一柳閣の混浴露天風呂のイラスト

住所:〒321-2717
   栃木県日光市川俣40-3
TEL: 0288-96-0111
入浴料:1,000円
営業時間:10:00~14:00(要予約)
定休日:無休
駐車場:あり(無料)

露天風呂(混浴1、女1、貸3)
内湯 (女1、男1)

スポンサーリンク


『じゃらん』で川俣一柳閣を宿泊予約する

楽天トラベルで川俣一柳閣を宿泊予約する
icon




川俣温泉と川俣一柳閣について(地図)

川俣一柳閣がある川俣温泉(かわまたおんせん)は、日光ICから車でさらに約90分ほど北上したところにあります。

川俣温泉には鬼怒川沿いに豊富な源泉を持つ温泉宿が点在しています。

公共の交通機関を使って川俣一柳閣まで行く場合は、鬼怒川温泉駅から市営バスで川俣温泉まで約85で到着します。

川俣温泉 川俣一柳閣 混浴露天風呂 日帰り温泉 栃木 画像

この看板が目印。

川俣温泉「川俣一柳閣」の情報

外観と館内の画像とお風呂の種類

川俣温泉 川俣一柳閣 外観 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

川俣一柳閣は道路から少し下ったところにあります。

川俣温泉 川俣一柳閣 外観 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

【川俣一柳閣の外観】

緑あふれる中にで~んと建っています。こう見ると平屋に見えますが、実は5階建て。

川俣温泉 川俣一柳閣 外観 日帰り温泉 栃木 混浴 画像

川俣一柳閣は川俣温泉の最上流にあって、本館(三水館)と新館(三雅館)からなる大型ホテルです。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

本館へ入ると右側に受付があります。そこから向い側にロビーがあります。ロビーの広い窓からは、大自然の中の渓流景色を見ることができます。

P1011196

ロビーにはコーヒーのサービスもありました。

川俣一柳閣には

・ 混浴露天風呂
・ 女性専用露天風呂
・ 3つの貸切露天風呂
・ 女性専用内湯
・ 男性専用内湯

と、全部で5種類のお風呂があり、全てのお風呂が2か所から湧出する源泉が注がれる100%天然温泉です。

一柳閣の混浴露天風呂の口コミ情報

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

露天風呂は新館にあるため、本館ロビーがある5階から奥に行って新館へと向かいます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

新館7階にあるロビーに着くので、こちらの左奥にあるエレベーターで1階まで降ります。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

新館1階に着いたら「露天風呂」の表示に従って外に出ます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

外に出ると屋根付きのグリーンの道があるので、そちらを進みます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

緑の敷き物がなくなってもさらに進むと…。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

歩いていると「大野天風呂」の看板の横に湯船が見えます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

看板のすぐ川沿い側に男女共同の脱衣スペースがあります。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【混浴露天風呂『大野天風呂』】

川に沿って縦長につくられた大きな岩風呂です

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

とても広い湯船で、対岸の木々や川の流れる音も相まって野趣溢れる雰囲気です。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

お湯は無色透明で、まさに適温でした。日当たりがよく木陰などはないので、晴れた夏などはかなり暑いです。

一柳閣の女性専用露天風呂の口コミ情報

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

女性用露天風呂は混浴露天風呂を過ぎた更に先にあります。通路の左側に「婦人風呂」の表示が出てくるので、そちらを左に曲がると…

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

下り階段があって、降りきったところに脱衣スペースがあります。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【女性専用露天風呂】

大野天風呂に比べてしまうと少しだけ小さいですが、それでも十分な広さがある湯船です。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

混浴露天風呂のすぐ隣にあるため、景色もほとんど変わりません。

一柳閣の貸切露天風呂の口コミ情報

一柳閣には3つの貸切露天風呂があって、日帰り入浴の場合でも予約なし、追加料金なしで利用することができます。他の客さんのことも配慮して、各お風呂とも利用時間は30分を目安に使うようにしてください。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

貸切露天風呂への行き方は、ほとんど混浴露天風呂と同じです。新館1階から外に出て道なりに歩くと、このような階段が出てきますので、こちらを上がります。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

階段の先にすぐ3つの貸切風呂の入口ドアが並んでいます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

一番手前にあるのは『桧木風呂』。早速開けてみます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

きちんとした脱衣所があります。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【貸切露天風呂①『桧木風呂』】

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

2人用サイズほどのヒノキ風呂で、渓流に面しているので景観は楽しめますが、左右の木の囲いと岩で混浴露天風呂、女性用露天風呂に比べると解放感には欠けます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

続いて中央にある『泡風呂』と書かれたドア。次はどんなお風呂なのか、さっそく開けてみましょう。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

ドアを開けると下り道になっています。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

こちらにもきちんとした脱衣スペースがあります。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【貸切露天風呂②『小岩風呂』】

ドアには「泡風呂」と書かれていましたが、正しくは小岩風呂だそうです。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

小岩とは言えない大きな岩でできた湯船は四浴露天風呂の1/4程度の大きさでしょうか。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

景色は混浴露天風呂、女性用露天風呂と変わらず対岸に立つ大きな木々と川のせせらぎを存分に味わえます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

最後は一番奥にある『岩風呂』と書かれたドア。今度はどんなお風呂なのか、行ってみましょう。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

3つの貸切風呂のなかで、いちばん。広い脱衣スペースです。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

なだらかでちょっとカーブしている下り坂を行くと…

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【貸切露天風呂③『大岩風呂』】

3つの中ではいちばん川から遠いところに湯船があります。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

こちらの岩を見てしまうと、先程の「小岩風呂」の岩は確かに小岩と言うしかないというくらい、こちらの岩は大きいです。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

貸切風呂の中では湯船自体は一番大きく、しっかりとした屋根もあるので、日焼けが気になる女性にはおススメです。ただ、他のお風呂に比べて日が当たる場所が少ないので湯温は一番ぬるめでした。

一柳閣の男性用内湯の口コミ情報

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

内湯は本館1階にあります。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

先に男性用内湯の入口があります。訪問時はどなたも入浴されていなかったので、中の様子も見させていただけました。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【男性用内湯の脱衣所】

広いスペースで洗面台もあり、広い窓からは美しい自然の景色が印象的でした。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【男性用内湯『切込の湯』】

広い湯船に綺麗な源泉が注がれていて、窓からは木々と川が見えました。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

男性用内湯にはシャワー&カランとリンスインシャンプー、ボディソープが完備されていました。

一柳閣の女性用内湯の口コミ情報

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

男性用内湯入口から奥に進むとすぐに女性用内湯の入口がでてきます。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【女性用内湯の脱衣所】

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

壁に沿ってある長い脱衣棚の先には洗面台にドライヤー、ピーリングジェルやクリームなどが完備されていました。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

【女性用内湯『切込の湯』】

湯船の形も大きさも窓からの景色も、男性用内湯と同じです。

川俣温泉 川俣一柳閣の画像

男性用内湯にはシャワー&カランとリンスインシャンプー、ボディソープ、ピーリングジェルが完備されていました。

【ミナの感想】

混浴露天風呂に女性用露天風呂、貸切露天風呂3つと多くの露天風呂が楽しめて特に女性には嬉しいお宿ですね。どちらの露天風呂も川沿いにあるので、川の流れる音を聞きながら四季によって様々な顔を見せてくれる木々の景色を眺めて、身体を思いっきり伸ばしてのんびりとお湯に浸かっていられました。
1点だけつらかったことは、混浴露天、女性用露天ともに湯船には日陰になるところがなかったので、日差しがカンカンに照り付けてかなり暑かったです。ですからお天気のよい暑い日は、日陰になる貸切露天の桧木風呂や大岩風呂がオススメです。

「一柳閣」の混浴難易度

脱衣所は男女共用ですし、通路からもすぐ見えるところに湯船があるのでその点は利用しづらいかもしれませんが、湯船はとても広いですしバスタオル巻きでの入浴もできるので女性もそこまで気にならないと思います。
ただ、広さは断トツで混浴露天風呂が一番ですが、景観やお湯の温度などはほとんど変わりがないので、パートナーのかたと一緒に広~いお風呂に入りたいというかた以外は女性専用露天風呂や貸切露天風呂でも十分かもしれません。

『じゃらん』で川俣一柳閣を宿泊予約する

楽天トラベルで川俣一柳閣を宿泊予約する
icon

【一柳閣の満足度】 ★★★★☆
【混浴恥ずかしさ度】★☆☆☆☆

スポンサーリンク


川俣一柳閣の温泉詳細情報(身体への効能など)
泉質:単純温泉
ph:8.3 (弱アルカリ性)
バスタオル巻き:OK
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・うちみ・くじき…etc.

混浴ジャーナリスト ミナの恋愛経験を元に開設した新サイト

混浴は出会いの場です。ただし、「ワニ問題」や、長引く温泉不況によって混浴温泉は閉鎖が続きますます出会いの場が減ってきているのが現状です。

そこで、出会いに困っている男性向けに恋愛秘書という新サイトをOPENしました。筆者である私(ミナ)は国際線CA、受付嬢、社長秘書、混浴ジャーナリストを経てたくさんの男性を見てきました。

「ここが惜しい!」「こうやって誘ってくれればなあ」「ここはあえてクールさを装ったほうが女性には響くのに」などなど、出会いに困っている男性に助言したいことが山ほどあり、その私の想いを新サイトに詰め込んでみました。

あなたが気づかないだけで、今は出会いのチャンスはいくらでもありますので、ヒマつぶしだと思って軽い気持ちで読んでいただけると、もしかしたら良いことが起きるかも知れませんね♪




ミナのイチ押しのコンテンツ

  1. ミナの公式メールマガジン『ツインライフ』

    親谷温泉画像

    混浴ジャーナリストミナの公式メールマガジン(登録無料)です。
    サイトなどに載せていない未公開秘蔵画像や、丸秘エピソードなどで構成されています。
    また、各地の混浴露天風呂の最新情報などもお伝えしていますので是非登録してください♪






  2. ミナの公式Twitter

    twitter

    こっそりTwitterもやってます^^

  3. ミナの公式Facebookページ

    Facebookロゴ

    混浴や海外旅行、コスプレ情報など、ミナの玄関サイトとしてFacebookページを作ってみました。