アンカラエクスプレス

特急寝台列車「アンカラエクスプレス」(Ankara Ekspres)

トルコには「トルコ国有鉄道(TCDD)」があり、
鉄道網が発達しています。

特にアンカラ ⇔ イスタンブールのハイダルパシャ駅間
約567Kmを約9時間30分で毎日走る
アンカラエクスプレスは

「走る一流ホテル」とまで言われる
快適な特急寝台列車です。

アンカラエクスプレスは
1等車、2等車に分かれています。

1等車は個室寝台車になっていますが、
2等車は4人定員の
コンパートメントタイプになっています。

アンカラ駅

トルコ旅行 アンカラ駅 観光 画像

【アンカラ駅】

アンカラ駅は
市のほぼ中心地にあります。

詳しくは
→ アンカラ駅の詳細

トルコ旅行 アンカラ駅 観光 画像

アンカラエクスプレスの
アンカラ駅出発時間は
22:30。

トルコ旅行 アンカラ駅 観光 画像
トルコ旅行 アンカラ駅 観光 画像

駅のホームは広くてとってもきれい。

スーツケースなどの大きな荷物はホームに置いておきますが、
警備員さんがきちんと見張ってくれています。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

アンカラエクスプレスが
ホームに入ってきました。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

実際には作動してませんが
セキュリティーゲートを通って
電車に乗り込みます。

いよいよアンカラエクスプレスの中へ

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像 トルコ旅行 アンカラ駅 特急寝台列車 観光 画像

自分の座席の号車まで移動。大きな荷物は係の人がホームから列車に入れてくれます。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

【各車両間のドア】

真ん中の取っ手を「→」のほうに引くと
半自動ドアになっていて
途中から力を入れずに開きます。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

チケットの番号が書かれた
個室を開けてみると…

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

【アンカラエクスプレスの1等寝台】

エジプトナイルエクスプレス特急寝台列車よりも広いし、
ダントツにきれいです!!

個室の中の備品

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

ドアの横には
お湯も出る鏡付きの洗面台とゴミ箱、
フェイスタオル2枚とウェットティッシュ、
ハンドソープが完備。

電気ひげそりが使えるように
コンセントも1つありましたよ。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

窓側の座席の前には
ハンガーが2つと
収納できる大きめのテーブル、

そして、その下には…

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

小さな冷蔵庫が!

しかもお水、ネクター、ビスケット、
チョコバーが入っていて
これは無料です!!

エアコンもついてます

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

ドアの上部には
照明とエアコンを調節できる
パネルがあります。

いちばん左の人のボタンは
押すと車掌さんが来てしまうので
要注意!!

寒いので完全OFFにしましたが、
若干冷風が送り込まれていました。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

なんと、使い捨てスリッパまで!!

思っていたより
すっごく快適です!!

車掌さんがベッドメイキングしてくれます

アンカラ駅が始発なので、定刻通りに
発車のベルもなく静かに出発しました。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

出発して5分もしないうちに
車掌さんがベッドメイキングをしに来てくれました。

…といっても、
上の壁部分と椅子を倒すだけで
すでにベッドができているんです。

この時1人1.5TLほどのチップを車掌さんに渡します。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

ベッドは広く
長さも180㎝位はあるので
長身のかたも
窮屈ではないと思います。

アンカラエクスプレスのトイレをチェック

お部屋チェックが終わったので、お次はトイレチェックへ。

個室は内側からしか鍵をかけられないので
外に出る時は貴重品を持って出てくださいね。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

【トルコ式トイレ】

各車両の前後にトイレがあるので
朝の混む時間でもトイレ待ちで
行列になることはありませんでした。

ただ、どちらかがトルコ式で
もう1か所が洋式になっていました。

トルコ式トイレの詳しい情報は
→トルコのトイレ事情

食堂もついています

個室はスーツケースを広げるだけのスペースはありますが、
使うものは別のバッグに入れて
取り出しやすくしておいたほうが便利です。

どこでも眠れる私の意見は参考にならないと思いますが、
アンカラエクスプレスの走行中は多少うるさいですが
熟睡、いや、爆睡できました。

もちろん、「眠れなかった」というかたもいらっしましたが。。

いつも書いてますが、
乗り物で気分良く眠るポイントは
「進行方向を向いて楽しいことを考えながら寝る!」

アンカラエクスプレスでは朝食に合わせて
朝は車掌さんが廊下を叫びながら起こしてくれます。

アンカラエクスプレスには食堂車もあり、
深夜2時頃までお酒やお食事を楽しめます。

朝食は食堂車でとりますが、
今回はお客さんが多くて
団体ごとに朝食の時間が決められていて
その時間に行かなければなりませんでした。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

→ 「アンカラエクスプレスの
  食堂車で朝食」へ

世界の車窓から

朝食から戻ると
車掌さんがベッドから通常のイスに
直してくれていました。

朝食後は部屋に戻って
身支度&「世界の車窓から」を楽しみます。

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

窓にはトルコの国旗マークが。

トルコの愛国精神には
頭が下がります。

イスタンブールに入ると
停車駅が増えてきます。

フェネルバフチェのホームスタジアムの画像

フェネルバフチェ

サッカースタジアムがある駅。

鉄道は単線で本数が少なく
数分から数時間の遅れは日常茶飯事。

これはガラタサライと並んで
トルコ随一の人気誇る
フェネルバフチェのホームスタジアム。

「イスタンブールダービー」は世界の3大ダービーマッチの一つ

フェネルバフチェは元日本代表監督のジーコさんが
日本代表監督を辞任した後に監督になったチームとして
日本では知られています。

このフェネルバフチェとガラタサライの
「イスタンブールダービー」は
世界の3大ダービーマッチの一つに数えられ、
ガイドのナミさんが

「フェネルバフチェとガラタサライの試合がある日は泥棒が仕事しやすい。
 だってみんなスタジアムにいるかテレビにかじりついているから」

と説明してくれました。

ちなみにガイドさんは大のフェネルバフチェファンで

「黄色と青は最高(フェネルバフチェのユニフォームカラー)。
だけど黄色と赤(ガラタサライのユニフォームのカラー)はダメね。
黄色と赤が好きな人、このバスに乗れないね」

と言ってました^^

イスタンブールへ到着

この日も朝食時は
10分遅れで到着予定だったのが、
市内に入ってからどんどん遅れていって
結局1時間ほど遅れて到着。

到着直前に車掌さんが
「イスタンブ~ル」と、
また叫びながら教えてくれますよ。

トルコ旅行 アンカラ駅 観光 画像 トルコ旅行 アンカラ駅 観光 画像

ハイダルパシャ駅に到着。車がホームを走っています!

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

ハイダルパシャ駅の
目の前は海!!

トルコ旅行 アンカラエクスプレス 特急寝台列車 観光 画像

さて、イスタンブールの町に
戻ってきました。

これから早速イスタンブール観光です!

サブコンテンツ

ミナのイチ押しのコンテンツ

このページの先頭へ