性専用露天風呂【大岩たぬき風呂】

昔この岩の間に狸が住んでいたことからこの名前がついたそう。

周りから見えないぶん景色はよくありません。お風呂も小さく、若干窮屈な感じがしました。

旅館の目の前に混浴露天風呂が3種類あります。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

階段を降りていくと、まず右側に根っこ風呂があります。

このお風呂に使われている木はなんと樹齢500年!

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

【根っこ風呂】(長方形バージョン)

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

【根っこ風呂】(円形バージョン)

根っこ風呂は混浴と言っても1人しかはいれないので貸切風呂状態です。

こちらも両方とも贅沢にも源泉掛け流し。

根っこ風呂からの眺めは素晴らしく、夜には星もきれいに見えるだろうな。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

根っこの湯から左に行くと、眺望露天風呂があります。暖簾がかかっている小屋が男女共同の脱衣所です。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

混浴の【眺望露天風呂】

15人ほどが入れるまあるい岩風呂です。

お湯の温度は滝見露天風呂より温かいですが少しぬるめで長湯に最適です。

新高湯温泉 吾妻屋旅館 山形 混浴 露天風呂 絶景

展望露天風呂は切り立った傾斜地に造られていて、目の前には高い山々が広がっています。超開放的!!

吾妻屋旅館の露天風呂にはシャンプーやドライヤーなどは完備されていませんし、洗い場もありません。

【ミナの感想】

吾妻屋旅館は山奥にある一軒宿で、周りは緑・緑・の大自然だらけ。

眺望露天風呂からの景色は素晴らしい絶景で、開放感抜群です。だからでしょうか、山に向かって仁王立ちしている男性率、高しです。私も男だったら……やっちゃうだろうな。。

でもこの眺望露天風呂、下の駐車場からも、横の山道からも、上の旅館からも丸見えなのでご注意!そして、眺望露天風呂は脱衣所のすぐ隣ですが足元がめちゃくちゃ滑りやすいので十分注意してください。

どの露天風呂も素敵ですが、根っこの湯は落ち着いて入れるし眺望露天風呂よりも景色がよく、お湯の温度も適温だったのでいちばんのお気に入りです。新高湯温泉のお湯は無色透明で、少し湯の花が浮いています。硫黄の匂いもほとんどしません。

露天風呂が好きな方には吾妻屋旅館、ぜひオススメです!

【吾妻屋旅館の混浴難易度】

吾妻屋旅館の混浴露天風呂はどこも男女共同の簡易脱衣所で、着替えている最中に男性が入ってこないかちょっと怖かったです。

ただ、うれしいことに吾妻屋旅館では女性の混浴入浴はバスタオル巻きが義務ずけられているそうなので、混浴初心者の女性でも安心して入れると思います。

吾妻屋旅館を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【吾妻屋旅館の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】 ★☆☆☆☆

スポンサーリンク


吾妻屋旅館の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^

コメントをどうぞ

CAPTCHA