奥土湯温泉「鄙の宿 東海温泉」

住所:〒960-2157
   福島県福島市土湯温泉町川上27-2
TEL: 024-595-2139
入浴料:日帰り入浴不可
営業時間:日帰り入浴不可
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(貸混1、女1)
内湯 (貸1、女1、男1)

スポンサーリンク


『じゃらん』で奥土湯温泉の宿を予約する

楽天トラベルで奥土湯温泉の宿を予約する
icon




奥土湯温泉 鄙の宿 東海温泉について

奥土湯温泉(おくつちゆおんせん)は山形県からも近い土湯温泉の奥、吾妻山と安達太良山の山あいを流れる荒川の渓谷にある温泉地です。

奥土湯温泉 鄙の宿 東海温泉 福島 露天風呂 混浴 画像

鄙の宿 東海温泉(ひなのやど とうかいおんせん)は山の中の静かな環境にある温泉旅館です。

奥土湯温泉 鄙の宿 東海温泉 福島 露天風呂 混浴 画像

東海温泉に行く道の途中には子宝神として信仰されていた這坂の道祖神の痛みが激しく、新たに子孫繁栄を願って男性シンボルが立っています。

奥土湯温泉 鄙の宿 東海温泉 福島 露天風呂 混浴 画像

【鄙の宿 東海温泉の外観】

奥土湯温泉「鄙の宿 東海温泉」には

・ 貸切専用混浴露天風呂
・ 貸切家族風呂
・ 女性専用露天風呂
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯

と5つのお風呂があり、全て源泉かけ流しの100%天然温泉です。

奥土湯温泉 鄙の宿 東海温泉 福島 露天風呂 混浴 画像

ただ、鄙の宿 東海温泉のお風呂は宿泊客しか利用できません。

これは私が求めている純粋な『日帰り混浴風呂』ではないので、今回は現地見学のみで実際にお風呂には入っていません。

ですので、ここからは宿のかたと実際に入浴されたかたのお話をまとめた情報です。

貸切専用混浴露天風呂は滝が流れる岩露天風呂で、空いていればいつでも入浴することができます。貸切家族風呂は家族には広すぎるくらい大きな内湯で、こちらも自由に入浴できます。そして男女別の内湯は日本庭園を眺めながら檜のお風呂にゆったりと浸かれます。

お話を聞いてみての感想…鄙の宿 東海温泉の混浴は確かに混浴ですが、完全に貸切温泉なので純粋な混浴ではありませんね。

鄙の宿 東海温泉では忙しくない時は昼食付き・または夕食つきの日帰り入浴を受け付けているそうですので、興味のある方は連絡してみてください。

『じゃらん』で奥土湯温泉の宿を予約する

楽天トラベルで奥土湯温泉の宿を予約する
icon

周辺の宿を『ゆこゆこネット』で予約

【鄙の宿 東海温泉の満足度】☆☆☆☆☆(入浴できず評価なし)
【混浴恥ずかしさ度】    ☆☆☆☆☆

スポンサーリンク


東海温泉の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:単純泉
ph:
バスタオル巻き:OK
効能:筋肉痛・神経痛・美肌効果・皮膚病・冷え症…etc.

混浴ジャーナリスト ミナの恋愛経験を元に開設した新サイト

混浴は出会いの場です。ただし、「ワニ問題」や、長引く温泉不況によって混浴温泉は閉鎖が続きますます出会いの場が減ってきているのが現状です。

そこで、出会いに困っている男性向けに恋愛秘書という新サイトをOPENしました。筆者である私(ミナ)は国際線CA、受付嬢、社長秘書、混浴ジャーナリストを経てたくさんの男性を見てきました。

「ここが惜しい!」「こうやって誘ってくれればなあ」「ここはあえてクールさを装ったほうが女性には響くのに」などなど、出会いに困っている男性に助言したいことが山ほどあり、その私の想いを新サイトに詰め込んでみました。

あなたが気づかないだけで、今は出会いのチャンスはいくらでもありますので、ヒマつぶしだと思って軽い気持ちで読んでいただけると、もしかしたら良いことが起きるかも知れませんね♪




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。