住所:〒028-7303 岩手県八幡平市安比高原
TEL: 0195-78-3500 (八幡市観光協会)
入浴料:無料
営業時間:日中
定休日:冬期・夜
駐車場:あり(無料)

野天湯

スポンサーリンク


『じゃらん』で安比温泉周辺の宿を予約する

楽天トラベルで安比温泉の宿を予約する
icon




安比温泉と「野湯」について(地図)

安比温泉(あっぴおんせん)は安比温泉を含む6つの温泉を合わせた安比温泉郷のひとつで、スキーリゾート地として有名です。安比高原の温泉は美顔、美肌、美人の湯として知られています。

安比温泉にはホテルや温泉施設がありますが、安比高原の奥、八幡平の北東山腹に湧く野湯が安比温泉の本家だそうです。

安比温泉「野湯」の体験記

野湯へのアクセス

行き方に自信がなかったので安比グランドホテルのかたに伺ったところ、とても詳しく教えてくださいました。

安比高原のリゾート施設から7分ほどのところに5月中旬~11月上旬の間オープンしている休憩施設「ブナの駅」を過ぎ、ここから少し凸凹がある未舗装の林道を(分岐点は左へ)約3kmほど進むとダムの前に到着するので、こちらで車を停めます。

ダムの所の川を渡って下流方面に少し行くと「安比歩道入口」という看板が出てきて、なんとなく道になっているなだらかな上り坂の原生林を進んでいきます。途中等間隔で看板やリボンが掛っているので迷子の心配はないそうです。

1キロしないうちに茶臼岳の登山道との分岐点がありますが、「安比岳」のほうに進みます。ここからは下り道になるそうで、看板とリボンを頼りにに道なりに川を2回渡りながらぬかるんだ道を進みます。

またも分岐点があって安比温泉は斜面を登るように表示されていますが、コンディションが良ければ沢沿いのルートでも行けるそうです。

順調なら歩き始めて40分位で安比温泉の野湯に到着するそうです。

安比温泉の野湯へ行く時の注意点

安比グランドホテルのスタッフさんが道を説明してくださった後に注意点を教えてくださいました。

① 湿地帯を歩いたり、川を何度も渡るのでトレッキングシューズや長靴がオススメ
  特に後半はかなりぬかるんだところを歩くそうです。

② 熊に注意!!
 熊が頻繁に出没するそうなので熊鈴を持って行くなどの対策が必要です。

 実はこの日「最近は熊の目撃情報がとても多く、今朝もホテルの裏手でスタッフが遭遇したので今日は行かないほうがいいかと…めっちゃ出ます!!!」と言われ、行くのをあきらめました。

② 夏は虫さされ対策を!

 原生林や湿地帯を歩くので夏場は蚊や虫の標的になるそうです。

今回は残念でしたが、熊さんの活動が落ち着く頃にまた野湯体験しに来ます。

『じゃらん』で安比温泉周辺の宿を予約する

楽天トラベルで安比温泉の宿を予約する
icon

【野湯の満足度】  ☆☆☆☆☆ (評価できず)
【混浴恥ずかしさ度】★☆☆☆☆

スポンサーリンク


野湯の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:単純硫黄泉
ph:不明(弱アルカリ性)
バスタオル巻き:OK(水着も可)
効能:筋肉痛・関節痛・打ち身・切り傷・美肌…etc.

混浴ジャーナリスト ミナの恋愛経験を元に開設した新サイト

混浴は出会いの場です。ただし、「ワニ問題」や、長引く温泉不況によって混浴温泉は閉鎖が続きますます出会いの場が減ってきているのが現状です。

そこで、出会いに困っている男性向けに恋愛秘書という新サイトをOPENしました。筆者である私(ミナ)は国際線CA、受付嬢、社長秘書、混浴ジャーナリストを経てたくさんの男性を見てきました。

「ここが惜しい!」「こうやって誘ってくれればなあ」「ここはあえてクールさを装ったほうが女性には響くのに」などなど、出会いに困っている男性に助言したいことが山ほどあり、その私の想いを新サイトに詰め込んでみました。

あなたが気づかないだけで、今は出会いのチャンスはいくらでもありますので、ヒマつぶしだと思って軽い気持ちで読んでいただけると、もしかしたら良いことが起きるかも知れませんね♪




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。