赤石温泉「赤石温泉」

住所:〒400-0514
   山梨県南巨摩郡増穂町平林3243
TEL: 0556-22-5188
入浴料:600円
営業時間:11:00~18:00
定休日:冬期(12月19日~4月9日)
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1)
内湯(混1、女1)


スポンサーリンク


赤石温泉の体験記

外観&館内の画像とお風呂の種類

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

お庭スペースには「金運パワー」と書かれた木で「金」と形どられたオブジェ?があります。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

建物の前には風車もあります。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

【赤石温泉の外観】

明治時代から続く老舗の温泉宿で味のある造りです。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

赤石温泉は『鄙びた温泉宿』という設定で、よくドラマや映画の撮影場所としても使われるそうです。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

【赤石温泉の受付】

玄関入ってすぐ正面に受付があり、優しい女将さんがお出迎えしてくださいます。

赤石温泉には

・ 混浴露天風呂
・ 混浴内湯
・ 女性専用内湯

と、全部で3つのお風呂があり、源泉の鉄成分が濃いのでパイプの詰まりを防ぐためと湧出量が少ないので加水、また鉱泉なので加温しています。

混浴内湯の口コミ情報(画像付き)

内湯は受付から左に続く廊下を進みます。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

進んですぐ右側にはご主人手作りの休憩室があります。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

【混浴内湯入口】

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

【混浴内湯脱衣所】

棚と椅子があります。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

脱衣所には洗面台にミラー、ドライヤーも完備。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

【混浴内湯】

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

氷室神社の木を使って造った御利益のありそうなお風呂です。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

内湯にはシャワー&カランにシャンプー、リンス、ボディソープが完備。

仕切りがあるので女性も使いやすいですね。

6:30~7:00 / 12:00~13:00 / 19:30~20:30は女性専用時間になります。

混浴露天風呂の口コミ情報(画像付き)

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

旅館から出て車道を隔てた先に露天風呂の入口があります。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

約100m程道なりに進むとコインロッカーがあり、

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

そのすぐ横に男女別の脱衣所があります。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

【露天風呂の脱衣所】

なかなかの広さで、こちらもご主人の手作り。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

脱衣所から出ると竹の通路から木板になって湯船があります。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

【混浴露天風呂】

大きな湯船は3槽に分かれています。右の湯船がぬるめ、左が源泉で冷たく、奥があったかめ

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

源泉成分で石が赤褐色に染まることから赤石温泉と言われるだけあって、鉄分をたっぷり含んだ鉱泉は茶褐色です。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

静かな環境でとっても落ち着けます。

木々に囲まれていて小鳥やリスがやって来るそうです。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

湯船の先には休憩スペースがあり、戸川渓谷や八丁山も見えます。

こちらも全てご主人の手作り!

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

赤い番傘が特徴の期間限定露天風呂です。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

湯船の隣には洗い場があります。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

プライベート感があるので女性も利用しやすいですね。

露天風呂は土日祝日、連休と7月下旬~8月だけ入浴でき、それ以外は閉鎖しています。

【ミナの感想】

とてもご親切なご主人に館内やお風呂をご紹介して頂けました。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

建物や家具など多くのものがご主人の手作りで、温かさと自然の木々が絵になるまさに秘湯です。

赤石温泉 混浴 日帰り入浴 山梨 画像

敷地内にはご主人お手製の釣り堀もあり、イワナやニジマスが釣れるそうです。

赤石温泉 赤石温泉 混浴露天風呂 日帰り入浴 群馬 画像

訪問したときは「ひょうたん展」を開催中で、多くの賞を受賞した美しいひょうたん芸術品を見ることができました。

肝心のお風呂ですが、内湯も露天風呂もご主人手作りの湯船で、鉄の臭いが強い個性的で褐色色のお湯が楽しめるという赤石温泉でしか体験できないお風呂です!

「赤石温泉」の混浴難易度

女性はバスタオルや水着着用もOKですし、お湯の色は濁っていませんが茶褐色の色が付いているので女性もそれほど抵抗なく入浴できると思います。実際この日も2組のカップルが入浴されていました。

赤石温泉を『Yahoo!トラベル』で予約

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【赤石温泉の満足度】★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】★☆☆☆☆

スポンサーリンク


赤石温泉の温泉詳細情報(身体への効能など)




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. 健康漢方ラボ

    健康漢方ラボ

    「健康漢方ラボ」は、西洋医学一辺倒の日本の医療現場の方針に反発して集まった医学修道者のコミュニティで、当サイトは「医学の道に洋の東西の壁なし」をスローガンに『患者が一番困っていること』を深堀して突き止めて情報発信することを目的としております。

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。

  4. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^